ですが、この考えは無駄で、残念ながらこれほどまでの趣味を持った人にとって、彼女は二の次なのです。

ですから、とり鉄男性と付き合う際は、趣味に勝とうとしないことが重要なポイントになります。