電話告白で成功しやすい言葉10選!面と向かってが苦手な人必見!気になる彼に思い切って電話してみよう!について
気になる彼に告白したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

直接伝えたいけど、なかなか勇気が出ないという人もいると思います。

そんな時は、電話告白をしてみてはいかがでしょうか。

この記事では電話告白で成功しやすい言葉をご紹介します。

面と向かってが苦手な人はぜひ参考にしてみてください。

電話告白とは?

「電話告白」とは文字通り電話で告白をすることです。

直接会って告白となるとやはり言いたいことが言えずにいたり、もしかすると告白すらできない状況になることもあるでしょう。

ですが電話だと面と向かってする必要はなく、言葉だけが頼りになります。

言葉だけの方が告白しやすくなるのは確かなことです。

ではなぜ電話であると告白しやすくなるのでしょうか。

それは相手の顔を目の前にすることで緊張したり、相手の反応も明確に分かるということがプレッシャーになったり断られることの恐怖を目の当たりにするからでしょう。

つまり真っ向勝負の告白は視覚と聴覚の両方からの情報が同時に入ってくることでよりストレスを感じます。

ですが電話だと聴覚だけの情報だけになり、ストレスは半分になるわけです。

相手の顔が見えないことは怖くもあり、ときには顔が見えないほうがリラックスを与えることがあります。

電話告白はあり?

電話告白はありなのでしょうか。

すでに好意のある相手とコミュニケーションが十分に取れている場合は、ありでしょう。

日頃からコミュニケーションが取れていて、なおかつ相手も自分に好意を持っているという確信があるのであれば、電話告白でもOKをもらえる可能性が高いと思います。

電話告白のメリット

電話告白
ここでは電話告白のメリットを紹介していきます。

電話告白のメリットは色々あります。

どんなメリットがあるのかぜひチェックしてみてください。

恥ずかしさが減る

電話告白のメリットとして、恥ずかしさが減ることが挙げられます。

告白は恥ずかしいと感じる人が多いと思います。

いくら相手の気持ちも十分に分かっていても、これが面と向かって告白をするとなると恥ずかしくて相手の顔など見ることはできないでしょう。

また頭の中が真っ白になってテンパってしまうこともあるかもしれません。

そんなときには相手がフォローしてくれると有難いですが、実際は相手の様子も分からない状況に陥ることもあるでしょう。

直接会って告白するとこのような状況が想定できますが、電話告白だとこのようなことはほとんど無くなります。

このようなことからも恥ずかしさは軽減されると言えるでしょう。

緊張しにくい

電話告白のメリットとして、緊張しにくいことが挙げられます。

告白=緊張は当然のことです。

「もし断られたらどうしよう」「相手はどう思うだろう」とネガティブなことばかり浮かんでしまう浮かんでしまうかもしれません。

たとえ相手の気持ちもそれとなく分かっている場合であっても、告白となると緊張するのは必然です。

ですがもし電話告白だとそれも少し軽減されます。

緊張するのは相手の顔を見て告白するからであり、相手の反応がもっとも緊張させる要因だからです。

それが電話だと相手の様子は分かりませんし、言葉だけのやり取りが重要になってくるわけです。

いろいろなネガティブ素材を排除していけるのが電話告白のメリットだと言えるでしょう。

二人だけの世界

電話告白のメリットとして、二人だけの世界になれることが挙げられます。

もし直接会っての告白であると外野が気になります。

それはシチュエーションによりますが、例えば学生であれば友人や周囲の様子が気になるところです。

また職場であるとどこから誰が見ているとも限りません。

それが電話であればそれらの外野は気にする必要な無くなります。

相手の声と言葉だけをじっくりと聞き、そして二人だけの世界観で会話をすることができます。

電話での会話は空想や妄想が広がります。

相手の言葉のニュアンスや息遣いによって想像力を掻き立てられるからです。

それによって電話のほうが面と向かって告白するより盛り上がることもあるでしょう。

二人だけの世界を作ることでロマンティックな告白になることもあります。

遠くにいても告白できる

電話告白のメリットとして、遠くにいても告白できることが挙げられます。

つまり世界中のどこにいても告白は可能です。

むしろ電話で告白をするのであればそれだけ遠い方が効果がある、ということが言えるでしょう。

これがいつも会っているのに電話で告白…「会った時に言ってくれるといいのに」と告白された方は思うかもしれません。

女性の中には告白のシチュエーションにこだわる人もいます。

遠くに転勤になったり、留学して海外へ行ったりどうしても好きな人と離れ離れにならなければいけないことがあります。

一度は諦めようと思う人もいるでしょう。

でもやっぱり好きな人のことを忘れられない、そんなときに電話で告白すれば離れていても思いは伝わることでしょう。

ゆっくり話せる

電話告白のメリットとして、ゆっくり話せることが挙げられます。

どうしても面と向かって告白する場合、告白をして恥ずかしさからさっさと帰ってしまいたい…そんな気持ちになる人もいることでしょう。

ですが電話告白の場合は告白して電話を切る、ということはできません。

告白をしてお互いの思いを伝え合うことで、より二人の距離を縮めることができます。

また電話だと不思議と会話は弾みます。

顔が見えない分、リラックスして会話することができるのです。

また二人きりで会話ができるため、より濃密な話もすることが可能です。

時間を忘れてじっくりゆっくりと話をして気持ちを確かめ合いましょう。

断られても気まずくない

電話告白のメリットとして、断られても気まずくないことが挙げられます。

告白は必ずOKが貰えるとは限りません。

断られることも想定して、ダメ元で告白して気持ちをスッキリさせたいという人もいるかもしれません。

ただ断られたとしても、ある程度の気まずさは回避することができます。

面と向かっての告白ではないことである程度リラックスして告白することができるので、次に会ったとしても元通りの関係性に戻りやすいでしょう。

準備できる

電話告白のメリットとして、準備できることが挙げられます。

つまり予行演習ができるということです。

面と向かっての告白はいくら予行演習をしたとしても頭の中が真っ白な状態になってしまい、準備通りにはいかないものです。

ですが電話だと、ある程度相手に何を伝えたいのかを紙に書き出しておくことも可能です。

そして告白の言葉もどのように伝えるべきなのか、頭の中でじっくりと考えることができるのが電話告白の最大のメリットと言えるでしょう。

電話告白でのポイント

電話告白でのポイント
ここからは電話告白でのポイントを紹介します。

ぜひチェックして電話告白のチャンスに活かしましょう。

準備

電話告白のポイントとして、準備することが挙げられます。

電話告白をするということは言葉だけが頼りです。

見えない相手との会話は緊張するばかりで、思い通りの告白をできない可能性があります。

電話告白するためには相手に何を伝えたいのか、そして自分の思いをきちんと相手に伝わるようにしなければいけません。

そのためには準備が必要です。

また電話告白する一番の前提は相手の電話番号を知っているか、ということでしょう。

電話番号も知らないのに告白はできませんね。

まずは相手との電話番号を交換しておく準備からしましょう。

なるべく会っておく

会う
電話告白のポイントとして、なるべく会っておくことが挙げられます。

電話告白するまでにある程度のコミュニケーションを取っておくことが何よりも大切です。

電話告白が可能である相手はお互いの気持ちをある程度分かっていることが条件になります。

もし相手と面識がある程度だけでは電話告白は成立しません。

電話告白をしたいのであれば面識程度ではなく、会話ができコミュニケーションを取れる相手であることを頭に入れておいてください。

そしていかに相手に意識させておくということが必要となってきます。

つまり自分の存在を相手の中で大きくさせておくということになります。

そのためにはなるべく会っておくことが大切になってきます。

好意を匂わせておく

電話告白のポイントとして、好意を匂わせておくことが挙げられます。

相手に好意があるということを何となく分かってもらうことでいつかは二人は付き合う、というイメージを持ってもらえます。

そのためには好意を持っているというアピールを常にしておくことが必要になってきます。

いつも好きな人のそばにいてフォローしてあげたり困っているときに助けてあげる、そんなさりげない行動を日頃から心掛けておきましょう。

告白までの話題

満を持しての告白…なかなか電話を持っても通話ボタンを押すことを躊躇するのではないでしょうか。

しかし、緊張してやっぱり明日にしよう…などと思っているうちにタイミングを逃し、最悪違う人が好きな人に告白してしまった、などということにもなりかねません。

もしかすると相手はあなたの告白を待っているかもしれないのです。

告白をしたいと思い立ったら、まずは気軽に会話することを心がけましょう。

最初から告白を意識しすぎて意気込んでいてはうまく会話ができないかもしれませんし、何となく話したくて電話をしたという理由でも良いでしょう。

そしていきなり告白はできないと思うので、告白するまでのインターバルとして他の話題を切り出すことになります。

話題は何でも良いのです。

ただもし同じ職場の相手であれば、どうしても話題は仕事の話になってしまいがちです。

それでも良いのですが、業務連絡のような電話になってしまうので仕事の話題ではないほうが良いでしょう。

また恋愛に関する話題などは男性からは無理があります。

告白までの話題としては二人の共通の話題であると話は盛り上がります。

一緒に食事に行ったときの話や、趣味の話などお互いに分かり合える話をしてみるのが無難でしょう。

告白への繋げ方

電話をして、そしてさりげない会話からの告白。

では、楽しく会話をしているところからどのように告白へ繋げるのが良いのでしょうか。

そのためには二人がこの先も一緒にいるということが伝わる会話へ移行していくことが大切です。

つまり趣味やお互いに興味のある会話をしていたら、次は一緒に行ってみよう、美味しいものがあるから食事に行こう、という次へ繋げることをしてみましょう。

あなたの中に相手の存在が大きいということを伝えることが何より必要になってきます。

間違っても「この前、観た映画が面白かったから観に行ってみて」などとオススメ程度の会話はしてはいけません。

この場合「この前観た映画が面白かったから観てほしいから一緒に行こう」と一緒というところを強調しましょう。

告白へ進むためには二人が一緒であるということをアピールして、相手の心に自分の存在を植え付けておくことが大切です。

シンデレラタイム

シンデレラタイム
「シンデレラタイム」とは童話のシンデレラが24時までに帰らなければならなかったところから由来しています。

いろいろなシチュエーションでシンデレラタイムはありますが、告白のシンデレラタイムは家に帰ってお風呂に入り、プライベートの時間を過ごしている頃がおススメです。

時間で言うと22時~24時程度ではありますが、相手の就寝時間もあるため前もって相手の1日のルーティンを確認しておくといいでしょう。

人が1日のうちの寝る前の時間というのは一番リラックスしている時間です。

思い思いに過ごしている時間であり、リラックスしていると色々と考える時間帯でもあります。

例えば好きな人のことを考えたり、楽しかったことなどリラックスしていると思うものです。

そんな気持ちに余裕のある時間だからこそ、インパクトのある嬉しい出来事があるとより嬉しさを感じることができます。

電話をする方も同じく一番落ち着く時間帯です。

早く告白してしまいたいと思う人もいますが、相手のことも考えて実行しましょう。

タイミング

では実際に告白するタイミングはいつなのでしょうか。

電話をして、会話をし、次に会う約束をする。

こうした流れで電話をしてきました。

そして実際に告白です。

多くの人は電話を切る前のタイミングでの告白が多いですね。

もし告白をしてそこから会話を続けるということは意外と困難です。

告白をして頭が真っ白になり、沈黙してしまうこともあるでしょう。

間が持たなくなってしまうのです。

電話で会話をして最後に「あの…」と切り出すことが多いです。

告白の言葉はそれぞれにお任せして、返事は急かさないようにしましょう。

返事のタイミングも人それぞれです。

即答してくれる人もいれば、考えさせてほしいという人もいます。

ただ告白する方としては早い段階で結論が欲しいということが多いでしょう。

ですが告白は相手がいることです。

あくまでも相手に合わせましょう。

告白するときの声はどのような感じがより相手の心を掴むことができるのでしょうか。

やはり告白の言葉を早口でまくし立てるようなことはどんな人も嫌です。

それよりも穏やかに、そしてゆっくりと落ち着いた声で話してくれると告白を受け止めやすくなります。

一言一言に気持ちを込めて告白してくれるとその思いを噛みしめることができます。

そして告白を聞きながら自分の気持ちも同時に考えることができるのです。

あくまでも落ち着いた声、そして普段の会話のときよりもワントーン下げたほうが相手に伝わりやすくなります。

緊張するとどうしても甲高い声になりがちですが、ここは自分を落ち着かせるためにもゆっくりとボリュームを下げていきましょう。

電話告白で成功しやすい言葉10選

電話告白で成功しやすい言葉
電話告白はそのしやすさから最近は特に増えているのではないでしょうか。

ですが、やはり人の心理としては大切な告白なのに「電話でなんて…」と思う人もいるものです。

そこでここでは電話告白でも成功しやすい言葉を紹介します。

たとえ電話告白でも「OK!」の返事がもらえるように参考にしてみてくださいね。

大好きです

電話告白で成功しやすい言葉として、「大好きです」と言ってみましょう。

とてもストレートな言葉ですよね。

素直な気持ちを言ってもらえると相手も受け止めやすくなります。

あれこれ言うよりも「大好き」の一言で相手の気持ちの全てが分かります。

ですが、たとえ電話であっても「大好きです」とは意外と言えないものですよね。

その一言を言うまでもモゴモゴしてしまうこともあるでしょう。

しかし電話でモゴモゴしてしまうと、相手には何を言っているのか聞こえないことがありますので、勇気を出してハッキリと聞き取れるように告白しましょう。

あなたしか考えられない

電話告白で成功しやすい言葉として、「あなたしか考えられない」と言ってみましょう。

少々照れてしまう言葉ですね。

そして言われた方もちょっぴり恥ずかしく赤面してしまいそうな言葉です。

この言葉で告白するシチュエーションとしては、色々と寄り道してしてしまったときなど彼に辿り着くまでに紆余曲折あった場合があります。

色々と恋愛を経験してきたけれど結局は彼のことしか考えられなかったわけです。

この言葉を言われて男性も悪い気はしないはずです。

二人の関係性をより強くしてくれる電話告白となることでしょう。

ずっと好きでした

電話告白で成功しやすい言葉として、「ずっと好きでした」と言ってみましょう。

このパターンとしてはずっと片思いをしてきた人がようやく告白する決断をした、それを宣言する告白となります。

また相手が他の人と付き合っていて、片思いを貫きた通してきたという思いがあるでしょう。

それが相手が最近彼女と別れた…その噂を聞いて思い切って告白して思いを伝えようとしたときに「ずっと好きでした」という思いを伝えることで思い続けてくれていたんだ、というあなたの気持ちを愛おしく思ってくれるのではないでしょうか。

辛く長い片思いはときとして思いを封印しようとさえ思うときがあります。

せっかく巡ってきた告白のチャンスを逃さないようにしましょう。

私のこと、どう思う?

電話告白で成功しやすい言葉として、「私のこと、どう思う?」と言ってみましょう。

どう思うと言われても…と相手は困惑するかもしれません。

また、なぜ突然そのようなことを言い出したのか意味不明にも感じられますよね。

この言葉で告白するときは、例えばずっと仲の良い関係で電話も頻繁にし合う関係であり、その日も何気なく電話をして恋愛の話になり「私なんてどう?ずっと好きだったんだ」と軽いノリでポロっと言ってしまったらどうでしょう?

告白するつもりはなかったのに、ついつい好きな思いが出てしまうことはあるものです。

ですが、言ってしまったついでに本格的に告白する、ということもありですよね。

相手も好意を持っていたけれどなかなか告白できなかったら、軽いノリの電話で盛り上がって付き合うカップルはいます。

ずっと好き同士であったからの告白は成功する可能性が高いでしょう。

好き過ぎて寝れない

電話告白で成功しやすい言葉として、「好き過ぎて寝れない」と言ってみましょう。

人を好きになるというのはとにかく気持ちが揺れ動きます。

好き過ぎて自分をコントロールできなくなることもありますね。

とにかく好きで好きで何かと彼のことを思い出し何も手につかないということもあるものです。

ですが、いつまでもそのような状態は健康上良いことではありません。

そのためにも告白をして気持ちをスッキリさせることが大切です。

「とにかく好き!!」という気持ちを相手に分かってもらうことがあります。

そして「夜も眠れないくらい好き」という気持ちも伝えましょう。

そんなに思ってもらえるなんて男性としては幸せに感じてくれるはずです。

私をもらってください

電話告白で成功しやすい言葉として、「私をもらってください」と言ってみましょう。

ただこの言葉を言うときはお互いに好意があって、そして結婚を意識できるほどの相手である場合がいいでしょう。

男女の気持ちというのは言葉では言い表せない繋がりがあります。

初対面ですぐに結婚を意識するカップルもいるわけですから、この人と結婚するという漠然とした思いが不思議と頭の中に沸き起こってくることもあるのです。

まだそこまでの関係ではないのに突然「私をもらってください」と突然言われたらさすがに彼も驚くことでしょう。

ただ、女性がそこまでの思いを伝えてくれると男性も受け入れやすくなります。

決意を持って自分を選んでくれているという男性も思ってくれることは間違いありません。

自分の全てを受け止めて欲しいというこの言葉は響くことでしょう。

私じゃダメかな?

電話告白で成功しやすい言葉として、「私じゃダメかな?」と言ってみましょう。

この言葉が出るときは相手があなたのことは眼中になかったり、あなたの気持ちに気が付いていないかあるいは気が付いていてもその気がない、というシチュエーションが想像できます。

ずっと片思いをしてアプローチしていたのにまったく相手にされない…そういうこともありますよね。

でも人を好きになる気持ちは簡単に諦めることは難しいでしょう。

好きでいることよりも諦めることのほうが辛いことは間違いないのです。

思い切って電話で「私じゃダメかな?」と言うときはよほど勇気を出して言うことになるでしょう。

そしてもう片思いでいることに限界が来ているときです。

思い切って気持ちをぶつけてみましょう。

会いたいよ~

電話告白で成功しやすい言葉として、「会いたいよ~」と言ってみましょう。

この言葉はあまり告白の直接的な言葉ではありませんね。

ですが好きであるからこそ電話よりもまず会いたいという気持ちになるのは自然な気持ちです。

ただ、いきなり「会いたいよ~」と言ったところで相手も反応しづらいところがあります。

「また会えるよ」と返されてしまったらそれまでですよね。

そこで「だって好きだから会いたいんだよ!」とはっきりと告白の方向へ進んでみましょう。

なぜ会いたいのかということを相手に知らせなくてはなりません。

彼もはっきりと告白されたことで返事をしやすくなります。

きっと「今から会おう!」と返事をしてくれますよ。

隣にいたい

電話告白で成功しやすい言葉として、「隣にいたい」と言ってみましょう。

これも直接的な言葉ではありませんが、告白に繋げる言葉であることは間違いありません。

好きだから彼のそばにいるのは当たり前です。

ましてや、もし彼が悩んでいたり、落ち込んでいたら彼の隣に居てあげたいと思いますよね。

隣に居て助けてあげたい、悩みを聞いてあげたい、いろいろしてあげたい、好きな人だからこそたくさんやってあげたいことがあります。

そうした思いを彼に伝えてみましょう。

私の彼氏になってください

電話告白で成功しやすい言葉として、「私の彼氏になってください」と言ってみましょう。

もう告白するならこの言葉ですね。

とにかく彼が好き、付き合いたい。

それには彼に彼氏になってもらわなければなりません。

「彼氏になって!」とハッキリと告白すると彼も告白を受け止めてくれるはず。

四の五の言わず直接的な言葉で彼に告白するに限ります。

彼も思わず「はい!」と返事をしてくれるでしょう。

気になる彼に電話告白してみよう

いかがでしたでしょうか。

まさに電話告白を考えていた人もいるのではないでしょうか。

そして電話告白する気持ちは固まりましたか。

相手の顔を直接見ないから気持ちは楽ではありますが、見えない分言葉が全てです。

言葉一つ一つに気持ちを込めてしっかりと伝わるようにすることが大切です。

ぜひその思いを込めて大好きな彼に早速電話告白してみましょう。

行動あるのみです。