この時、万が一彼の好みのタイプが自分と遠くても落ち込んだり諦めたりする必要はありません。

なぜなら、恋愛する上で絶対の好みというのはそんなに多くないからです。