彼が誰にでも気遣うタイプの場合は、少し判断が難しくなってしまうかもしれませんが、そんな気遣いは有難く受け取りましょう。