また、主に友人や同僚などの知人同士が集まるので、和気あいあいと楽しむことができるでしょう。

もちろん「すてきな出会いがあるといいな」と意気込むことは大切ですが「これも1つの経験」と気軽な気持ちで行ってみるのもいいと思います。

いろいろな男性と会話をしてみたり、たくさんの恋愛観に触れることで視野が広がるでしょう。

それに、そこから人脈が広がれば、さらにチャンスが増えます。

相席居酒屋

相席居酒屋は、合コンに比べると遊び感覚で来ている男女が多いです。

そのため、ハードルも低く、気軽な気持ちでトライすることができます。

また、お酒も入っているため、積極的になれるのも魅力です。

「彼氏がほしい!とにかく出会いがほしい!」とやみくもに突っ走ってしまうと、男性に「重たい女」と思われてしまう可能性がありますよね。

ですから、こういった出会いのチャンスがありながらも、気軽に男性と関わることのできる相席居酒屋で、モチベーションを高めていくのがおすすめです。

まったく初対面の男性と会話をすることで、自信がついたり、新たな発見があるかもしれませんよ。

同窓会

恋愛ドラマなどにも出てくるように、同窓会は王道の出会いの場といえます。

というのも、学生の頃に気になっていた男性と再会できたり、当時はなんとも思っていなかった男性とは新たな出会いを期待できます。

もちろん、その場で出会い自体はなくても、そこからお互いに知人を紹介し合ってみるなど可能性は無限大です。

そのため、同窓会には進んで出席することがおすすめです。

また、同窓会で周りと差をつけるためにも、日頃から自分磨きをしっかりしておきましょうね。

聞き上手

モテる女性に共通することは「聞き上手である」ということです。

というのも、男性は女性に比べて承認欲求が強く、話をしっかりと聞いてくれる女性に魅力を感じるのだそうです。

ですから、今からとにかく聞き上手になれるように努力をしてみましょう。

聞き上手になるためには、ただ漠然と話を聞いているだけではいけません。

しっかりと相手の目を見ながら話を聞き「うんうん」と相槌を打ち、ときには質問を投げかけてみるなど「私はあなたの話を聞いていますよ」とアピールすることが重要です。

これらをうまくこなせて初めて「聞き上手」という称号を獲得することができるでしょう。

彼氏がいる友達に色々聞く

やはり、なにごとにも欠かせないのが「経験」ですよね。

とはいえ、誰もが初めてを経験してから、次にどんどんステップアップしていきます。

もし、初めてへの不安を少しでも和らげたいのであれば、経験者に話を聞くといいでしょう。

要するに、あなたの周りにいる彼氏がいる友達にいろいろな話を聞いてみるのがおすすめです。

というのも、人それぞれしている恋愛は異なっているため、話を聞くだけでも充分視野が広がるはず。

「恋愛はこうじゃないといけない!」といった固定概念を振り払うためにも、彼氏がいる友達から積極的に恋バナを聞きだしてみましょう。

自分に自信を持つ

自分に自信ありますか?恋愛初心者の女性は、彼氏がいる女性に比べて自分に自信を持てていない人がほとんどです。

というのも、恋愛には女性を輝かせる不思議な力があるため、特に意識をせずとも自信を与えてくれます。

反対に、恋愛初心者の女性は彼氏がいないことをコンプレックスに思ってしまう傾向があるので、なかなか自分に自信を持つことができません。

ですが、自分に自信のない女性はモテません。

そのため、日頃から自分磨きをきちんとして、自分の思い描く理想の女性に近づいていくことで、徐々に自信をつけていくことが大切なのです。

笑顔でいることを心がける

なにを考えているのか分からないぶっきらぼうな女性よりも、いつもニコニコと笑顔を絶やさない女性の方がモテることは一目瞭然のはず。

それぐらい、笑顔には人を引き付ける力があるのです。

とはいえ、いつも笑顔でいることって結構大変ですよね。

仕事が忙しく心に余裕が持てないときや、気持ちが落ち込んでしまったときなど、つい笑顔でいられない場面はあると思います。

ですが、大切なことはどんなときであっても笑顔でいることを心がけることです。

無理をしてでも笑顔でいれば、自然と気持ちが明るくなっていきます。

それだけでなく、周りからの印象もどんどん良くなっていくでしょう。

ネガティブな発言はしない

彼氏がいたことのない女性は「私には、どうせ彼氏なんてできるわけない」と嘆いてしまいがちです。

これらのネガティブな発言はすべて言霊となり、恋愛のチャンスはあなたから遠ざかっていくばかりです。

それに、あなたのネガティブな発言を耳にした周りの人たちからは「これだからこの人には彼氏ができないんだ」と呆れられてしまう可能性もあります。

ですから、とにかくネガティブな発言をしてしまわないように注意しましょう。