マナーが悪い女性の行動17選!そんな行動はすぐやめて、出会いの場で使える上品な振る舞い術10選でモテちゃおう!について
皆さんは、「私はマナーが良い」と胸を張って堂々と言えるでしょうか。

マナーが良いか悪いかで周りの人からの印象を大きく変えます。

そして、人としても女性としてもどういう人間なのかを判断されます。

ここでは、「マナーが悪い女性の行動17選」と「上品な振る舞い術10選」の2つについて詳しくご紹介していきます。

この機会に自分をしっかりと振り返り、マナーの良い女性になる心がけをしていきましょう。

マナーが悪い女性は周りから嫌われる

「マナーが悪い女性をどう思いますか?」という質問に対して、ほとんどの人が「あまり好きではない」「関わりたくない」と答えるでしょう。

特に、男性はマナーが悪い女性に対しての印象があまり良くないと考えられます。

もちろん男性に限ったことではく、マナーが悪い女性は周りの人から嫌われてしまう可能性が高いです。

街中を歩いているときや、電車の中などでマナーが悪い人を見かけることがありますが、ただ見かけるだけでも気分が悪くなったり、「あんな人とは関わりたくない」と思うはずです。

自分のマナーの悪さに気付けていないだけで自分の価値や評価を下げてしまうし、自分の人間性の低さを周りの人に堂々と公表していることになるので、とても恥ずかしいことだと言えます。

マナーが悪いと男からも女からも印象最悪

マナーが悪いと男性からも女性からも印象が悪くなってしまいます。

また、マナーが悪いことで初対面の人だけではなく、今まで仲良くしていた友人を失ってしまう可能性も十分に考えられます。

自分1人しかいないときならまだしも、周りに人がいるときは最低限のマナーを心がける必要があります。

それが出来なければ、周りの人に「マナーが悪い人だな」「こんな人にはなりたくない」などと思われてしまうかもしれません。

誰から見てもマナーが悪い人の印象は良くないので、自分や今後の生活のためにもマナーの悪さを治す改善策を考えることが重要です。

自分の行動も振り返ってみよう

マナーの悪さを直すためには、自分の行動を振り返る必要があります。

自分ではマナーが悪いと思っていなくても、知らぬ間にマナーの悪さが現れてしまっている可能性があります。

最低限の心がけをしなければ、マナーの悪さが改善されることはありません。

なので、この機会に自分の行動を振り返ってみましょう。

日頃自分が人に対してどのように接しているか、街中や電車の中でどんな行動をしているかなどをしっかり振り返り、少しでもマナーが悪いと思ったら改善する努力をしましょう。

今からマナーが悪いことに気付いて改善する努力を始めても、決して遅くはありません。

逆に「別にマナーが悪くても良い」と開き直ったり、マナーが悪いことをそのまま放っておくのは良いことだとは言えないので、しっかり自分を振り返ることをおすすめします。

マナーが悪い女性の行動17選

「マナーが悪い行動ってどんな行動なの?」と疑問を抱いている人もいるでしょう。

マナーが悪い行動でも、日頃からやり続けていると自分の中でその行動が当たり前になり、「私がしていることってマナーが悪いんだ」と気付くことはありません。

ここからは、「マナーが悪い女性の行動17選」をご紹介していきます。

以下のことを参考にし、自分に当てはまる行動があれば改善していきましょう。

食べ方が汚い

食べ方が汚い人と一緒に食事をしているとマナーが悪いと感じるだけではなく、「一緒に食事をしたくない」「恥ずかしい」と思う人も多いでしょう。

また、せっかく美味しいものを食べていても、味わって食べることが出来なくなるでしょう。

食べ方が汚い人の特徴は、「口に食べ物が入っているのに喋る」「クチャクチャと音を立てて食べる」「一気に食べ物を口の中にかきこむ」などが挙げられます。

これらの行動をしてしまうと、「食べ方が汚い」「マナーが悪い」と思われることに繋がります。

外で食事をしているときは一緒に食べている相手だけではなく、周りにたくさんの人がいます。

自分では食べ方を見られていないと思っていても、どこで誰に見られているか分かりません。

食べ方が汚いことで周りの人に不快な気持ちを与えてしまうので、十分注意する必要があります。

電車の中でメイク

電車の中でメイクをする女性
電車の中でメイクをしている女性を見たことがある人は多いのではないでしょうか。

メイクは女性にとって欠かせないものではありますが、電車の中でするものではありません。

特に電車は多くの人が利用するので、電車の中でメイクをしてマナーが悪いと思われても仕方ないかもしれません。

通勤や帰宅時間などが重なるラッシュ時は「疲れた」「早く帰りたい」などと心に余裕がなくなっている人も多くいるので、マナーが悪い行動をするとそういった人の心を余計に刺激し、トラブルになる可能性も十分考えられます。

家でメイク出来るように余裕を持って起きたり、メイク直しをするのであれば電車の中ではなく、トイレやメイクルームで行うようにしましょう。

電車の中で飲食

メイクと同様に、電車の中で飲食をしている人を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

電車に乗ってお腹が空くことや、朝食べる時間がなくて何かを口にしたくなることはありますが、電車の中での飲食はたくさんの人に迷惑がかかります。

いくら気を付けていたとしても、飲み物が隣に座っている人にかかったり、食べ物の匂いで気分が悪くなる人がいる可能性もあります。

電車はたくさんの人が1つの箱の中にいると考えれば、自分勝手な行動がどれほど周りの人に迷惑をかけるかが分かるはずです。

「知らない人だから」「友人じゃないから」などの理由を並べるのではなく、知らない人だからこそ最低限の気遣いが必要なのです。

しっかり食事をしてから電車に乗ったり、どうしてもお腹が空いたら多少我慢するなどの心がけが大切です。

ゴミのポイ捨てをする

ゴミのポイ捨ては、マナーが悪いと思われる行動の1つです。

街中を歩いていたり、車を運転しているとよくポイ捨てされているゴミを見かけることがありますが、ポイ捨てされているゴミを見て気分が良くなる人などいないでしょう。

また、そのゴミを拾う活動をしている人たちもいるので、かなりの迷惑がかかっていることが想像出来ます。

ポイ捨てをする人がいなくなれば街中がもっと綺麗になり、嫌な気持ちになる人も減るはずです。

自分のことだけではなく周りの人のこともしっかり考え、ポイ捨てをしないよう注意が必要です。

ゴミが出たときはきちんとゴミ箱に捨てるか、自宅に持ち帰るかなどを心がけ、ポイ捨ては避けましょう。

歩きスマホをする

歩きスマホ
スマホが普及されてから、歩きスマホが大きな問題になっています。

歩きスマホによって起こったトラブルや事故は少なくありません。

歩きスマホをするとスマホの画面にしか集中出来なくなり、周りのことが見えなくなります。

なので、人にぶつかったり、車や自転車に気付かず事故に巻き込まれてしまう可能性が高くなります。

家の中でスマホを触るのは良いですが、外に出ると人がたくさんいるので、歩きスマホを控える必要があります。

良かれと思ってしたことでも多くの人に多大な迷惑をかけ、自分までも嫌な思いをする可能性が高いので、マナーが悪い歩きスマホは避けましょう。

脚を開いて座る

脚を開いて座っている人を見かけたことがある人は多いでしょう。

特に、電車の中で見かけることが多いのではないでしょうか。

脚を開いて座ることによって近くに座っている人に迷惑がかかり、「マナーが悪い」「礼儀がなってない」と思われる可能性が高いです。

また、女性が脚を開いて座っていたら、「女性らしさがない」「恥ずかしい」と思われてしまう可能性もあります。

日頃から脚が開いてしまうという人は、開かないように意識する必要があります。

そして、脚が開いていると気付いたら、すぐに閉じるように心がけましょう。

最初は大変かもしれませんが、少しずつ意識して改善する努力をすれば、脚を開いて座ることはなくなるはずです。

とにかく大きな声で話す

大きな声は周りの人に不快感を与え、多大な迷惑をかける可能性がとても高いです。

特に飲食店などの人が多く集まる場所で大きな声で話すと、マナーが悪いと思われるでしょう。

そして、マナーが悪いと思われるだけではなく、「自分勝手」「気遣いが出来ない」などと思われることもあるでしょう。

話す声のボリュームはその場の雰囲気をしっかり考え、自分で調節する必要があります。

「ここは静かにしなければいけない」「声の大きさに気を付けなければいけない」と自分で気付き、大きな声で話さないように心がけましょう。

そうすれば声が大きくなることはなく、その場にいる人の気分を害することはないはずです。

少しの意識と気遣いで印象や状況は大きく変わるでしょう。

言葉遣いが汚い

言葉遣いが汚い人に対して良い印象を抱く人はあまりいないでしょう。

特に女性で言葉遣いが汚いと、男性からの印象は下がるでしょう。

言葉遣いが汚いことで、「下品」「女性らしさがない」と思われ、その気持ちがマナーが悪いと思われることに繋がります。

社会人になると言葉遣いがとても重要になり、言葉遣いが良いか悪いかによって印象に大きく差が出ます。

日頃から言葉遣いが汚いと、どれだけ職場の上司や先輩の前で言葉遣いを良くしようとしても、隠しきれず言葉遣いが悪い女性だとバレてしまいます。

ですが、言葉遣いの悪さは少しの意識で改善することが出来るので、自分の言葉遣いが悪いと思ったら改善する努力をしましょう。

人の悪口を言う

悪口を言う女性
人の悪口を言う行為は、マナーが悪い行動の1つです。

人の悪口を言うことは周りの人に不快感を与えるだけではなく、自分の価値や評価も下げてしまいます。

「自分のしたことは自分に返ってくる」という言葉をよく耳にしますが、この言葉の通り、人の悪口を言えばそのうち自分も悪口を言われるようになります。

そこで、「何で悪口を言われなきゃいけないの?」と思ったとしても、自分がしたことが自分に返ってきたと認めるしかありません。

悪口を言っているときは楽しいかもしれませんが、自分の知らない間に自分の価値や評価を下げ、周りの人たちがどんどん離れていくのです。

人の悪口を言うことで得られる幸せなど何1つないので、人の悪口を言うことは控えるべきです。

相手に対して不満があるのなら、陰でコソコソ悪口を言うのではなく、相手を傷付けない伝え方で直接伝えることが重要です。

見知らぬ人を笑う

見知らぬ人を笑うという行為は、人として絶対にしてはいけないことです。

マナーが悪いと思われるだけではなく、「人として恥ずかしい」と思われる可能性があります。

見知らぬ人の見た目を笑ったり、悪口を言う人がいますが、そういった心無い行動が人を傷付け、トラウマとして相手の心に残してしまいます。

もう二度と会うことがない人だったとしても、自分の軽率な行動が相手を一生苦しめてしまうこともあるのです。

もし、自分が見知らぬ人に笑われたらどんな気持ちになるかを考えれば、そんな行為は出来ないはずです。

自分の行動や言動が人にどんな影響を与えるかをしっかり考え、傷付けるような行為をしないように注意しましょう。

どんな理由であれ、人を傷付けても良い理由など1つもないのです。

大口を開けて笑う

面白いことや楽しいことがあると思いっきり笑いたくなりますが、大口を開けて笑うことはマナーが悪い行動の1つです。

特に女性が大口を開けて笑っていたら、男性から「品がない」「清潔感がない」と思われる可能性が高いです。

せっかく楽しくて笑っているのに、マナーが悪いと思われてしまうのはとても残念なことです。

笑うことは良いことですが、「笑顔が素敵だな」「元気で明るい人だな」と思ってもらうためにも、大口を開けて笑うことは避けた方が良いでしょう。

笑い方は自分で意識しなければ改善出来ないので、笑うときはマナーが悪い笑い方になっていないかをしっかり考えることが大切です。

あくびやくしゃみを手で押さえない

あくびをする女性
あくびやくしゃみを手で押さえない行動は、マナーが悪い行動の1つです。

「人のことを考えられないんだ」「女性らしさや清潔感がないな」などと思われ、周りの人に不快感を与えてしまう可能性があります。

また、話しているときに突然あくびやくしゃみをされると、話す気をなくしてしまう人もいるでしょう。

あくびやくしゃみは生理現象なので仕方ないですが、しっかりと手で押さえることは最低限のマナーであり気遣いです。

手で押さえて「すみません」「失礼しました」と一言添えるだけで、印象は大きく変わります。

そういったマナーが守れず、気遣いが出来ないと多くの人に不快感を与えてしまうので、十分注意が必要です。

自分1人のとき以外にあくびやくしゃみをするときは、しっかりと手で押さえて精一杯の敬意を払いましょう。

TPOを考えない服装

TPOとは、「時間」「場所」「場合」の英語の頭文字を取ったものですが、TPOを考えない服装はマナーが悪い行動の1つです。

たとえば、「職場での露出度が激しい服装」「結婚式で花嫁より目立つドレス」「山登りやキャンプなどのアウトドアでヒールやミニスカート」など、TPOを考えない服装は決してマナーが良いとは言えません。

女性なら誰しも「自分を良く見せたい」「オシャレでいたい」という気持ちを持っていますが、TPOをしっかり考えた範囲内で服装を決める必要があります。

職場で露出度が激しい服装をしなくてもオシャレに見せることは出来るし、結婚式にふさわしいワンピースやドレスはたくさんあります。

TPOを考えた服装でオシャレをすれば、周りの人からマナーが悪いと思われることはありません。

服装は良くも悪くも印象を大きく左右するので、TPOを考えた服装を心がけましょう。

集団で自分勝手な行動をとる

集団行動では、どれだけ周りの人に合わせて行動出来るかが重要になります。

自分の意見を伝えることも大切ですが、そのときは周りの人のことを考えた伝え方をする必要があります。

集団で自分勝手な行動を取ることによって、「自己中心的な人」「協調性がない」などと思われ、その気持ちが「あの人はマナーが悪い」という気持ちに繋がります。

自分1人であればどんな行動を取っても文句を言われることはないですが、誰かと一緒にいるときは自分勝手な行動を控えなければいけません。

細かな気配りが出来ないことによって自分勝手になってしまうので、集団で行動するときは最低限の気配りが必要です。

約束を守らない

皆さんは、約束を守らない人にどういう印象を抱くでしょうか。

少なくとも、良い印象を抱く人はほとんどいないはずです。

たとえば、休日に友人と遊ぶ約束をしていたとします。

待ち合わせ場所に着いたとき、「寝坊したから今日は行けない」「面倒くさいから今日は無しにしよう」などと言われて約束を破られたら、一気に気分が下がってしまうでしょう。

また、「もうこの人とは遊びたくない」「関わりたくない」と思う人もいるはずです。

どうしても約束を守れない理由があるのなら仕方ありませんが、大した理由もなく約束を破られてしまうと、今後関係を続けていけるか不安になるでしょう。

約束は守るためにあるので、守れなければ約束をする意味はありません。

体調不良や身内の不幸などの仕方ない理由は良いとしても、その日の気分や相手の勘違いなどで約束を破られて良い気はしないでしょう。

1度約束を破っただけでも相手によっては関係に亀裂が生じる可能性があるので、守れない約束はするべきではないのです。

物を乱暴に扱う

物を乱暴に扱う人に対して、良い印象を抱く人はほとんどいないでしょう。

たとえば、ドアを勢いよく閉めたり、お皿やコップの音を立てて乱暴に置くなどの行為は、周りの人から「怖い人」「物を大切に扱えない人」などと思われ、そういった気持ちが「マナーが悪い」と思われることに直結します。

「物を乱暴に扱うくらいでどうしてマナーが悪いと言われるの?」と思う人もいるかしれませんが、大きな物音が苦手な人や、突然の物音にビックリする人はたくさんいます。

自分では「そんなこと」と思うことでも、周りの人が自分と同じ考えを持っているとは限りません。

たとえ小さなことでも、常に周りの人のことを考えて行動する必要があります。

また、物を乱暴に扱われて自分がどう思うかを、逆の立場になって考えることも大切です。

冠婚葬祭のルールを知らない

冠婚葬祭のルールは、一般常識としてしっかり身に付けておく必要があります。

ルールを知らないことで、周りの人から「礼儀が悪い」「知識不足」などと思われてしまう可能性があります。

身だしなみはもちろん、結婚式やお葬式での行動や言動には十分注意が必要です。

特に日本はルールに厳しい国なので、「こんな細かいところまで?」と思うようなことも日本にいる以上は守らなければいけません。

冠婚葬祭は人生の中で何度か参加しなければいけないものなので、しっかりとルールを身に付け、マナーが悪くならないように心がけましょう。

特に一度も冠婚葬祭に参加したことのない人は、事前にルールやマナーを身に付けておくと良いでしょう。

上品な振る舞い術10選

上品な振る舞い術
ここまで、「マナーが悪い女性の行動17選」をご紹介してきましたが、ここからは「上品な振る舞い術10選」をご紹介していきます。

以下のことを参考にし、上品で素敵な女性を目指しましょう。

動作がゆっくりめで余裕のある行動をする

皆さんは、せっかちな行動やいつも慌ただしく動いている人にどんな印象を抱くでしょうか。

少なくとも、良い印象を抱く人はほとんどいないはずです。

自分の動き方1つで、周りの人からの印象を大きく変えます。

なので、動作がゆっくりめで余裕のある行動を心がけましょう。

時間や心に余裕がなくなると、せっかちになったり、バタバタと慌ただしくなります。

そういった落ち着きのない行動は周りの人に不快感を与える可能性があるので、ゆっくりとした余裕のある行動が大切です。

常に時間や心に余裕を持って行動すれば、周りの人の気分やペースを乱すことはないでしょう。

きれいな姿勢を保つ

綺麗な姿勢の女性に魅力を感じる人は多いでしょう。

逆に、姿勢の悪い女性が良い印象を抱かれることはほとんどないと考えられます。

背筋をしっかり伸ばすだけで女性らしさを感じられるし、存在感もあります。

疲れていたり、体がだらけてしまうと猫背になったり、姿勢が悪くなってしまいますが、どんな状況であれ綺麗な姿勢を保つことを心がけましょう。

綺麗な姿勢を保つためには日頃の意識が欠かせないので、「姿勢が悪くなってる」と感じたらすぐに正すようにしましょう。

日々の積み重ねが綺麗な姿勢を保たせ、より美しく上品な女性に見せることが出来るはずです。

ゆっくりと喋る

ゆっくりと喋ることで、聞き手が気持ち良く話を聞くことが出来ます。

早口で話したり、強い口調で話してしまうと威圧感があり、相手を嫌な気持ちにさせる可能性があります。

なので、話すときはスピードを意識し、相手が理解しやすいように話すことが大切です。

ゆっくりと喋ることを意識すれば、初対面の人からでも良い印象を抱かれるはずです。

話しているときに自分の話すスピードや、相手が話についていけているかなどを頭の中で確認しながら話すと良いでしょう。

頭で考えてから話す

自分の意見や考えを話すときは、しっかり頭で考えてから話すことが大切です。

頭で考えず話してしまうことによって、周りの人を傷付ける可能性があります。

また、「気遣いが出来ない」「人の気持ちを考えられない」と思われてもおかしくありません。

自分の気持ちをどう伝えるかによって、捉え方も変わってきます。

なので、頭で考えてから話すことを意識しましょう。

自己主張をしすぎたり、感情的になることは避けた方が良いです。

きれいな言葉を選ぶ

言葉遣いが汚い女性の印象は悪いので、話すときは綺麗な言葉を選ぶことが大切です。

特に、自分より目上の人に対しては言葉遣いに注意しなければなりません。

「おはようございます」「お疲れ様でした」の挨拶はもちろん、普段の生活で敬語を使うことを忘れてはいけません。

また、マイナスな話をすると言葉遣いが汚くなってしまう可能性があるので、人の悪口や仕事に対しての愚痴を言わないことも重要です。

そして、目上の人だけではなく、親しい友人への言葉遣いも注意が必要です。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉の通り、どれだけ親しい友人であっても荒々しい言葉遣いではなく、綺麗な言葉を選んで話すことを心がけましょう。

美しく食事をとる

食事のとり方1つで、印象は大きく変わるでしょう。

食べ方が汚い人と食事をしていても、美味しさや楽しさを感じることは出来ません。

なので、綺麗に美しく食事をとることが大切です。

たとえば、「口の中にものが入っているときは喋らない」「音を立てて食べない」「箸の持ち方を正す」など、美しい食事のとり方はたくさんあります。

こういったことが出来る女性はとても魅力的で、美しいです。

食事のマナーをしっかり理解し、一緒に食事をする相手に不快感を与えないよう心がけましょう。

人の気持ちを考えて行動する

人の気持ちを考えて行動することは、どんな場面でも欠かせないことです。

初対面の人や職場の人に限らず、仲の良い友人などの気持ちもしっかり考えて行動することが大切です。

人の気持ちを考えて行動出来る女性は、誰からも好印象を得ることが出来たり、色々な人と良い関係を築いていくことが出来るでしょう。

自分のことだけを考えて行動していると周りの人を振り回したり、嫌な気持ちにさせます。

ですが、常に相手の立場になって物事を考えれば、自分勝手な行動をすることはないはずです。

人の気持ちを考えて行動することこそ、優しさや思いやりだと言えます。

上品な笑顔で笑う

大口を開けて笑ったり、ゲラゲラと大きな声を出して笑うのではなく、上品な笑顔で笑うことが大切です。

上品な笑顔は美しく、謙虚で優しい印象を抱かれるでしょう。

たとえば、口元を手で隠して笑ったり、微笑むように笑うなど、上品な笑い方はいくつかあります。

このように上品な笑顔で笑うことを心がけていれば、周りの人を元気にさせたり、リラックスさせることが出来るはずです。

また、男性からモテる可能性がとても高いです。

笑い方1つで印象が大きく変わるので、上品な笑顔を常に心がけましょう。

口を手で隠す

先ほど、マナーが悪い女性の行動に「あくびやくしゃみを手で押さえない」とありましたが、あくびやくしゃみをするときに口を手で隠すことは上品な振る舞いの1つです。

また、笑うときや食事のときも口を手で隠すと印象が良くなるでしょう。

そういった振る舞い1つで周りの人からの印象は変わり、魅力的な女性に見せることが出来ます。

「周りの人のことを考えている」「女性らしくて上品」などと思われる可能性がとても高いので、あくびやくしゃみをするときは口を手で隠しましょう。

1人でいるとき以外は、些細な行動でも気を配る必要があります。

面倒くさいと感じる人もいるかもしれませんが、こういった些細な行動の積み重ねが自分の価値や評価を上げるのです。

周りの人を気遣う

周りの人への気遣いは、人と関わっていく以上大切にしなければなりません。

たとえば、「自己主張しすぎない」「相手の立場になって考える」「誰に対しても優しく接する」など、周りの人を気遣う方法はたくさんあります。

こういった気遣いが自分の印象を良くし、さらには周りの人を温かい気持ちにすることが出来ます。

難しく考える必要はなく、どんなことが周りの人を悲しませ、そして喜ばせるのかをしっかり考えることが大切です。

気遣いが出来る女性はとても魅力的なので、日頃から周りの人への気遣いを忘れないようにしましょう。

マナーが悪いのを直すには勉強も必要

ここまで、「マナーが悪い女性の行動17選」と「上品な振る舞い術10選」の2つについてご紹介してきました。

街中を歩いていたり、車や電車に乗っているとマナーが悪い人を見かけることがあります。

マナーが悪いことによって周りの人を嫌な気持ちにさせ、かつ自分の印象を悪くしてしまいます。

そうならないためには、自分の行動を見直し、マナーが悪いと感じたら改善する努力が必要です。

しかし、マナーを直すには勉強が必要なので、どんなマナーを心がけるべきかをしっかり理解しましょう。

そして、上品な振る舞い術を参考にし、より素敵な女性へと変わっていきましょう。

自分の行動や言動がどれだけ周りの人に影響を与えるかを考えることが大切です。