それでは、ここからは「一部のとり鉄による悪質行為」について紹介していきます。

線路や私有地への侵入

「よりいい位置から撮影したい!」と思うがあまり、つい線路や私有地に侵入してしまうとり鉄が多いのも事実です。