会社や学校など同じコミュニティーに所属しているのであれば、それも接点になりますが、その接点が限定的であればあるほど彼との仲を深めやすくなります。