仕返しの上手なやり方5選!意地悪な義母に効く可愛いレベルでスッキリする仕返し方法とは?について
結婚をすると、旦那さんの家族とも付き合っていかなければいけなくなります。

そこで、嫁姑問題に悩む女性も少なくないでしょう。

ここでは、「仕返しの上手なやり方5選」と「意地悪な義母に効く可愛いレベルの仕返し方法」の2つについて詳しくご紹介していきます。

この記事を参考にし、意地悪な義母に可愛く上手に仕返ししましょう。

仕返ししたい時って?

皆さんは、義母に対して仕返しをしたいと思ったことがあるでしょうか。

義母と良い関係を築けている人も多いですが、あまり良くない関係の人もいるはずです。

たとえば、家事に対して「もっとしっかりやって」「何でこんなことも出来ないの?」と言われたり、見た目のことに関して「ちょっと派手すぎるんじゃない?」「短いスカートを履くな」などと言われたら、傷付いたり腹が立つこともあるでしょう。

そこで我慢出来る人もいますが、居ても立っても居られないくらい腹が立つ人もいると思います。

腹が立つと仕返ししたい気持ちが湧き上がり、「何とかしてでも仕返しをしたい」と思うこともあるはずです。

ですが、どのように仕返しすれば良いのか分からないと、どれだけ仕返ししたいと思ってもすることが出来ません。

なので、結局何も出来ず我慢せざるを得ない状況に陥ってしまうのです。

義母と良い関係を築けるに越したことはないですが、他人同士上手くいかないときがあってもおかしくありません。

上手な仕返しの方法はまた後ほどご紹介しますが、上手に仕返しが出来れば状況が落ち着いたり、関係を再構築していける可能性が高くなるのではないでしょうか。

上手に仕返しする方法はいくつかあるので、このままご参照頂ければ幸いです。

仕返してスッキリするの?

いくら仕返しがしたいと思っても、「仕返ししてスッキリするの?」と疑問を抱く人もいるでしょう。

また、仕返しをしたことによって、「状況が悪化したらどうしよう」「もっと意地悪されるようになったらどうしよう」などと不安を抱く人もいるはずです。

ですが、何もしなければ状況が変わることはなく、ただ自分が辛いだけです。

自分の周りにいる人が誰1人今の状況を知らないのであれば、1人で抱え込まなければいけなくなります。

そんな状態が続けば、自分に限界が来たときに誰にも相談することが出来ないでしょう。

他人を変えることは難しいし、変わるかどうかは本人次第ですが、自分が行動を起こすことによって変わる人もいます。

その可能性に賭けて自分が行動を起こせば、気持ちがスッキリすることも十分期待出来ます。

行動を起こす前は怖いですが、後のことは自分が行動を起こしてから考えれば良いのです。

何もしていない状態であれやこれやと考えていても、答えが出ることはないでしょう。

なので、今の状況を変えるためにも、仕返しは1つの方法だと覚えておきましょう。

仕返しと聞くと怖いイメージを抱きますが、自分の気持ちを相手に伝えたり、相手を良い方向に変えるための方法だと考えましょう。

仕返しの上手なやり方5選

義母に対して、「何とかして仕返しがしたい」「このまま黙っているのも辛い」と思っている人は少なくないでしょう。

ですが、仕返しをするのであれば上手くやらなければいけません。

ここからは、「仕返しの上手なやり方5選」を詳しくご紹介していきます。

義母に意地悪をされたり、必要以上に嫌なことを言われたときは、以下の上手なやり方を参考にしましょう。

スキルを磨いて差をつけて何も言わせない

スキルを磨く
仕返しの上手なやり方の1つ目は、スキルを磨いて差をつけて何も言わせないという方法です。

たとえば、料理や掃除のスキルが不十分であれば、義母から文句を言われる可能性があります。

「もっと○○しなさい」「どうしてこんなことも出来ないの?」などと言われ続ければ、心が折れてしまいます。

「こんなに一生懸命やってるのに何で分かってくれないの?」「どうしたら認めてもらえるの?」と心の中で思っても、実際口に出して言うのは難しいことでしょう。

きっと、ハッキリ言ったとしても逆ギレされたり、さらに文句を言われるなどの結果が目に見えています。

だったら、自分のスキルを磨いて義母との差をつけ、何も言わせなければいいのです。

テレビや雑誌で料理と掃除の勉強をしたり、家事を上手にこなしている友人に相談しても良いでしょう。

また、今はSNSに料理のレシピや、部屋の収納の仕方などの情報がたくさん転がっています。

そういったところから学び、スキルをどんどん磨いていきましょう。

スキルが磨かれて完璧な状態になれば、義母はそれ以上何も文句は言えないはずです。

完璧にこなして嫉妬させる

家事を完璧にこなして嫉妬させれば、「上手く仕返しが出来た」と思えるはずです。

義母が文句を言ってくるのは、「私の方が出来る」「この人は私よりも劣っている」と思っている可能性が高いからです。

そう思っていることに対してどれだけ口で反論したとしても、相手が謝ったり、引き下がることはないでしょう。

なので、家事を完璧にこなして「あなたより出来ます」「私の方が家事が得意なんです」という気持ちを表しましょう。

そうすれば、嫉妬して何も言えなくなるはずです。

また、完璧にこなすだけではなく、義母に何かを言われる前に家事を終わらせておくことも重要です。

言われたことを完璧にこなすのではなく、言われる前から完璧にしておけば良いのです。

言われる前から完璧にしておけば、命令したり文句を言ったりすることがなくなるので、何も言ってこないでしょう。

なので、理想は少しずつスキルを磨いていき、言われる前に完璧にしておくことです。

最初は大変かもしれませんが、上手に仕返しするためにも少しずつ家事を完璧にし、嫉妬させると良いでしょう。

周りを味方にする

周りを味方にすることは、上手な仕返しの方法の1つです。

1人で抱え込んでしまうと余計辛くなり、どんどん誰にも言えなくなっていく可能性があります。

1人で抱え込んでいても良いことは何もなく、義母との関係が良くなっていくこともないでしょう。

なので、旦那さんや義父、自分の家族などを味方につけておくと良いです。

周りを味方につけるためには、何をされて何を言われたかなどを詳しく話す必要があります。

ときには思い出すだけで腹が立ったり、悲しくなることもあるかもしれませんが、しっかりと全て洗いざらい話すことが大切です。

誰か1人でも味方がいることで安心出来ることはもちろん、また何かが起こったときに助けてもらうことが出来るでしょう。

そうすれば状態が落ち着き、関係の修復を見込めるでしょう。

「誰にも迷惑をかけたくない」「正直に話すのが怖い」などの気持ちがあり、1人で抱え込んでしまう人は多いと考えられますが、上手に仕返しするためにも1人で抱え込むのではなく、頼れる人に打ち明けて味方にしましょう。

「悔しい」「辛い」「苦しい」などの気持ちを抱え続けるより、少しでも自分が安心出来る状態を自分自身で作ることが大切です。

意地悪をされても、無視する

意地悪をされても、無視するというのも上手な仕返しの方法の1つです。

無視をすることは、意地悪をする側に最も心のダメージを与える方法だと考えられます。

自分が何かしらの反応を見せれば、相手の思うつぼです。

なので、意地悪をされても無視をして、「何をされても気にしません」「私の心には何も響きません」という気持ちをアピールし、堂々と振る舞いましょう。

そうすれば、相手が意地悪をすることをやめ、それ以上何もしてこない可能性を十分に期待出来ます。

「この人は意地悪をする可哀そうな人だ」「子供のような人だ」と思えば、腹立たしい気持ちが消え、簡単に無視することが出来るはずです。

意地悪をする相手のことを客観的に見ることが出来れば、怒りや悲しみなどの感情を抱くことはないでしょう。

そのように相手に対して何の感情も抱かなければ、たとえ意地悪をされても傷付くことはなく、腹が立つこともないでしょう。

自分の気持ち次第で状況が大きく変わることがあるので、意地悪をされても無視するという方法を1つの仕返しとして覚えておくと良いです。

ハッキリとやめてほしいことを本人に言う

最後に紹介する上手な仕返しの方法は、ハッキリとやめてほしいことを本人に言うという方法です。

かなり勇気を要するものではありますが、相手に直接伝えることは一番手っ取り早い方法だと考えられます。

ですが、ハッキリとやめてほしいことを本人に言う際に気を付けなければいけないことが2つあります。

まず1つ目は、感情的にならないということです。

どれだけ腹が立っていたとしても、感情的になってしまうことで激しい喧嘩や口論に繋がる可能性があります。

そうなってしまった場合、自分が悪くなってしまうこともあります。

なので、感情的にならずに、しっかりと言葉を選んで伝えるようにしましょう。

そして2つ目は、相手に伝えるタイミングをしっかり選ぶことです。

相手がテレビを見ているときや、何か作業をしているときは話を真剣に聞いてもらえない可能性があるので避けた方が良いです。

また、一緒に住んでいない場合は電話やメールで伝えることは避け、直接会って伝えることをおすすめします。

この2つのことに注意し、「やめてほしい」とハッキリ相手に伝えましょう。

嫁姑関係って複雑?

嫁姑関係
結婚すると、旦那さんの家族と付き合うことになり、嫁姑関係の問題が出てきます。

義母と良い関係を築けている人もいますが、必ずしも全員がそうであるとは限りません。

いくら愛する人の母親とはいえ、他人であることに変わりはありません。

なので、性格や考え方が合わないことや、どちらかが好きになれない、またはどちらもお互いを嫌っているような関係になってしまうことがあります。

義母と良い関係を築ければ一緒に買い物に行ったり、ご飯を食べに行くことが可能ですが、良い関係でない場合は顔を見るのも嫌だと感じてしまうこともあるでしょう。

人間関係は一方通行では成り立たず、どちらかの気持ちだけでは良い関係を築いていくことが出来ません。

たとえば、自分が義母と仲良くしたいと思っていても、義母にその気持ちがなければ難しいのです。

嫁姑問題に悩んでいる人は多いと考えられるので、嫁姑関係を複雑だと言っても過言ではありません。

仲良くなれば絆は深まりますが、良い関係とは言えない場合は関係を修復するにはかなりの時間と努力が必要になるでしょう。

同居の場合

同居の場合、特に何も問題がなければ良いですが、相手から意地悪をされることがあればかなりのストレスを感じるでしょう。

また、意地悪をされることがなかったとしても、同じ家にいることだけでストレスを感じる人もいるはずです。

同居ということは、気を遣うことが多く、心身共に疲れてしまう可能性が高いです。

いくら夫婦の部屋があったとしても、同じ家にいることに変わりはないので、気が休まることはないでしょう。

友人と遊びに行きたいと思っても、義母から文句を言われる可能性があるし、実際に言われたことがある人もいるはずなので、自分の時間がなくなり、自由を感じられる時間も減ってしまいます。

なので、結婚をして義母と同居を選ばない人も多いはずです。

どうしても義母と住まなければいけない理由があれば同居する以外の道はありませんが、特に一緒に住まなければいけない理由がないのであれば、住まないという選択をする人が多いのではないでしょうか。

義母との相性があるので、誰にとっても義母との同居が簡単というわけではありません。

家庭それぞれの事情があるので、嫁姑関係は難しいと言えます。

別居の場合

別居の場合は同居と違い、会う回数が特別多いわけではないでしょう。

ですが、それも家庭によって違い、お盆やお正月などの行事のときにしか会わないという人もいれば、毎週のように会わなければいけない人もいるはずです。

義母と仲が良い場合は会うことに抵抗を感じることはありませんが、あまり良い関係でない場合は会うことを億劫に感じたり、願わくば会いたくないと思うことがあるでしょう。

いくら別居をしていても、会うたびに嫌味を言われたり、文句を言われることがあれば、強いストレスを感じてしまいます。

なので、別居でも同居でも意地悪されればストレスが溜まることは同じなので、義母との関係次第ではそこまで差がないでしょう。

別居は毎日会う必要がないにしろ、会う度に嫌な思いを感じるのであれば、良い関係とは言えません。

「同居よりは良い」と感じる人もいるかもしれませんが、別居もそれなりに負担があります。

別居でも義母の意地悪にどうしても耐えられない場合は、旦那さんに正直に相談することが1番の方法ではないでしょうか。

意地悪な義母に効く可愛いレベルの仕返し方法

義母に仕返しをしたいと考えたとき、どんな仕返し方法を思い浮かべるでしょうか。

上手く仕返しするためには、可愛いレベルの仕返しが良いと考えられます。

ここからは、「意地悪な義母に効く可愛いレベルの仕返し方法」を10個ご紹介していきます。

義母に仕返しをするときは、以下の仕返し方法を参考にすると良いでしょう。

可愛いレベルの仕返しであれば相手に気付かれることなく、自分の気持ちをスッキリさせることが出来るはずです。

ご馳走になる場合、高価な食事を注文する

意地悪な義母に効く可愛いレベルの仕返し方法の1つ目は、ご馳走になる場合、高価な食事を注文するという方法です。

家族で食事に行った際、基本的には義母か義父がご馳走してくれることが多いでしょう。

そのとき、遠慮して安い食事を注文するのではなく、あえて高価な食事を注文して仕返しをすると良いでしょう。

義母はまさかそれが仕返しだとは思わず、「ちょっと高いな」と思う程度でしょう。

もしくは、何も思わず普通にご馳走してくれるはずです。

仕返しは相手に仕返しだと伝わらなくても、自分の中で満足するだけでも気持ちがスッキリし、少しは気が晴れます。

毎日外食をするわけではないので、ご馳走してもらうときは遠慮する必要はなく、どんどん高価な食事を頼んでしまえばいいのです。

「何が食べたい?」と聞かれたら、普段は行かないような高価なお店に行きたいと伝え、美味しいものをたらふく食べましょう。

そのためには、事前に高価なお店を調べて、連れて行ってもらうお店を決めておくと良いです。

ご馳走してもらう前は、「文句を言われたらどうしよう」と不安になるかもしれませんが、ご馳走してもらったあとは気持ちがスッキリすること間違いないでしょう。

義父を味方につける

義父
義母と関係が上手くいかなくても、義父を味方につけておけば安心出来るでしょう。

義母に意地悪されていることを正直に伝えても良いですが、正直に伝えることが難しければ、義父と話す時間を増やしたり、プレゼントを渡したりして距離を縮めると良いです。

そうすれば、たとえ義母と関係が上手くいってなくても、義父と仲が良ければ気にすることはなく、いざというときは義父が間に入ってサポートしてくれるはずです。

義母は同じ女性なので色々な面で嫉妬したり、ちょっとのことで腹を立ててくることがありますが、義父は娘のように可愛がってくれるでしょう。

特に、旦那さんの兄弟が男ばかりであれば、自分のことを娘のように大切にしてくれるはずです。

女性らしい愛嬌を見せ、義父には優しく接することが大切です。

義父を味方につけておけば、「何かされても義父に言えばいい」という逃げ道ができます。

なので、義母との関係を修復しようとする前に、義父との関係を十分に深めておきましょう。

結果を出して見返す

義母に意地悪をされたとしても、自分が結果を出せば見返すことが出来るでしょう。

たとえば、料理の腕を上げ、義母が作れないような美味しい料理を作ったり、部屋をくまなく掃除して綺麗な状態を保ったりなど、出せるところは全て結果を出して見返しましょう。

そのためには努力が必要ですが、義母を見返すためならどんなに大変なことでもこなせるはずです。

「絶対に見返してやる」「もう何も言わせない」という強い気持ちを持ち、結果を出せるように行動しましょう。

どんなことでもいいので結果を出せば、意地悪をしてくる可能性はなくなります。

また、「最近頑張ってるね」「私より料理が上手になったね」などと、義母から認めてもらえる可能性があり、それをきっかけに関係が良くなることも十分に考えられます。

義母からそういった言葉をかけてもらえれば、「見返せた!」と気持ちがスッキリするはずです。

なので、少しずつ結果を出していき、義母を見返しましょう。

知識で上回る

料理や掃除などの知識で上回るということも、意地悪な義母に可愛く仕返しするための方法の1つです。

義母よりも知識が少ないと、文句を言われたときに上手く言葉を返せなかったり、「あなたは勉強不足」と言われてしまえば手も足も出ません。

なので、義母の知識を上回るように勉強をし、可愛く仕返しをしましょう。

たとえば、義母が掃除や料理のことで困っている様子のときに、「これは○○ですよ」「そっちよりもこっちの方が使えますよ」などと言い、「あなたより知識がありますよ」ということをアピールしましょう。

そうすれば、意地悪な義母でも何も返すことが出来ず、それ以上文句を言ったり意地悪をしてこなくなるはずです。

義母が意地悪をするのは自分のことを下に見ているからと考えられるので、知識が上回れば自然と立場が逆転するでしょう。

そうすれば意地悪をされる不安や恐怖はなくなり、傷付くことも腹が立つこともないでしょう。

反応しない

義母に意地悪をされても、あえて何も反応しないということも大切です。

反応してしまうとそれだけ体力を使い、心身共に疲れてしまいます。

また、「何であんなこと言われたんだろう」「何で私ばっかり意地悪されなきゃいけないの?」と思い、自分のことを馬鹿馬鹿しく感じてしまいます。

意地悪をされると悔しくて言い返してしまうことがありますが、それがかえって逆効果になることがあります。

なので、あえて無視をして反応をせず、「何を言われても気にしません」というアピールをすると良いでしょう。

最初は反応しないことに耐えられなかったり、思わず反応しそうになるかもしれませんが、グッとこらえて無視をし続けていれば、意地悪をしてこなくなる可能性があります。

そうすれば気持ちがスッキリし、仕返しが成功ということになります。

反応されれば意地悪をしたくなりますが、反応されなければつまらなくなってやめるでしょう。

なので、義母に意地悪をされても反応しないという方法があることを、しっかり頭に入れておきましょう。

子供を使う

子供
いくら義母が自分に意地悪をしてきても、子供に対しては優しい場合が多いでしょう。

なので、子供を使って義母に仕返しをすることも1つの方法です。

義母からすると、孫はとても可愛く愛おしい存在です。

どれだけわがままでも、何でも許してしまうでしょう。

それくらい子供には義母を上手にコントロールする力があるので、いざというときは子供を使って仕返しをしましょう。

子供を使って仕返しをすれば、意地悪な義母も少しは落ち着くはずです。

「こんなにも可愛い孫を生んでくれたことに感謝しないと」「孫の手本になるお祖母ちゃんにならないと」と思ってもらえれば、意地悪な義母は改心するでしょう。

子供を使って仕返しをする方法を1つご紹介するので、以下の方法を参考にしてみてください。

子供が欲しいものと言い、いろいろ買ってもらう

どれだけ意地悪な義母でも、子供が欲しいものなら何でも買ってあげたいと思うでしょう。

なので、子供が欲しいものだと言い、色々なものを買ってもらうと良いです。

子供の年齢にもよりますが、子供が小さいのであればオモチャや洋服、中学生や高校生である程度大きいのであれば、子供に欲しいものをそのまま伝えてもらい、買ってもらいましょう。

子供からのお願いであれば快く聞き入れ、買ってくれることは間違いないでしょう。

また、先ほど高価な食事をご馳走してもらうという仕返し方法をご紹介しましたが、子供が食べたいと言ってるものがあると伝え、高価なお店に連れていってもらうことも1つの方法です。

物だけを買ってもらうのではなく、美味しいものをたくさん食べさせてもらうのも良いでしょう。

そうすれば気持ちがスッキリし、意地悪をされたことへの仕返しを可愛く上手にすることが出来るのではないでしょうか。

旦那に告げ口してやめてもらう

義母からの意地悪に耐えきれなくなったときや、心の底から仕返しをしたいと思ったときは、旦那さんに告げ口をし、やめるよう伝えてもらうことも1つの仕返し方法です。

自分の息子からやめるよう言われれば、やめてくれる可能性が高いです。

自分ではハッキリとやめてほしいことを伝えられないのであれば、旦那さんに伝えてもらうのがベストでしょう。

そのためには、事細かく何をされたのかをしっかり旦那さんに話す必要があります。

自分の真剣さを伝えるためにも、しっかりと全てを伝えられるタイミングで話すことをおすすめします。

今後の生活に関わる大切なことなので、適当に話してはいけません。

旦那さんにしっかり伝えることが出来れば、旦那さんも理解してくれるはずです。

そして、旦那さんが「意地悪はやめてほしい」「本当に苦しんでる」と義母に伝えてくれれば、問題解決に導くことが出来るでしょう。

旦那さんに相談できない人が多くいますが、自分のストレスを解消して毎日を楽しく過ごすためにも、しっかりと伝えることが大切です。

そうすれば、少しは気持ちが晴れ、スッキリするのではないでしょうか。

こっそり目覚まし時計を止めておく

目覚まし時計
こっそり目覚ましを止めておくというのは、可愛いレベルの仕返しだと言えます。

先ほどもお伝えしましたが、たとえ相手に仕返しだと伝わらなくても、自分が満足してスッキリすればそれだけで十分です。

こっそり目覚ましを止めることは義母に仕返しだとは伝わらない可能性がありますが、自分が目覚ましを止めたことで義母が起きられなければ、心の中でクスッと笑えるでしょう。

義母は、「目覚ましをかけ忘れたかな?」と思い、仕事や友人との遊びに遅刻しかけるかもしれませんが、そのくらいの仕返しは可愛いと言える仕返しです。

そのように上手く仕返しをすれば、日頃のストレスを発散することが出来るでしょう。

なので、こっそり目覚ましを止めておくという仕返し方法があることを頭に入れておき、実際にこの方法で仕返ししても良いでしょう。

こっそり録画を消す

こっそり目覚まし時計を止めておくという仕返し方法に似ていますが、義母がよく録画をする人なら、こっそり録画を消すということも仕返し方法の1つです。

もし義母が映画やドラマ好きの人であれば、自分が楽しみにしていたものが消えていたらかなりのショックを受けるでしょう。

そこで、「もしかして私の録画消した?」と聞かれる可能性がありますが、そこはあえて嘘をつき、「いいえ、知りません」「録画のし忘れじゃないですか?」などと言えば、気持ちがスッキリするはずです。

普段からやられっぱなしでは、悔しいと感じるでしょう。

だからこそ、目覚まし時計を止めたり録画を消すなどの可愛いレベルの仕返しで義母に仕返ししましょう。

一度でも仕返しが出来れば、多少は気持ちが軽くなるはずです。

上手に仕返ししてスッキリさせよう

ここまで、「仕返しの上手なやり方5選」と「意地悪な義母に効く可愛いレベルの仕返し方法」の2つについて詳しくご紹介してきました。

嫁姑問題はとても複雑であり、なかなか難しいものです。

問題があったとき、簡単に解決出来ればそれに越したことはありませんが、簡単に解決出来る人は圧倒的に少ないと考えられます。

特に義母と同居している場合は負担が大きく、強いストレスを感じてしまうでしょう。

その結果、自分のことを追い詰めてしまったり、逆に義母に対しての怒りが強すぎて感情をコントロールすることが難しくなる可能性が高いです。

どちらにしても自分に負担がかかることは間違いないので、少しでも良い方向に向ける必要があります。

そのためには、義母に上手に仕返しをして自分の気持ちをスッキリさせると良いでしょう。

仕返しの方法はいくつかご紹介しましたが、自分のスキルを上げて家事を完璧にこなしたり、旦那さんや義父に相談して味方になってもらったりなど、自分がしたいと思う仕返しの方法で仕返しすることをおすすめします。

あまり感情的にならず、冷静に考えて仕返しの方法を選びましょう。

そうすれば、上手に仕返しをして義母からの嫌がらせや意地悪を食い止めることが出来るのではないでしょうか。