また、切符の裏側には磁気データを保存する方式が採用されており「いつ買ったのか」や「どこで買ったのか」などの情報が保存されています。