要するに、とり鉄男性の場合は、カメラにお金をかけてしまうのです。

もちろん、自分がカメラを買うために頑張って稼いだお金なのですから、自由に使っていいといえます。