この時、あまりに興味の無いものより話題を合わせやすいものを選びましょう。

彼が人に教えたり、アドバイスをするのが好きなタイプならやり始めた、知り始めたばかりで教えて欲しいというスタンスが良いかも知れません。