目が合う頻度が増える

目が合うというのは、互いが同じタイミングで同じように相手のことを見ていなければ起こりません。