付き合ってるかわからない時の解決法6選!曖昧な関係から彼女に昇進しよう!について
付き合っているのか分からないような恋愛をしたことはありますか。

相手から「付き合って」という言葉もなく、なんとなく始まった関係は不安定であやふやです。

付き合っている確信がない…そんな状況で彼と会うのはいつも彼女という自覚が持てずにいることでしょう。

今回は付き合ってるかわからない時の解決法についてご紹介します。

彼と曖昧な関係が続いている時はどうしたら良い?

恋愛はお互いに付き合う合意の元でスタートすると思う人が多いでしょう。

それがそうではない恋愛もあるわけです。

ではなぜそのようなことになるのでしょうか。

それはやはり恋愛のスタートラインが曖昧であった、ということになります。

何となく気が合って食事や遊びに行っているうちにいつも一緒にいるようになっていた、また体の関係から入るということもあるでしょう。

気がつくといつもそばにいる関係、いつしか恋人関係であることを意識するのは自然なことです。

普通のカップルのように振る舞う彼に、彼女としても「私たち付き合っているんだな」と漠然と思うようになるのは当然のことです。

でもやっぱり彼女であるという自信が持てない、曖昧な関係を確信に変えたいと思うことでしょう。

その場合あまり時間を置かないほうがいいと思います。

なぜなら時間が経てば経つほど聞きにくくなってしまいます。

曖昧な関係はできるだけ早くハッキリさせるようにしましょう。

曖昧なままだと都合の良い女になる可能性も…

彼との曖昧な関係はいつまでたってもあやふやで不安定です。

確認することができずに時間が経ってしまっては確認するチャンスを逃し、結局確認のタイミングを見失ってしまいます。

そうして曖昧な関係がずっと続きながらも彼と会い続けることになるのです。

女性としてはなぜ確認できずに彼との関係は続いてしまうのでしょうか。

そしてなぜ彼は告白もせず彼女と会うのでしょう。

それはもしかすると都合の良い女性になってしまっている可能性があります。

例えば体の関係からスタートしてしまった場合が考えられます。

お互いの合意の上だと思う男性は多いでしょう。

ただ女性はこの体の関係のスタートが彼に精神的にハマってしまうきっかけになることがあるのです。

一度体の関係が出来てしまうと男性の中には都合の良い女性と感じてしまう人もいます。

もちろんそこに恋愛関係が出来上がっていることは十分あり得ます。

でも確認せずに続いてしまうと、彼の真意はどこにあるのかは不明のままです。

女性が関係を確認できないのは二人の関係が壊れることを恐れているからでしょう。

このまま確認しなくても関係が続いてそれが付き合っていることになってくれればいい、という願望だけであやふやな関係が続いてしまうことになるでしょう。

付き合っていることを確認して彼女に昇進しよう!

あなたは都合の良い女性のままでいいのでしょうか。

もちろん答えは「NO」ですよね。

きちんと彼の真意を確認して思い切り付き合いたい、そう思うのは当たり前です。

もしかすると関係はかなり月日が経っているかもしれません。

聞くタイミングを逃してしまった、という人もいるでしょう。

月日が経っていると確認しなくてもそれなりに二人が付き合っているという確信を持てる彼の言動も見えてくる可能性はあります。

ですが月日が経っても二人の関係が分からない、不安である、そう思ったらやはり確認したほうがいいでしょう。

不安は不安を煽るだけです。

不安のままで過ごすとストレスが溜まり体調にも悪影響を及ぼします。

心身共に不安定になることはしてはいけません。

ここでハッキリと彼の気持ちを確認して彼女として胸を張って付き合えるようにしましょう。

付き合ってるかわからない時の解決法6選!

付き合っているかわからないのであれば確認をして解決するしかありません。

ではどう解決すれば良いのか解決法を伝授します。

ぜひあなたのモヤモヤした気持ちを解決していきましょう。

1.連絡の頻度を確認する

連絡
付き合ってるかわからない時の解決法として、連絡の頻度を確認してみましょう。

彼を好きになってしまっていると彼からの連絡を待ってしまうことでしょう。

ここで彼からの連絡の頻度を思い出してみましょう。

もしかして頻繁に連絡が来て彼に対してあまり不安を抱く暇がない、という人もいるかもしれません。

ですがやはり彼からの連絡は精神安定剤的作用があります。

連絡が来れば安心でき、連絡が取れなくなると不安になってしまいます。

そして彼からの連絡の頻度は彼の気持ちを反映していると言っても過言ではありません。

さて、彼からの連絡はどのくらいの頻度で来ているでしょうか。

たまにしか連絡が来ない

よく連絡の頻度が少ない人がいます。

男女共にそのような人はいますが、特に男性に多い傾向があります。

それを待っているのは女性です。

女性は自分からも連絡を取りたがりますが、ひたすら待つ女性も中にはいます。

そして相手から連絡が来ると安心できます。

つまり付き合っているかどうかは相手の気持ちに委ねているという心理です。

ですが逆に女性からの連絡を待っている男性もいるのです。

しかし、お互いに連絡を待ってしまってはいつまでたっても連絡し合うということはなく堂々巡りです。

付き合っているのかどうか分からないのであれば、積極的に自分から連絡を取ってみましょう。

毎日連絡を取り合っている

連絡を毎日取り合っていると付き合っていると思ってしまうでしょう。

ですがなぜか不安を払拭できない女性もいます。

連絡を毎日取り合っているからと言って、内容の無い話しでは付き合っている感覚は持てないわけです。

もしカップルなら「愛してるよ」という甘い言葉を囁き合えます。

でもそんな言葉などなく、他愛のない話しで終わってしまうというのは実に不安定な関係です。

毎日どちらからともなく連絡を取り合うことをしているのであれば、これはほぼほぼ付き合っていると思っても良いのではないでしょうか。

ですがお互いに確信を持てない状態で時間ばかりが過ぎているわけです。

ここでどちらかが一歩踏み出す必要があるでしょう。

思い切って「私のこと好き?」と大胆に出てみるのもいいと思います。

2.誕生日やクリスマスなどのイベントを一緒に過ごそうと言ってみる

誕生日
付き合ってるかわからない時の解決法として、誕生日やクリスマスなどのイベントを一緒に過ごそうと言ってみましょう。

誕生日やクリスマスはカップルなら一緒に過ごす人が多いと思います。

そんな大切な日を自分と一緒に過ごしてくれるのであれば、それはもう付き合っていると言っていいでしょう。

ましてやきちんとプレゼントを用意してくれるなら、これはあなたを大切な存在だと認識しているということでしょう。

ぜひ記念日に誘って彼の動向を見てみましょう。

自分の誕生日より彼の誕生日を一緒に過ごすかが重要!

ここでイベントを一緒に過ごすための大切なチェックポイントがあります。

それは自分の誕生日よりも彼の誕生日を一緒に過ごせるかどうか、ということです。

自分の誕生日であればいくらでも彼は一緒に過ごすために時間を作ってくれることでしょう。

それは案外と容易なことです。

ですが彼の誕生日は彼のための大切なアニバーサリーです。

そんな大切なアニバーサリーを一番自分の大切な人と過ごすことは自然なことですよね。

そこにあなたが居ることができるかどうか、ということなのです。

当然付き合っているのであればあなたと一緒にお祝いするはずですよね。

もし「もうすぐあなたの誕生日だね、一緒にお祝いしようね」と誘ってみましょう。

あなたが彼女なら即答でOKしてくれると思います。

ですが「ごめん、家族がお祝いしてくれるみたいなんだ」などとはぐらかされた場合、相手は付き合っていると思っていない可能性があります。

当たり前のようにイベントを一緒に過ごすなら付き合っている証拠かも

「今年のクリスマスどうする?」と自然に会話の中で出てきたらこれはもう付き合っている証拠でしょう。

どうするかはあなたに委ねられているということになります。

当然、一緒に過ごそうという彼からのサインです。

3.彼の友人や親に紹介して欲しいと言ってみる

付き合ってるかわからない時の解決法として、彼の友人や親に紹介して欲しいと言ってみましょう。

これは結構賭けに出るということになります。

たとえきちんと付き合っているカップルでも友達や家族に紹介しない男性はたくさんいます。

その心理は様々ですが、結婚を考えている女性なら紹介するという男性もいれば、ただ単に紹介するのが恥ずかしいという男性もいるわけです。

また以前友達に紹介して友達と浮気してしまった、などというトラウマを抱えていることもあるかもしれません。

紹介しないのはそれなりに理由がある場合もあります。

そうは言っても本当に付き合っているのであれば、友人や家族の「公認」として彼女として堂々としたいですよね。

ここでもし彼に紹介して欲しいと言えない雰囲気である場合は逆のパターンもあります。

つまりあなたの友達や家族に紹介するという方法です。

これを嫌がらなければ付き合っていると思っても良いでしょう。

「まだ早いんじゃない?」などと言い訳するようであれば、付き合っていない可能性もあります。

彼に言うのは少々緊張しますが、いつかは言うことではあるので彼の反応を見てみましょう。

紹介したがらない場合は本命の彼女ではないのかも…

ここでやはりガッカリするのは、彼が友達や家族に紹介してくれない場合でしょう。

もし言ってみて「また今度ね。」などとずっとスルーされ続けた場合、本命ではない可能性があります。

やはり大切な彼女だと思っているのであれば友達には必ず紹介しますし、友達が集まる場所に彼女を連れて行ってくれることもあるでしょう。

そして男性は彼女に家族のお墨付きを欲しいと思う人は多いです。

実家に彼女を連れて行って母親と彼女の相性などもチェックする男性はいます。

それは結婚も視野に入れているということもありますが、やはり男性は母親が良いと思った女性を選ぶ傾向があります。

つまり親に面通ししておくと、のちのち結婚まで進むことが楽になるわけです。

男性が親に彼女を会わせるときはそのようなことも考えてのことです。

もしかすると「また今度ね」と言ってはいても時期を見ている可能性はありますが、そのときはその言葉の後に「近いうちに家族に紹介するから」と気持ちがある男性は言ってくれるはず。

自分が本命であるかどうかのチェックは彼の本心を見てしまうということなので、これで自分は彼女ではないことが分かってしまうということになるでしょう。

4.「別の人に告白された」と彼に言ってみる

付き合ってるかわからない時の解決法として、「別の人に告白された」と彼に言ってみましょう。

これはいわゆる鎌をかけるということになります。

嘘の話しを彼に言って彼の反応を見るわけですが、これを言って彼の反応によってはショックを受けるかもしれません。

もし「え!誰に?」と言われたとします。

これには色々な反応の見解があるわけですが、楽しそうに聞いてきたらこれは付き合っていない可能性が高いです。

逆に驚いて問い詰めるような言い方であれば付き合っている可能性が高いでしょう。

どちらの反応を彼がするかによって付き合っているか否かがほぼ分かってしまうかもしれません。

鎌をかけてそれがブーメランのように返ってきてしまうというのは実に悲しいものがありますね。

「ふ~ん」というリアクションなら遊びかも…

あなた「昨日ね、別の人に告白されたんだ」

彼「ふ〜ん」

あなた「…」何も言えなくなりますよね。

言わなきゃ良かった!と思ってしまうかもしれません。

普通であればこんなリアクションはしないはずです。

誰から告白されたのか、ということくらい気になるはずですよね。

それもなく「ふ〜ん」と言うのは全く興味が無いのか、別にどうでもいいと思っているのか、とにかく悲しい反応です。

またこれが鎌をかけられていると分かっている可能性はあります。

女性は男性の反応を見るためにこうしたことをする人は多いです。

それが分かっている男性はあまり相手にしないということを決め込んでいることもあります。

どんな理由にしてもこうしたことを軽々しく口にする女性を男性は好まないと言えるでしょう。

焦って色々と聞いてきたら本命の可能性大!

焦る男性
あなた「昨日ね、別の人に告白されちゃった」

彼「はぁ?!マジで?!誰に?!なんて返事したの?!」

あなた「ごめん、うそ」

彼「良かった〜、焦ったよ。びっくりさせないで。」

理想の反応ですね。

こんな会話ができたら本命の可能性が高いでしょう。

付き合っているはずなのに彼女が告白された!!!

これはただ事ではありませんし、彼女は自分と付き合っているのに!と激怒する人もいるかもしれません。

なんだから彼を試したようで気が引けますが、彼の本心が見えて良かった反応です。

5.この際はっきりと付き合ってるか聞く

付き合ってるかわからない時の解決法として、この際はっきりと付き合っているか聞いてみましょう。

これが簡単でスッキリする方法です。

ただ、ここで結論が出てしまうので最終確認とする方が良いでしょう。

ここへたどり着くまでにとても辛い日々を過ごしてきたはずです。

自分が彼女であるという確信が持てない中で疑心暗鬼になったり、ジェラシーでモヤモヤしたり、気持ちが不安定になることもあったのではないでしょうか。

それなのに今まで聞けなかったのはなぜでしょうか。

それは彼女ではないと分かるのが怖いからです。

はっきり聞いてしまうとそこで二人の関係が終わってしまうこともあるわけです。

もし付き合っていなかったら…それを考えると今のままでいいかなと思ってしまうかもしれません。

いつまでもモヤモヤ感を持って過ごすのか、ケジメを付けるために確認をするのか、それはあなた次第です。

鈍感な彼にでもはっきりと聞けばわかる

「私たち、付き合ってるんだよね?」

もしずっと彼は付き合ってる思っていたとしたら、このことを聞かれて驚くことでしょう。

「え?付き合ってたんじゃないの?」と内心思うはず。

それまで彼女が不安な関係に気付いてあげられなかった自分を反省してくれるかもしれません。

今まで付き合ってると思い込んでいた彼はいかに鈍感だったか身に染みる瞬間です。

ここでちゃんと改めて付き合ってることを示してくれるくれると万事OKです。

いくらなんでも彼もきちんとしようと思うことでしょう。

不安な気持ちは聞いてスッキリさせるのが一番です。

6.自分から告白をする

付き合ってるかわからない時の解決法として、自分から告白をしてみましょう。

もう告白をするには時間が経ち過ぎた…という人もいるのではないでしょうか。

それでも不安が払拭できずにいるわけですから、いずれはハッキリしたほうが気持ちもスッキリすることができます。

案外自分から告白して彼は「付き合ってるつもりだったんだけど」と言ってくれることもあるかもしれません。

それはそれで嬉しいですし言って良かった、と思えますよね。

ここでやはり考えてしまうのは「ごめん、そんなつもりはなかった」などと言われてしまうことでしょう。

やっぱり付き合っていなかった?!

もう彼のこの言葉を聞いてショックを受けてしまいますし、実に無駄な時間を過ごしてきたと思ってしまうかもしれません。

またもしかすると都合の良い女になっていたことを悔やむこともあるでしょう。

でもここで告白して確かめることができたとスッキリすることは確かです。

どうして彼はちゃんと告白をしてくれないの?

ではどうして彼はちゃんと告白をしてくれないのでしょうか。

彼もタイミングを逃してしまったということがほとんどかもしれません。

ですがそうではない人も中にはいますね。

とにかく彼の気持ちが見えない、そんな気持ちでしょう。

ずっと疑心暗鬼な気持ちを持ち続けるのは辛いことです。

ではなぜ彼はちゃんと告白をしてくれないのか、ここで探っていきます。

あなたの彼はどれに該当するのかチェックしてみてください。

はっきりと言わなくても自分たちは付き合ってると思っている

彼がちゃんと告白してくれない理由として、もうすでに自分たちは付き合ってると思っていることがあげられます。

これは告白なしカップルに一番多い理由ではないでしょうか。

男性の中には気持ちがあれば伝わる、と思っている人がいます。

また言わずとも分かってくれ、という心理もあるわけです。

大事な場面でもっとも大事な言葉を言わない、これは女性からするととてもモヤモヤすることでしょう。

例えばプロポーズなどもそうです。

よく、特にプロポーズの言葉などなかったという夫婦は実に多いです。

照れるような言葉を言えない、恥ずかしい、男がすたる、そんな気持ちがあるのでしょうか。

女性はハッキリとした言葉をどんな時も求めます。

特に告白はなくても付き合ってるカップルはこのお互いの気持ちを以心伝心で分かり合えているとも言えるでしょう。

曖昧な関係が楽

彼がちゃんと告白してくれない理由として、曖昧な関係が楽だということがあげられます。

つまりどちらに転んでも良いという心理です。

例えば彼女は付き合ってると思っていて結婚を切り出してくることもあるかもしれないのです。

そんなときに「付き合ってるつもりはなかった」と一言言えば終わりだと思っている場合もあるわけです。

また彼女が他の男性へと気持ちが向いてしまいそうなときは機嫌が悪くなると彼女は離れていくことはないでしょう。

そうして曖昧な関係を続けることは自分主導で付き合っていけるのでとても楽なのです。

女性は彼に捨てられなくないと必死になることでしょう。

女性の気持ちを弄んでいる、それはいつかしっぺ返しとなって返ってくることが分かっていません。

恥ずかしくて…言えない

恥ずかしがる男性
彼がちゃんと告白してくれない理由として、恥ずかしくて…言えないということがあげられます。

男性は察するのが苦手な傾向がありますが、彼女には察して欲しいと思っています。

告白もプロポーズも言葉なしに彼女に以心伝心で伝わっているはず、そんな甘い考えを持っていることもあります。

当然、女性は彼の言いたいことは分かっています。

それは以心伝心ではなく、女性が察しがとてもよい生き物だからです。

そして勘が良いです。

分かっていても言葉で欲しいと考えるのが女性なのです。

言えない男性と言って欲しい女性。

ここでもう気持ちが交錯していますよね。

男性は恥ずかしいと思うことは敢えてすることはしません。

また態度で示すことで女性にすべてを理解してくれることを求めているわけです。

恥ずかしいことを言うから女性は嬉しく感じますし、相手を大切にしようと心に決めることができるのです。

男女の気持ちが交錯するということは永遠のテーマだと言えるかもしれません。

告白してフラれるのが怖い

彼がちゃんと告白してくれない理由として、告白してフラれるのが怖いということがあげられます。

こう思っている男性は意外と多いです。

これまでの彼女との付き合いで彼女の気持ちは何となく分かってはいても告白をすると断られてしまうかも、ということが頭にあることもあります。

男性は打たれ弱い傾向があります。

告白してフラれるということはプライドが許さないこともありますが、要するに心が折れてしまいそうで辛いのです。

男性は常に最悪パターンを考えがちで、まずは悪いことが頭に浮かびます。

自信を持って告白することができれば良いのですが、同時にフラれたことも考えてしまうわけです。

そうしてチャンスを逃してしまいます。

きちんと告白できていないことが頭にありつつも、今の状況に甘んじてしまうということもあるのです。

自分から告白するのがダサいと思っている

彼がちゃんと告白してくれない理由として、自分から告白するのがダサいと思っていることがあげられます。

これは女性にも男性にも共通することですが、自分から告白したことがないという人がいますよね。

それは自分から告白するよりもされることが多いということもありますが、告白するのがダサいと考える人もいるのです。

まるですがっているようで、そんな姿の自分を見せるのは絶対に嫌であるわけです。

そのため相手は告白するのが当然というのがどこか頭の中にあります。

彼女は彼がなかなか告白してくれないと思っていますが、彼も同じことを思っている可能性があります。

これではいつまでたっても告白してくれるわけはありませんね。

また告白してこなければそれで関係が終わってもいいと思っているところもあります。

このことからも女性は告白を待っているのではなく、女性が主導で告白をしなければならないパターンもあると言えるでしょう。

正直遊びだと思っている

彼がちゃんと告白してくれない理由として、正直遊びだと思っているということがあげられます。

女性が一番懸念するのがこれでしょう。

告白をきちんとしてくれないからこのことが頭に常にある状態です。

何となく付き合ってるとどこかで分かっていても確信ではありません。

それはきちんと言葉にしてくれないからですよね。

そして女性が考えてしまうのは、他に付き合ってる女性がいるのかもしれないということでしょう。

実際に遊びで色々な女性に声を掛ける男性はいます。

そのことをある程度女性に言ってくれていれば女性も遊びであることを納得できるわけですが、男性によって「俺なんてモテないから」などと他に女性がいないように取り繕う男性もいるのです。

こうなると女性も信じて待ってしまいます。

やはり女性も彼が遊んでいるかどうかを見極める力を付けるべきでしょう。

彼が付き合っていないと思っていたら…どう対処する?

付き合ってるのかどうなのか、でも付き合ってるようないないような。

それがある時、彼が自分と付き合っていないと分かってしまったら、あなたはどうしますか。

ここではその対処方法を紹介します。

さて、あなたはそれでも彼との関係を続けますか。

親密な関係にはならず様子を見る

彼が付き合っていないと思っているときの対処方法として、親密な関係にならず様子を見てみましょう。

男性は付き合っていなくても体だけの関係を求めることがあります。

逆に女性はそれがきっかけで男性を好きになってしまうこともあるのです。

もし男性がそうした関係を求めてきたら、拒否してみましょう。

親密な関係になる前であれば、悩んでしまうような関係にならずに済みます。

これによって男性がよそよそしくなってしまったり、まったく声も掛けてくれなくなったらそれはそこまでの関係です。

それ以上の関係にはならないようにしましょう。

ほかの男性にも目を向ける

彼が付き合っていないと思っているときの対処方法として、ほかの男性にも目を向けてみましょう。

ずっと付き合ってるつもりだけどいまいち彼の真意が見えない、そう思ったときは付き合っていないのかもしれません。

そして彼の心がこちらに向いていないことに次第に気が付いてしまうことでしょう。

そんなときはほかの男性にも目を向けてみることをしてみてください。

意外と今まで気にしていなかった男性からアプローチがあるかもしれません。

いかに他の男性に目が行っていないということに気が付くはずです。

男性は曖昧な彼だけではありません。

もっと違う目線で外を見渡してみましょう。

きっと素敵な出会いも待っています。

勇気を出して一旦曖昧な関係を終わりにする

彼が付き合っていないと思っているときの対処方法として、勇気を出して一旦曖昧な関係を終わりにしてみましょう。

付き合ってるかどうか分からないのに別れ話をするのも変ですよね。

特には別れ話は必要ありません。

とにかく距離を置いてみれば良いのです。

そして連絡が来ても会わない、そう決めてみましょう。

ですが会いたい気持ちになってしまうこともあります。

会ったらどうなるか分かりますか、都合の良い女へと逆戻りです。

もし本当にあなたを必要とするのであれば、改めて告白をしてくれなければなりません。

一旦関係を終わりにして彼の本気と誠意を確認してみましょう。

本命になれるように自分磨きをする

自分磨き
彼が付き合っていないと思っているときの対処方法として、本命になれるように自分磨きをしてみましょう。

これはもうあなた自身が彼に依存してしまっているということになります。

とにかく彼と関係を終わらせたくないという心理になっています。

ですがあなたに魅力が増すことで彼もあなただけを本気で好きになってくれる可能性は十分にあります。

ただ、そうなるためには相当な努力も必要とします。

ここまで一緒にいてあなたにその気がなかったのですから本命になるには努力が必要なのは容易に分かりますね。

それでも彼をなんとか振り向かせたい、そう心に決めてぜひ魅力ある女性へと頑張りましょう!

曖昧な関係を終わらせて彼女に昇進しよう!

いかがでしたでしょうか。

まさに今曖昧な関係の彼がいる人もいることでしょう。

あなたは今回どのように感じましたか。

きっとこのままじゃいけないと思ったのではないでしょうか。

曖昧な関係はいつまでたっても曖昧です。

ここで曖昧な関係を終わらせて彼をぜひ本気にさせてみてください。

そのためにあなたにはすることがたくさんあります。

ぜひ彼を惹きつける魅力を備える女性になりましょう。