付き合ってるかわからない時の解決法6選!曖昧な関係から彼女に昇進しよう!について
付き合っているのか分からないような恋愛をしたことはありますか。

相手から「付き合って」という言葉もなく、なんとなく始まった関係は不安定であやふやです。

付き合っている確信がない…そんな状況で彼と会うのはいつも彼女という自覚が持てずにいることでしょう。

今回は付き合ってるかわからない時の解決法についてご紹介します。

彼と曖昧な関係が続いている時はどうしたら良い?

恋愛はお互いに付き合う合意の元でスタートすると思う人が多いでしょう。

それがそうではない恋愛もあるわけです。

ではなぜそのようなことになるのでしょうか。

それはやはり恋愛のスタートラインが曖昧であった、ということになります。

何となく気が合って食事や遊びに行っているうちにいつも一緒にいるようになっていた、また体の関係から入るということもあるでしょう。

気がつくといつもそばにいる関係、いつしか恋人関係であることを意識するのは自然なことです。

普通のカップルのように振る舞う彼に、彼女としても「私たち付き合っているんだな」と漠然と思うようになるのは当然のことです。

でもやっぱり彼女であるという自信が持てない、曖昧な関係を確信に変えたいと思うことでしょう。

その場合あまり時間を置かないほうがいいと思います。

なぜなら時間が経てば経つほど聞きにくくなってしまいます。

曖昧な関係はできるだけ早くハッキリさせるようにしましょう。

曖昧なままだと都合の良い女になる可能性も…

彼との曖昧な関係はいつまでたってもあやふやで不安定です。

確認することができずに時間が経ってしまっては確認するチャンスを逃し、結局確認のタイミングを見失ってしまいます。

そうして曖昧な関係がずっと続きながらも彼と会い続けることになるのです。

女性としてはなぜ確認できずに彼との関係は続いてしまうのでしょうか。

そしてなぜ彼は告白もせず彼女と会うのでしょう。

それはもしかすると都合の良い女性になってしまっている可能性があります。

例えば体の関係からスタートしてしまった場合が考えられます。

お互いの合意の上だと思う男性は多いでしょう。

ただ女性はこの体の関係のスタートが彼に精神的にハマってしまうきっかけになることがあるのです。

一度体の関係が出来てしまうと男性の中には都合の良い女性と感じてしまう人もいます。

もちろんそこに恋愛関係が出来上がっていることは十分あり得ます。

でも確認せずに続いてしまうと、彼の真意はどこにあるのかは不明のままです。

女性が関係を確認できないのは二人の関係が壊れることを恐れているからでしょう。

このまま確認しなくても関係が続いてそれが付き合っていることになってくれればいい、という願望だけであやふやな関係が続いてしまうことになるでしょう。

付き合っていることを確認して彼女に昇進しよう!

あなたは都合の良い女性のままでいいのでしょうか。

もちろん答えは「NO」ですよね。

きちんと彼の真意を確認して思い切り付き合いたい、そう思うのは当たり前です。

もしかすると関係はかなり月日が経っているかもしれません。

聞くタイミングを逃してしまった、という人もいるでしょう。

月日が経っていると確認しなくてもそれなりに二人が付き合っているという確信を持てる彼の言動も見えてくる可能性はあります。

ですが月日が経っても二人の関係が分からない、不安である、そう思ったらやはり確認したほうがいいでしょう。

不安は不安を煽るだけです。

不安のままで過ごすとストレスが溜まり体調にも悪影響を及ぼします。

心身共に不安定になることはしてはいけません。

ここでハッキリと彼の気持ちを確認して彼女として胸を張って付き合えるようにしましょう。

付き合ってるかわからない時の解決法6選!

付き合っているかわからないのであれば確認をして解決するしかありません。

ではどう解決すれば良いのか解決法を伝授します。

ぜひあなたのモヤモヤした気持ちを解決していきましょう。

1.連絡の頻度を確認する

連絡
付き合ってるかわからない時の解決法として、連絡の頻度を確認してみましょう。

彼を好きになってしまっていると彼からの連絡を待ってしまうことでしょう。

ここで彼からの連絡の頻度を思い出してみましょう。

もしかして頻繁に連絡が来て彼に対してあまり不安を抱く暇がない、という人もいるかもしれません。

ですがやはり彼からの連絡は精神安定剤的作用があります。

連絡が来れば安心でき、連絡が取れなくなると不安になってしまいます。

そして彼からの連絡の頻度は彼の気持ちを反映していると言っても過言ではありません。

さて、彼からの連絡はどのくらいの頻度で来ているでしょうか。

たまにしか連絡が来ない

よく連絡の頻度が少ない人がいます。

男女共にそのような人はいますが、特に男性に多い傾向があります。

それを待っているのは女性です。

女性は自分からも連絡を取りたがりますが、ひたすら待つ女性も中にはいます。

そして相手から連絡が来ると安心できます。

つまり付き合っているかどうかは相手の気持ちに委ねているという心理です。

ですが逆に女性からの連絡を待っている男性もいるのです。

しかし、お互いに連絡を待ってしまってはいつまでたっても連絡し合うということはなく堂々巡りです。

付き合っているのかどうか分からないのであれば、積極的に自分から連絡を取ってみましょう。

毎日連絡を取り合っている

連絡を毎日取り合っていると付き合っていると思ってしまうでしょう。

ですがなぜか不安を払拭できない女性もいます。

連絡を毎日取り合っているからと言って、内容の無い話しでは付き合っている感覚は持てないわけです。

もしカップルなら「愛してるよ」という甘い言葉を囁き合えます。

でもそんな言葉などなく、他愛のない話しで終わってしまうというのは実に不安定な関係です。

毎日どちらからともなく連絡を取り合うことをしているのであれば、これはほぼほぼ付き合っていると思っても良いのではないでしょうか。

ですがお互いに確信を持てない状態で時間ばかりが過ぎているわけです。

ここでどちらかが一歩踏み出す必要があるでしょう。

思い切って「私のこと好き?」と大胆に出てみるのもいいと思います。

2.誕生日やクリスマスなどのイベントを一緒に過ごそうと言ってみる

誕生日
付き合ってるかわからない時の解決法として、誕生日やクリスマスなどのイベントを一緒に過ごそうと言ってみましょう。

誕生日やクリスマスはカップルなら一緒に過ごす人が多いと思います。

そんな大切な日を自分と一緒に過ごしてくれるのであれば、それはもう付き合っていると言っていいでしょう。

ましてやきちんとプレゼントを用意してくれるなら、これはあなたを大切な存在だと認識しているということでしょう。

ぜひ記念日に誘って彼の動向を見てみましょう。

自分の誕生日より彼の誕生日を一緒に過ごすかが重要!

ここでイベントを一緒に過ごすための大切なチェックポイントがあります。

それは自分の誕生日よりも彼の誕生日を一緒に過ごせるかどうか、ということです。

自分の誕生日であればいくらでも彼は一緒に過ごすために時間を作ってくれることでしょう。

それは案外と容易なことです。

ですが彼の誕生日は彼のための大切なアニバーサリーです。

そんな大切なアニバーサリーを一番自分の大切な人と過ごすことは自然なことですよね。

そこにあなたが居ることができるかどうか、ということなのです。