学生の頃はそういった元々ある接点を利用できますが、大人になってからは自らが動いて接点を作っていかなければなりません。