気がつくとそばにいる

もしもあなたなら、苦手な人の傍に自ら寄っていきたいと考えるでしょうか。

極力なら近づきたくないと考えるのが一般的です。