周りの風景を含めて魅力を感じる

電車を1つの単体として好きなとり鉄男性もいれば、周りの風景を含めて魅力を感じるとり鉄男性もいます。