「のり鉄」などとも言われていて、鉄道のファンのカテゴリーの1つです。

鉄道ファンの多くをとり鉄が占めるほどその人数は多いとされています。