あれほどまでに電車に対する独自のこだわりを持っているにもかかわらず、それ以外のところは清々しいほどに無頓着といえます。