べっぴんさんの特徴16個!具体的にどんな顔?これに当てはまったらあなたも美人さんですについて
「べっぴんさんだね~」と言われたり、聞いたことはありませんか?

今回は、べっぴんという言葉の意味や「べっぴんさん」といわれる女性の特徴について紹介していきます。

べっぴんという言葉の意味が知りたい女性や、自分磨きを頑張りたい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

べっぴんの意味

「べっぴん」とは、普通のものと比べて、特別ものがいいことを意味する言葉です。

ですが、最近では美人やきれいな女性のことを褒める言葉として主流になっています。

そのため、美人やきれいな女性といっても「より格別に」という意味を込めた褒め言葉として使われることが多いです。

そのため「美人だね」と言われるよりも「べっぴんさんだね」と言われたほうが褒められ度が高いということになります。

また、べっぴんとは見た目だけでなく内面を褒める場面で使われることがあるのも特徴です。

どちらを褒められているにせよ「べっぴんさんだね」と言ってもらえた場合は、とても素晴らしいことなのです。

べっぴんさんの特徴16個

べっぴんの言葉の意味についてお話ししたところで、ここからは「べっぴんさんの特徴16個」について紹介していきます。

当てはまる数が多いほど、あなたがべっぴんさんである確率が高いので、ぜひ1つずつチェックしながら見てみてくださいね。

1.色白の美肌

色白の美肌
女性なら誰もが一度は憧れたことのあるであろう色白の美肌は「べっぴんさん」といわれる女性の代表的な特徴といえます。

もちろん、色白でなくても美しい女性はたくさんいますが「べっぴんさん」と呼ばれる女性のほとんどは共通して色白の美肌といった特徴があるのです。

やはり、色白の美肌は女性だけでなく男性までも憧れを抱いてしまうものです。

そのため、べっぴんさんになるには、まず紫外線対策やスキンケアをきちんとして、触れたくなるような色白なツルツルの美肌を手に入れられるように努力をしましょう。

2.印象的な目

「べっぴんさん」といわれる女性の目はパッチリしていたり、キラキラしていたり、目力があったりと印象的な目をしています。

やはり、目が与える印象は大きいです。

ですから、思わず引き寄せられてしまうような印象的な目をしている女性は、周りとは違うように感じられるのです。

とはいえ、目の印象を変えるのってなかなか難しいと思いますよね。

最初はメイクやカラコンを使って、印象的な目を作っていくといいでしょう。

3.整った眉

メイクをする中で、もっとも時間がかかるのは眉だという女性は多いと思います。

それだけ、眉には顔全体の印象やバランスを左右する役割があるのです。

たとえば、眉山がキリっと濃いめの眉にはクールな印象を抱くでしょう。

反対に、アーチがかった、ふんわりとした眉には女性らしい華やかな印象を抱くはずです。

このように、眉だけで顔全体の印象がガラッと変わってしまいます。

そのため、どれだけきれいな顔立ちをしていても、眉がボサボサで整っていなければ「べっぴんさん」とはほど遠くなってしまいます。

4.通った鼻筋

鼻筋が通っていると、横顔が美しく見えます。

「べっぴんさん」と呼ばれる女性は、正面だけでなく横顔も美しいというのが特徴です。

そのため、鼻筋がスッと通っている女性は、べっぴんさんである確率が高いといえます。

とはいえ、鼻筋は生まれ持ってのものなので、今から変えるのは難しいと思いますよね。

ですが、鼻筋はメイクでもきれいに作ることができるため、べっぴんさんを目指している女性は一度試してみてください。

ハイライトやシェーディングなどのアイテムをうまく使うことで、理想の通った鼻筋を作ることができるでしょう。

5.潤った唇

潤った唇は女性だけでなく、男性も憧れを抱いてしまうものです。

やはり、ガサガサに乾燥した唇では「べっぴんさん」とは言えないでしょう。

とはいえ、唇はうっかりケアするのを忘れてしまいがちな女性が多いと思います。

スキンケアやボディケアはきちんとやっているのに、唇のケアが疎かになってしまうのはもったいないです。

それに、そういった女性が多いからこそ、潤った唇は希少価値があるといえます。

外出の際はリップやグロスを持ち歩き、食事の後には保湿することを心がけましょう。

また、就寝前のリップケアも忘れないようにしましょう。

6.きれいな歯

きれいな歯
きれいな歯であることもまた「べっぴんさん」といわれる女性の代表的な特徴といえます。

そもそも、歯をきれいに保つには日頃のケアと努力が非常に大切です。

食後のオーラルケアはもちろん、定期的な検診できれいな歯を保つ必要があります。

最近では、ホワイトニングや矯正も身近なものになったので、自分の歯に自信が持てていない女性は、一度試してみてはいかがでしょうか?

せっかくの美しい笑顔も、笑った際に見えた歯がきれいでなければ「べっぴんさん」とは言ってもらえないため、きれいな歯を保つことを心がけておきましょう。

7.顔のパーツのバランスが整っている

「べっぴんさん」といわれる女性の顔は、やはりパーツのバランスが整っています。

とはいえ「顔のパーツのバランスなんてものは今さらどうしようもできない」と思いますよね。

しかし、メイクの技術を身につければ、顔のパーツのバランスを自由自在に操ることができるのです。

たとえば、目が離れていることが気になる場合は、アイシャドウを目頭側に濃いめに入れてみるなど。

やり方次第で、自分の理想の顔に近づくことができます。

ですから、顔のパーツのバランスに自信がない女性は、頑張ってメイクを研究してみてくださいね。

8.ナチュラルメイク

「べっぴんさん」といわれる女性は、自分の素顔を活かしたナチュラルメイクが得意です。

ですが、ナチュラルメイクは自分の顔に自信がなければ、そうできることではありませんよね。

ですから、まずはコンプレックスを受け入れることが大切です。

すべてのコンプレックスを隠そうとしてしまうと、どんどん厚塗りになってしまい、ナチュラルメイクから遠ざかってしまいます。

ですから、自分のコンプレックスを受け入れ、それをチャームポイントに変える努力をしてみましょう。

ほかの女性にはなく、自分だけにしかないコンプレックスは見方を変えると強みになることもあります。

自分だけのナチュラルメイクを研究することも、べっぴんさんになるためには欠かせません。

9.魅力的な笑顔

笑顔が太陽のようにキラキラと眩しい女性は、老若男女問わず人気があります。

そのため、魅力的な笑顔を放つ女性は、どこに行っても「べっぴんさんだね~」と褒められるのです。

反対に、どれだけ顔立ちが整っていても、笑顔1つも見せずにしかめっ面ばかりの女性は残念ながら「べっぴんさん」とはいわれません。

つまり、自分の顔に自信を持てていない女性ほど、笑顔でいることもおすすめします。

もし、自分の顔に自信が持てていなくとも、周りから「べっぴんさんだね~」といわれることが増えれば、自然と自信がつくはずです。

そのためにも、日頃から笑顔の練習は欠かさずに行いましょう。

10.艶のある髪

艶のある髪
きちんと手入れのされた艶のある髪は、誰もが憧れを抱きます。

そんな、艶のある髪を手に入れるには、日頃のケアは欠かせません。

美容室にはきちんと足を運び「傷んだところを切ってもらう」とか「トリートメントでケアしてもらう」など、髪への美意識を高めることが大切です。

また、シャンプーやトリートメントにこだわるのはもちろん、ミルクやオイルなど髪を乾かす際にもいたわってあげるなど、ホームケアをどれだけ頑張れるかということも重要になります。

スキンケアやボディケアと同じ感覚で、ルーティン化できるように頑張りましょう。

11.立ち振る舞いに品がある

「べっぴんさん」といわれる女性は、立ち振る舞いに品があります。

やはり、大人になるにつれて、立ち振る舞いに品があるかどうかは非常に大切になってきます。

どれだけ、顔立ちが整っていて、スタイルが良かったとしても、ガサツな立ち振る舞いをしている女性には「残念だな~」と思うものです。

それに、立ち振る舞いは人となりを表すものですから、立ち振る舞いに品がある女性は内面までも磨かれているものといえます。

まずは、ちょっとしたことからでも意識をすることが大切です。

12.姿勢が良い

姿勢が良い女性は、それだけで魅力が充分に溢れ出ています。

やはり、猫背であったり、いつも下を向いてばかりの女性には魅力は感じられません。

それに「この人大丈夫かな?」とか「体調が良くないのかな?」とマイナスなイメージを抱かれてしまいます。

ですから、歩いているときはもちろん、座っている時間も姿勢を正すことを心がけてみましょう。

姿勢を正すことは意外と難しいので、日頃から鍛錬することが大切です。

常に姿勢を正すことを心がけていれば、いつのまにか姿勢良くいることが当たり前になるでしょう。

13.スタイルが良い

「べっぴんさん」といわれている女性は、やはりスタイルもいいものです。

もちろん、スタイルは生まれ持ってのこと。

ですが、日頃から努力をしていなければ、せっかくの良いスタイルも保つことはできません。

逆をいえば、スタイルに自信がない女性も、頑張って努力をすることで理想のスタイルを手にすることができるのです。

そのためにも、運動をしたり、食生活を見直してみるなど、簡単にできるところからはじめていきましょう。

14.愛嬌がある

愛嬌がある女性は、どんな場面においても得をします。

たとえば、いつもニコニコ笑顔でいたり、挨拶を誰にでもきちんとできるなど。

とにかく、愛嬌がある女性は老若男女問わず人気が高いため「べっぴんさんだね~」と褒められる機会も多いのです。

ですから、自分の顔立ちやスタイルに自信がない女性ほど、とにかく愛嬌を身につけましょう。

「とりあえずニコニコする」とか「無視をされても挨拶を欠かさない」など、日頃の努力の積み重ねが非常に大切です。

15.上品な色気

「べっぴんさん」といわれる女性は、どことなく上品な色気が漂っているのが特徴です。

たとえば、立ち振る舞いであったり、言葉遣いであったり。

わざわざ露出度の高い服を着なくても、特別良い香りをまとわなくても、自然と誰もが目を引かれる上品な色気が溢れ出しているのです。

これらの上品な色気は、日頃の生活リズムや自分磨きの努力など、いろいろな経験の積み重ねが現れているものです。

ですから、その場しのぎで色気を作り出すというよりかは、日頃の積み重ねで身につけていくものと長い目で考えましょう。

16.気遣いができる

「べっぴんさん」といわれる女性は、やはり完璧といっていいでしょう。

顔立ちやスタイル、立ち振る舞いはもちろん、パパッと気遣いまでできてしまいます。

というのも、見た目は内面を表す鏡です。

それも、大人になればなるほど内面が見た目に滲み出ます。

要するに、内面を磨けば磨くほどべっぴんさんへと近づいていくのです。

そのためにも、視野を広げて、周りをよく観察して、気遣いができるように努力してみましょう。

その際、あくまでも「やってあげている」と考えるのではなく「誰かの役に立てたならそれだけで十分」と心を広く持つことが大切です。

美人が多い地域

ここまで「べっぴんさんの特徴16個」について紹介してきました。

色白の美肌や魅力的な笑顔、上品な色気など「べっぴんさん」と呼ばれる女性の特徴は「モテる女性」の特徴と共通していることを知っていただけたでしょうか?

要するに、べっぴんさんを目指せばモテます!もちろん、べっぴんさんになるためには努力が欠かせませんが、今からはじめられることばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

それでは、ここからは「美人が多い地域」を紹介していきます。

実際に美人が多い地域に足を運んだり、美人が多い地域出身の女性を見て研究してみるのもいいかもしれません。

秋田県(秋田美人)

秋田県出身のべっぴんさんのことを「秋田美人」といいます。

秋田美人には、べっぴんさんには欠かせない色白の美肌を持つ女性が多いのが特徴です。

というのも、秋田県は日照時間の少ない日本海側に面しており、紫外線の影響を受けることが他県に比べて少ないといわれています。

また、冬の時期は雪が積もるなど屋内で過ごす機会が多いため、自然と日焼けをする場面が少ないのです。

また、秋田県はお水がきれいです。

その、きれいな水を日頃から取り入れているからこそ、美肌を保てるのだとか。

そのため、色白の美肌を持つべっぴんさんが多いことから秋田県の女性のことを「秋田美人」といいます。

ちなみに、芸能人でいうと佐々木希さんや、壇蜜さんが代表的です。

京都市(京美人)

京都市
京都市出身のべっぴんさんのことを「京美人」といいます。

京美人といえば、日本古来から伝わる奥ゆかしさや上品さが特徴です。

これらの特徴も、すべてべっぴんさんには欠かせませんね。

また、京都市もきれいな水が特徴なので、京美人にも美肌の女性が多いとされています。

ほかにも、京美人といえば切れ長の印象的な目を持つ女性が多かったり、艶やかな黒髪の印象が強かったりと、まさにべっぴんさんの特徴を兼ね備えていますね。

ちなみに、芸能人でいうと吉岡里帆さんや、倖田來未さんが代表的です。

福岡市(博多美人)

福岡市出身のべっぴんさんのことを「博多美人」といいます。

福岡市といえば「食」といっても過言ではないほど、食べ物が有名な地域です。

要するに、食べることで体の内側からきれいにすることができるため、福岡市にはべっぴんさんが多いといえます。

また、福岡市にはエステサロンや婦人服店などが政令指定都市の中でもっとも多く、美意識の高い女性がたくさん住んでいることが確認できますね。

ちなみに、芸能人でいうと椎名林檎さんや、橋本環奈さんが代表的です。

東京都

東京
東京都出身の女性もまた、べっぴんさんが多いといえます。

やはり、東京都は流行を1番最初に取り入れられる場所でありますから、美意識や女子力が高い女性が多いのです。

また、東京都出身の女性は、他県出身の女性に比べて非常に美に対する向上心が高い傾向にあります。

そのため、自分磨きに費やすお金や時間を惜しまない女性が多いのだとか。

ちなみに、芸能人でいうと石原さとみさんや、安達祐実さんが代表的です。

沖縄県

沖縄県出身の女性と聞くと、美人が多いイメージを抱くのではないでしょうか?

というのも、沖縄出身の女性は顔立ちがはっきりと整っており、笑顔がキラキラとしているイメージがあると思います。

実際に、沖縄県出身の女性は「べっぴんさん」といわれる女性の特徴をたくさん兼ね備えています。

また、見た目だけでなく大らかで明るい性格や、物腰の柔らかいアクティブさなどの内面が美しい女性が多いのが特徴です。

ちなみに、芸能人でいうと新垣結衣さんや、安室奈美恵さんが代表的です。

べっぴんさんになる方法

ここまで「美人が多い地域」について紹介してきました。

「日本三大美人」といわれている秋田県、京都市、福岡市出身の女性はもちろん、東京都や沖縄県にもべっぴんさんはたくさんいます。

もし、旅行に行く際は、各地域のべっぴんさんを見て研究してみるといいかもしれませんね。

それでは、次に「べっぴんさんになる方法」について紹介していきます。

この方法を試せば、べっぴんさんになれるだけではなく、男性からモテるようになるかもしれません!

美人に見えるヘアメイクを研究する

顔立ちやスタイルは生まれ持ってのものなので「今さらべっぴんさんになれるわけないじゃん…」とネガティブになってしまうかもしれませんが、諦めてはいけません。

なぜなら、美人に見えるヘアメイクを研究することで、今からでも十分にべっぴさんになることはできます。

SNSや動画を見て自分に合ったヘアメイクを勉強したり、憧れの女優さんのヘアメイク方法を参考にしたりなど、研究方法はたくさんあります。

まずは、自分に自信をつけるためにも、美人に見えるヘアメイクを研究するところからはじめていきましょう。

スキンケアを丁寧に行う

べっぴんさんの代表的な特徴である「色白の美肌」を手に入れるためにも、日頃からスキンケアを丁寧に行ってみてください。

今まで化粧水だけで済ませていた人は、乳液や美容液をプラスしてみましょう。

さらに、スペシャルケアとしてパックをするのもいいですね。

また、スキンケアもヘアメイクと同じで、自分に合ったものを研究していくことが大切です。

丁寧なスキンケアをルーティン化すれば、色白な美肌に近づけます。

もし、自分でするスキンケアだけでは満足できない場合は、エステに行ってみるのもいいでしょう。

ヘアケアで艶髪を作る

人それぞれ肌タイプが異なるように、髪質も異なります。

ですから、スキンケアだけでなく、ヘアケアもしっかりすることが大切です。

たとえば、シャンプーやトリートメントを上質なものに変えてみたり、アウトバスのケアをルーティン化するなど。

即効性は感じられなくても、毎日の積み重ねが艶髪を作っていきます。

もちろん、即効性を感じたいのであれば、美容室で頻繁にトリートメントをしてもらうのもいいかもしれません。

ですが、やはり美容室に頻繁に通うとなると、それだけのお金と時間が必要になります。

そのため、コスパもよく、家でパパッととできるホームケアからはじめてみるのがおすすめです。

オーラルケアで歯をきれいに保つ

食後は必ずオーラルケアをしている女性は多いと思います。

ただ、出勤前やランチ後の時間はなかなかオーラルケアに勤しむ時間が取れないはずです。

そのため、大切なのは就寝前のオーラルケアということ。

特に寝ている時間は、口の中に菌が繁殖しやすいとされています。

ですから、就寝前のオーラルケアにどれだけ時間をかけているかどうかで、歯のきれいさは変わってくるのです。

たとえば、就寝前のオーラルケアの時間が5分の女性と、20分の女性がいる場合、圧倒的に後者の歯がきれいであるといえます。

もちろん、使うアイテムやケアの仕方によっても差はうまれますが、時間をかけることに価値があるのです。

生活リズムを整える

「べっぴんさん」といわれるには欠かせない色白の美肌や、艶のある髪を手に入れるためにも、きちんと生活リズムを整えてみましょう。

やはり、どれだけスキンケアやヘアケアを頑張っていても、外側からのケアだけでは完璧なべっぴんさんになることはできません。

ですから、早寝早起きや、食生活のリズムを整えることで体の内側から美しくなることが大切です。

また、生活リズムを整えることで、体だけでなく心も美しくなる傾向があります。

べっぴんさんになるためにも、見た目だけでなく内面もきれいにすることを心がけましょう。

食生活を見直す

忙しい日は、つい外食やコンビニで買ったもので済ませたくなりますよね。

ただ、これが毎日続いてしまうのはよくありません。

やはり、栄養のバランスを考え、かつ手間暇をかけた自炊をすることで体の内側から美しくなることが大切です。

もし、スキンケアを頑張っているのに肌荒れが気になる場合は、実は食生活の乱れが問題かもしれません。

ですから、一度自分の食生活を見直して「休日だけ自炊をするなど」ルールを決めるといいでしょう。

また、ダイエットばかりに気を取られている女性も、たまには栄養バランスを考えて食事をしてみてください。

美しい姿勢を意識する

モデルさんのように美しい姿勢で歩いている女性や、座っている女性は、見るだけで気持ちがいいものですよね。

反対に、どれだけ顔立ちやスタイルがよくても、猫背で姿勢が悪い女性には「もったいないな~」と思ってしまうはず。

要するに、美しい姿勢でいるだけで、べっぴんさんに近づくことができるのです。

特に、姿勢は日頃から常に意識をしていないと、なかなか美しい状態を保つことができません。

ですから、慣れるまでは常に美しい姿勢でいることを意識してみましょう。

ポジティブ思考

やはり「べっぴんさん」といわれる女性になるためには、常にポジティブ思考であることが大切です。

たとえば、毎日のスキンケアに効果を感じられなくても「やっぱり私は美しくなれないんだ…」とネガティブ思考になるのではなく「1ヶ月後にはすごいきれいになってやる!」とポジティブ思考を持つこと。

本当は不安に思っていることであっても、自分に言い聞かせることによって、いい方向に向くことがあります。

要するに「美しくなってきている」と言い聞かせながらスキンケアをすることで、より効果を感じられるようになるのです。

このように、常にポジティブ思考でいることが「べっぴんさん」への近道といえるでしょう。

笑顔を心がける

「べっぴんさん」といわれる女性になるための1番の近道はなんといっても笑顔を心がけることです。

というのも、どれだけ顔立ちが整っている女性でも、笑顔がなければ「べっぴんさん」とはいえません。

反対に、顔立ちには自信がない女性であっても、常にニコニコ笑顔でいれば美しく見えるものです。

そのため、べっぴんさんを目指すにあたり、まず1番はじめに実践してほしいのは笑顔を心がけること。

笑顔でいれば、周りが褒めてくれるようになります。

周りに褒められれば自信がつき、やがて見た目にも内面が映し出されるため、いつか「べっぴんさん」といわれる女性になることができるのです。

言葉遣いや所作を丁寧にする

見た目はもちろん、言葉遣いや所作を丁寧にすることで「べっぴんさん」といわれる女性になることができます。

やはり、女性は言葉遣いや所作を丁寧にする人の方が、圧倒的に印象がいいとされています。

たしかに、汚い言葉遣いや、バタバタとガサツな所作が目立つ女性には、あまり魅力は感じられませんよね。

ですから、ヘアメイクやスキンケアを研究すると同時に、言葉遣いや所作を丁寧にすることを心がけてみましょう。

雰囲気がべっぴんさんな女性は、見た目も内面もどんどん美しなることができますよ。

経験を積む

「べっぴんさん」といわれる女性は顔立ちやスタイルがいいだけではなく、思わず憧れてしまうような部分をたくさん持っています。

いわば、べっぴんさんは好奇心が旺盛で、たくさんの経験を積んでいるのです。

たとえば、行ってみたい国に旅行に行ったり、没頭できる趣味を持っているなど。

たくさんの経験を積んでいるからこそ、自分に自信が持て、それが表に滲み出て、周りから「べっぴんさん」と一目置かれるのです。

ですから、まずはポジティブ思考を忘れずに、物腰を柔らかくいろいろなことにチャレンジしてみてください。

観察力を身につける

気遣いができる女性は、かならずしも周りよりも優れた観察力を身につけています。

そうでなければ、誰かに気遣うことはできませんし、自分のことだけで精一杯の女性には気遣いをすることはできません。

要するに「べっぴんさん」といわれる女性になるためには、観察力を身につける必要があります。

もちろん、観察力は見た目の美しさ同様、簡単に身につけられるものではなく、常に意識をすることが大切です。

最初は「おせっかい」と拒まれたり、タイミングを間違えてしまうこともあるかもしれませんが、ポジティブ思考で頑張り続ければ、周りよりも優れた観察力が身につくでしょう。

一人の時間を大切にする

誰かに依存することなく、一人の時間を大切にすることができる女性は「べっぴんさん」といわれます。

なぜなら、一人の時間を大切にする女性には余裕があるから。

もちろん「一人で過ごす方が好き」ということではなく、誰かと過ごす時間も、一人で過ごす時間も大切にできるということです。

また、一人の時間を大切にする女性は、一人でも楽しめる工夫をすることができます。

そのため、自立した雰囲気や自信があり、内面的に「べっぴんさん」といわれるのです。

べっぴんさんは外見だけでなく内面も美人

「べっぴんさん」といわれる女性の特徴や、美しくなる方法について紹介してきました。

べっぴんさんの代表的な特徴である色白の美肌や、艶のある髪は努力次第で手に入れることができます。

今回紹介した内容を参考にして、ぜひ「べっぴんさん」といわれる美しい女性を目指してください。

また、外見を磨くことはもちろん大切ですが、内面からべっぴんさんになることをお忘れなく。

そして、なによりも「私はべっぴんさんになるんだ!」という向上心を持ち続けて、努力を積み重ねましょう!