ドタキャン理由で許せる範囲と許せない範囲の境界線とは?そんな約束を守れない男性の特徴13個!について
一度はドタキャンをされたことがある人は多いのではないでしょうか。

ドタキャンには、許せるドタキャンと許せないドタキャンの2種類があります。

許せないドタキャンをされてしまうと、自分の予定が狂うだけではなく、気分までもが下がってしまいます。

ここでは、「ドタキャン理由で許せる範囲と許せない範囲の境界線」と「約束を守れない男性の特徴13個」の2つについて詳しくご紹介していきます。

ドタキャンとは?

ドタキャンとは、直前になって約束をキャンセルするという意味です。

ドタキャンをされたことがある、またはしたことがあるという人も多いでしょう。

直前になって約束をキャンセルされると自分の予定が狂ってしまい、気分までもが下がります。

ときにはやむを得ないドタキャンもありますが、ほとんどの人がドタキャン自体に良いイメージを持っていないと思います。

この世の中には色々な人がいるので、一度のドタキャンでものすごい罪悪感に襲われる人もいれば、何度ドタキャンをしても全く気にならないという人もいるでしょう。

逆も同じで、一度のドタキャンで「この人とはもう一生会いたくない」と思う人もいれば、何度ドタキャンされても「仕方ない」と許せる人もいます。

本当に人それぞれではありますが、ドタキャンされたときの状況や相手によって、その時の気持ちが変わるでしょう。

ドタキャン理由で許せる範囲と許せない範囲の境界線

ドタキャンには、許せるものと許せないものの2種類があります。

ここからは、「ドタキャン理由で許せる範囲と許せない範囲の境界線」を詳しくご紹介していきます。

許せる範囲

まず初めに、許せる範囲のドタキャンについてご紹介していきます。

許せるドタキャンは、ドタキャンされたときの怒りや悲しみを感じることが少ないものです。

許せる範囲のドタキャンを、大きく以下の6つにまとめました。

仕事

仕事が理由でドタキャンをされた場合、大抵は「仕事なら仕方ない」と思えるでしょう。

仕事は遊びやデートよりも大切なので、「仕事を優先してほしい」「仕事ならまた違う日に埋め合わせをしよう」という言葉をかけることが出来ます。

逆に、仕事を休んでまで会う時間を作られると、嬉しい反面どこか申し訳ない気持ちになってしまいます。

仕事が休みだと思っていても、突然人が足りなくなって出社しなければいけなくなったり、仕事が終わらず休日出勤せざるを得ない状況に突然なってしまうこともあります。

そういったことは社会人になると当たり前のように起こるので、仕事が理由のドタキャンは許せる範囲だと言えます。

いくら仕事が入ってしまっても「仕方ない」と思えれば、そこまで腹が立つこともないでしょう。

仕事でのドタキャンは、されることもすることも両方起こり得ることなので、たとえ自分がしてしまったとしても、そこまで自分を責める必要はないと思います。

体調不良

体調不良の男性
仕事と同じくらい多いドタキャン理由は、体調不良ではないでしょうか。

約束の前日は体調が良かったとしても、当日に突然体調不良になってしまうことは誰にでもあります。

体調管理は大切ですが、それだけしっかり体調管理をしていても体調を崩してしまうことはあります。

体調不良なのにも関わらず、「約束したんだから来てよ」「今日じゃないと無理」というような人は、心が冷たい人かもしれません。

大抵は、「無理しないでね」「今日はゆっくり休んでね」と相手を気遣った言葉をかけられる人が多いので、許せる範囲のドタキャンでしょう。

季節も関係ありますが、人によっては体調を崩しやすい人もいるので、体調不良でのドタキャンは寛大な心で受け入れる必要があります。

体調不良のときは精神的にも弱ってしまうので、相手に気を遣わせるのではなく、優しい言葉をかけることが大切です。

身内の不幸

身内の不幸が頻繁に起こり得るとは考えにくいですが、突然起こる可能性があることです。

また、誰にでも起こり得ることでもあり、身内の不幸でのドタキャンは、許せるというよりも許すべき理由です。

むしろ許す許さないは関係なく、優しい言葉をかけてあげる必要があります。

それこそが相手を心の底から思いやる気持ちであり、人として大切なことです。

なので、身内の不幸でドタキャンをされて腹が立ったり、「もうこの人とは約束しない」と思う人はいないでしょう。

頻繁に起こり得ることでないとしても、もし身内の不幸でドタキャンされたときは、「また落ち着いたときに連絡して」「いつでもいいから待ってるね」などの優しい言葉をかけ、相手を余計に悲しませることがないようにすることが大切です。

移動手段

たとえば、約束の日に予定通り家を出たとしても電車が止まってしまい、会えなくなる可能性があります。

また、車で向かう予定だったとしても、急遽車が使えなくなってしまうことがあります。

このように移動手段が使えなくなることで、やむを得ずドタキャンをしなければいけない状況になることがあります。

そういったことはお互いに予期出来ないことでもあるので、「仕方ない」と許すことが出来るでしょう。

住んでいる場所によっては移動手段が限られている場合があり、移動手段が少ない場所で移動手段が断たれてしまうと、予定通り会うことが難しくなります。

特に悪天候のときや、事故やトラブルが起こったときに起こり得ることなので、そうなった場合は別の日に予定を変更するなどして、相手を責めないことが大切です。

落とし物した

落とし物
駅に向かう途中や、電車の中で落とし物をしてしまうことがあります。

ハンカチや口紅くらいであれば問題はありませんが、財布や携帯、家の鍵など大切なものを落としてしまうと、ドタキャンせざるを得ない状況になります。

落とした相手は焦りと不安で会うどころの話ではなくなり、待っている側もそのような状況で「来てほしい」とは言えないでしょう。

中には「落とし物をする人が悪い」と思う人もいるかもしれませんが、どれだけ気にしていても落としてしまうことは誰にでもあることです。

また、落としたと思っていても、盗まれてしまっている場合も考えられます。

一緒に探してあげられる状況ならとりあえず会うことは出来ますが、そういった状況でない場合は別の日に予定を変更するしかありません。

なので、落とし物が理由でのドタキャンは許せる範囲のドタキャンだと言えます。

家族の急病

約束当日に家族の誰かが急病になり、病院に連れて行ったり、看病をしなければいけなくなることがあります。

体調不良と同じですが、家族の急病も突然起こる可能性があることなので、それが理由でドタキャンをされても「仕方ない」と考えることが出来ます。

他に付き添える人がいればいいですが、そうでない場合はそばにいてあげる必要があります。

会う約束のことよりも相手を心配する気持ちや、不安な気持ちの方が強くなるはずです。

大抵は、「お母さんのそばにいてあげてね」「また落ち着いたら連絡して」などの言葉をかけられる人が多いでしょう。

なので、家族の急病が理由のドタキャンは許せる範囲だと言えます。

許せない範囲

次に、許せない範囲のドタキャンをご紹介していきます。

許せない範囲のドタキャンをされてしまうと、ドタキャンされたことへの怒りや悲しみを強く感じるでしょう。

また、人によってはそういった感情を通り越し、呆れてしまうこともあります。

許せない範囲のドタキャンを、以下の5つに大きく分けました。

場所を間違える

場所を間違えたことによるドタキャンは、腹立たしい気持ちになるでしょう。

しっかり集合場所を確認しておけば間違えることはないし、「自己管理が出来ない」「自分のことしか考えていない」と思えてしまいます。

間違えた場所が近ければ会うことが出来ますが、遠かったり、全然関係のない場所に行っていたら、怒りを通り越して呆れるでしょう。

場所を間違えたことのない人からすると、場所を間違える意味が分からないし、どうしたら場所を間違えるのかを聞きたくなるはずです。

たとえ場所を間違えた相手に「今から向かうから待ってて」と言われても、場所を間違えられたことに気分が下がり、会う気は薄れてしまいます。

そんな状態で会ったとしても心から楽しめず、嫌な雰囲気になってしまうでしょう。

なので、場所を間違えたことによるドタキャンを許せないという人は多いのではないでしょうか。

場所を間違えないためには事前にしっかり確認し、余裕を持って到着出来る時間に家を出るようにしましょう。

場所だけではなく時間も同じですが、確認しておくことはとても重要です。

友達優先

友達優先が理由のドタキャンは、自分のことを大切にされていないように感じてしまうでしょう。

約束をしたのにも関わらず、友達を優先するのであれば最初から約束をするべきではありません。

緊急の用事以外は、先約を守る必要があります。

少なくともドタキャンをされるまでは楽しみな気持ちや、「どこに行こうかな」「何をしようかな」とワクワクします。

それなのに、「友達と遊ぶから会えない」と言われれば気分が下がり、悲しみや怒りなどの色々な感情で胸が一杯になってしまいます。

友達は大切だし、友達を優先したい気持ちは分かりますが、臨機応変に行動しなければいけません。

ドタキャンを小さなことと感じる人もいますが、そういった行動の積み重ねが信頼関係を壊すことに繋がります。

なので、友達優先のドタキャンは許せない範囲と言えるでしょう。

時間の勘違い

場所を間違えることと同じですが、時間の間違いは確認不足であり、自己管理が出来ていないと言えます。

会う約束をするときは事前に、何時に会うか、どこで会うかなどをメッセージや電話でやり取りをして決めます。

その段階でスマホのメモやスケジュール帳に書いておけば忘れることはないし、間違えることもないでしょう。

そういった行動は相手への気遣いであり、当たり前のことです。

ですが、それらのことが出来ていないことによって、場所や時間を間違えたり、ドタキャンをして相手を傷付けることになります。

1度だけなら許せるかもしれませんが、何度も同じことが続くと、付き合っていくことが嫌になるかもしれません。

どれだけ寛大で心が広い人でも、場所や時間の間違いでのドタキャンが続けば嫌気がさし、離れていくでしょう。

そうなってしまったときにはもう遅いので、時間の間違いでのドタキャンは許せる範囲とは言えません。

ペットの世話

ペットの世話
ペットを飼っている人は分かると思いますが、ペットはとても大切な家族の一員です。

ですが、ペットの世話を理由にドタキャンをされると、嫌な気持ちになる人が多いと考えられます。

ペットの世話をしなければいけないのであれば、最初から会う約束をするべきではありません。

また、ペットの世話をする必要があるということを、約束する前に知っておく必要があります。

なので、ペットの世話を理由のドタキャンは許せないという人が多いでしょう。

ペットは大切ですが、気持ちの良い理由ではないので注意が必要です。

自分の予定をしっかり確認してから約束をし、相手を嫌な気持ちにさせないようにしましょう。

ドタキャンの常習犯

どんな理由であれ、ドタキャンの常習犯は許せることではありません。

会う約束をするということは、一緒にいる時間を作ってくれるということです。

なので、どうしてもの理由がないとき以外はドタキャンをするべきではないのです。

ドタキャンの常習犯になると、たとえ本当に体調不良になっても信じてもらえなくなったり、気にかけてもらうこともなくなります。

また、ドタキャンを何度も繰り返すことで信用を失い、周りの人がどんどん離れていく可能性があります。

やむを得ない理由のドタキャンは仕方ありませんが、特に大した理由もないのにドタキャンを繰り返すのは、良いこととは言えません。

誰にでも言えることですが、周りの人と良い関係を保っていくためにも、ドタキャンは極力避けた方が良いでしょう。

約束を守れない男性の特徴13個

この世の中には、約束を守れない男性もいます。

そして、約束を守れない男性にはいくつかの特徴があります。

ここからは「約束を守れない男性の特徴13個」を詳しくご紹介していきます。

以下を参照し、約束を守れない男性の特徴を理解していきましょう。

気分屋

気分屋の男性は日によって気分が変わるので、約束を守れない人が多いと考えられます。

約束をしたときは行く気満々でも、当日になると突然面倒くさくなったり、乗り気じゃなくなってしまうのです。

気分屋の男性は自分の感情のコントロールが苦手で、そのときの気持ちだけで動いてしまう傾向があります。

約束を破ることも、「自分の気分が変わったのだから仕方ない」と考えているので、人を振り回していることに気付いていない場合もあります。

なので、約束を守れずドタキャンして相手を傷付けたり、怒らせてしまうのです。

最初は「〇〇くんは気分屋だから仕方ない」と思えても、何度も約束を破られれば怒りを通り越して呆れてしまうでしょう。

めんどくさがり

めんどくさがりな男性はどれだけ前から約束をしていても、面倒になると約束を破ると考えられます。

また、事前に約束をすることが苦手で、約束をせずに「今から会おう」「今から行くね」などと、そのときの気持ちで行動出来る方が良いと考えている人が多いでしょう。

面倒に感じなければ約束を守ってくれる可能性はありますが、「面倒くさい」という感情は突然湧き上がってくるものなので、そのときの気分で大きく変わるでしょう。

男性同士の付き合いなら良いかもしれませんが、女性からすると「面倒くさい」という気分だけで約束を破られると、悲しい気持ちになるでしょう。

めんどくさがりな男性は気分屋とも捉えることが出来るので、上手に付き合っていく必要があります。

ルーズ

ルーズな男性
よく時間にルーズという言葉を耳にしますが、ルーズな男性は気付かないうちに人を嫌な気持ちにさせることがあります。

たとえば、待ち合わせ時間がお昼の12時だったとします。

普通の人であれば時間に余裕を持って着くよう家を出ますが、ルーズな男性は5~10分平気で遅刻してくる場合があります。

また、何時間単位で遅刻をする男性もいるでしょう。

そこで遅刻したことを謝ればまだ許せますが、遅刻してきたにも関わらず謝らない人もいます。

自分が悪いということを分かっていれば謝りますが、謝らないということは悪いと感じていないことになります。

そういった男性は平気で約束を破り、嫌な思いにさせていることに気付けない可能性が高いです。

自己中心的

自己中心的な男性は、「自分が中心」「自分が一番」と考えがちで、自分の軽率な行動がどれだけ人を傷付けるかを分かっていない人が多いでしょう。

なので、約束を破っても自分が悪いと考えず、反省することもないと考えられます。

たとえ約束を破られたことに傷付いたと伝えても、自分が悪いとは考えず、逆に相手を責める可能性もあります。

自分を中心に考えていることで人の意見に耳を傾けることはなく、気を配ることもないでしょう。

自己中心的な男性と付き合っていくことは難しく、振り回されることが多いと考えられます。

なので、一緒にいるだけで疲れたり、強いストレスを感じてしまう女性もいるはずです。

男性だけに限らず自己中心的な人は、「自分が中心」「自分が一番」という考え方を直さなければ、変わることはありません。

「自分の考えは間違っていた」と素直に認めることが出来れば、約束を破って人を傷付けることはなく、少しずつでも人の気持ちを考えて行動出来るようになるはずです。

自分に甘い

自分に甘い男性は、どんな場面でも自分にとって楽な道を選びたがる人が多いと考えられます。

また、楽観的で細かいことは気にしないとも考えられます。

たとえば大抵の人は約束の当日、どれだけ眠くても余裕を持って起床し、待ち合わせ時間に間に合うように準備をして家を出ます。

ですが、自分に甘い男性はたとえ起きられたとしても、「眠いから今日は行くのやめよう」「時間を変更してもらおう」などと自分に甘えて楽な道を選んでしまいます。

こういった甘えが、たくさんの人を傷付けてしまうのです。

自分自身では自分に甘いということに気付けていないので、相手が傷付いていても気付くことが出来ません。

また、自分に甘い男性は他人に厳しい傾向があるので、普段自分がしていることを他人にされると、腹を立たせる可能性があります。

マイペース

マイペースな男性は、自分のペースで行動することを重視し、他人にペースを崩されることを嫌います。

ルーズな男性と似ていますが、マイペースな男性は時間に遅れてきたり、深く考えず約束を破ることがあるでしょう。

自分のペースを大切にしているので、あまり周りのことを見ていないのです。

なので、たとえ傷付けてしまっても気付くことが出来ず、またさらに傷付けてしまう可能性があります。

マイペースは長所でもありますが、ときと場合によっては短所に変わってしまうのです。

マイペースな男性と波長が合う女性は一緒にいて疲れることはありませんが、それ以外の女性は疲れてしまうこともあるでしょう。

マイペースな男性と付き合っていくとなると、ほとんどの場合は相手のペースに合わせる必要があるので、なかなか簡単なことではないでしょう。

想像力がない

想像力がないということは、約束を破ることでどれだけ相手が嫌な気持ちになるのかを考えられないということです。

想像力がない男性は自分の行動や言動で周りの人がどんな気持ちになるかを考えられず、知らず知らずのうちに傷付けてしまう可能性が高いです。

少しでも人の気持ちを考えることが出来たら、簡単に約束を破ることなどしないはずです。

人を傷付けていることや、怒らせていることに自分で気付けないので、伝えるまで反省をすることはないでしょう。

悪気があって約束を破っているとは考えにくいですが、どちらにしろ想像力がないことで多くの人を不快な気持ちにさせてしまいます。

想像力がない男性は伝えないと気付かないので、「この人想像力がないな」「自分のしたことに悪気を感じてないな」と思ったら、素直に嫌だと感じたことを伝えると良いでしょう。

伝えることで改善される見込みがあるので、我慢せず伝えることをおすすめします。

健康状態が悪い

健康状態が悪い男性は、自己管理力が低い人が多いと考えられます。

仕事や遊びなど、何をするにも健康が大切です。

なので、健康状態が悪いと何のやる気や意欲も起きず、全てのことが疎かになってしまいます。

自分だけが困ることなら良いですが、人間関係までも疎かになってしまうことで、たくさんの人を嫌な気持ちにさせます。

健康状態が悪い男性は自分の健康状態の悪さに気付けず、無理をする人も多いでしょう。

最初は周りの人から心配されますが、そのうち「自己管理が出来ていない」「自業自得」などと思われるようになるでしょう。

健康状態が悪いことも自己責任ではあるので、健康的でいる努力をする必要があるのです。

体調を悪いことに約束を破ることは、結局は自己管理の低さが原因なので、自己責任だと言えるのです。

健康状態が悪い男性と一緒にいると、自分までもが体調を崩してしまう可能性も十分に考えられます。

忘れっぽい

忘れっぽい男性は約束を忘すぐに忘れてしまうので、約束を破る人が多いと考えられます。

また、忘れたことにすら言われるまで気付くことが出来ないでしょう。

女性は、「大切にされていない」「私のことをしっかり考えてくれていない」と思う人が多いですが、忘れっぽい男性は誰に対しても忘れっぽいのです。

約束だけではなく、自分のやるべきことすらも忘れてしまう可能性があります。

たとえば、一週間後までにやらなければいけない仕事があったとしても、いつまでにやるべきことなのかを忘れてしまったり、他のことをやっているうちにその仕事をすることも忘れてしまうなんてこともあるでしょう。

忘れることは誰にでもありますが、忘れないための心がけをしている人は、どんなに小さなことでも忘れることはありません。

ましてや大事なことを忘れることなど、高確率であり得ないのです。

忘れないためには、「しっかりメモを取っておく」ということが最も大切です。

そういった心がけが出来ない男性は、忘れっぽいことを改善するのは難しいでしょう。

配慮できない

配慮が出来ない男性は、人の気持ちを考えて行動することが苦手だと考えられます。

配慮が出来れば約束を破ることはないので、人を嫌な気持ちにさせることもありません。

ですが、配慮が出来ない男性は簡単に人を傷付け、悲しませてしまいます。

特に配慮が出来ない男性と付き合うと、「どうしてこんなことも気を遣えないの?」ということで振り回されてしまう可能性があります。

配慮をするためには細かいところまで気にしたり、人の行動や表情を見る必要があります。

そういったことが出来なければ、配慮することも出来ません。

また、配慮できない男性は人を振り回したり、傷付けていることに気付きにくいと考えられます。

なので、配慮が出来ない男性と付き合っていくには、かなりの忍耐強さが必要です。

女性は細かいところまで配慮してくれる男性を好む人が多いので、配慮が出来ない男性に良い印象を抱くことはないでしょう。

部屋が汚い

汚い部屋
部屋が汚いことで起こることは、やる気や意欲の喪失です。

普段仕事で忙しく帰りが遅いことが多いと、部屋の掃除をする時間がなくなります。

また、休日に部屋の掃除をしようとしても、疲れが溜まっていて一日中寝てしまったり、休日だからこそ友達と遊びに行くなどして、部屋の掃除を怠ってしまいがちです。

そういったことの積み重ねが部屋を汚くし、気分まで下げてしまうのです。

なので、部屋が汚い男性は自分のやる気や意欲が起こらないと、平気で約束を破る可能性があります。

小さなことかもしれませんが、部屋が汚いことにはデメリットがたくさんあるのです。

部屋を掃除し、綺麗に保っていけば気分がスッキリし、やる気や意欲も上昇していくでしょう。

そうすれば、約束を破る可能性は低くなるはずです。

計画性がない

計画性がない男性は、約束の当日に他の予定を詰め込み、時間に間に合わなくなったり、急に来れなくなるという可能性があります。

計画性さえあればそういったことにはなりませんが、計画性がないことで相手を振り回してしまいます。

一日は24時間しかないので、計画性を持って予定を立てることが大切です。

大抵の人はそのことを理解していますが、計画性のない男性はそこまで考えが回らないのです。

「何とかなる」という楽観的な一面もあるので、無理な予定を立ててしまうと考えられます。

計画性がない男性は、計画性を持って行動が出来るように周りのサポートが必要です。

欲張り

欲張りな男性は、自己中心的な人が多いと考えられます。

「自分が良ければそれでいい」という考えを持っているので、行動や言動が自分中心になりがちです。

なので、周りに気を配ることが苦手で、平気で約束を破る可能性が高いです。

また、欲張りというだけあり他の人よりも欲が強いので、いくら約束をしていても他に興味をそそるものがあれば、そちらを優先する可能性もあります。

結果的には欲張りな男性のペースに飲まれ、振り回されてしまうのです。

誰しも何かに対して欲はありますが、人を振り回したり、傷付けることは良いこととは言えません。

そういった点から、欲張りな男性と一緒にいると疲れてしまう女性は多いでしょう。

ドタキャンしない男性を見つけて幸せになろう

「ドタキャン理由で許せる範囲と許せない範囲の境界線」と「約束を守れない男性の特徴13個」の2つについてご紹介してきました。

ドタキャンには許せるものと許せないものがありますが、結果的にはどんな理由であれドタキャン自体は良いこととは言えません。

もちろん身内の不幸や、家族が体調不良になったりなど、命に関わることは別です。

ドタキャンは誰にされても悲しい気持ちになるし、腹が立つこともあります。

「ドタキャンされるぐらいなら別の予定立てられたのに」「もっと早く言ってくれればよかったのに」など、人それぞれ感じることがあります。

ドタキャンをされて良い気持ちになる人はいないし、大抵の人は気分が下がってしまうのです。

だからこそ、しっかり約束を守れることはもちろん、ドタキャンをしない男性と付き合っていくことが重要です。

そうすれば振り回されることはなく、ドタキャンの嫌な気持ちを味わうこともありません。

なので、ドタキャンをしない男性を見つけて幸せになりましょう。

そのためには、相手の行動や言動をしっかり見極めることが大切です。