もちろん、初めては誰もがかならずしも通る道なので、恥ずかしがる必要はありません。

少しずつ、そして楽しみながら、徐々に経験を積んでいきましょう。