革新的な人の特徴12個!そんな人との付き合い方と注意点とは?について
周りの人の固定観念や、実行している理由が分からないにも関わらず「昔からこうだから」という言葉にとらわれて、ルーチンワークをひたすら続けているという人もいるでしょう。

大半の人は、そうしたことに疑問を抱いてもなかなか改革のための行動に移すことはできません。

しかし中には、過去からの慣習や常識などを覆し、周りの人を納得させつつ全く新しい方法を提案して実行できる革新的な人も存在しています。

では、そんな革新的な人はどのような特徴を持った人なのでしょうか。

そうした革新的な人が周りにいる時はどのような付き合い方をしていけば良いのでしょうか。

また、もし自分自身が革新的な人である場合、周りと上手く付き合っていくために覚えておかなければならない注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

革新的な人にまつわる気になる点を全て解説していきます。

革新的とは?

「革新的な改革を実行して行こう」や「革新的な思考で仕事に取り組もう」という言葉を耳にすることは多いでしょう。

特に「働き方改革」が進められている現在では、そういった言葉を聞く機会は決して少なくありません。

ですが、そもそも革新的とはどういう意味なのでしょうか。

簡単な意味と使い方、そして革新的の対義語を把握しておきましょう。

意味

革新的という言葉を辞書で調べると「制度・組織・習慣などを改めて新しくしようとする様子」という意味が載っています。

すなわち「革新的な人」とは「今までの風習にとらわれず、改善すべき点を改善する人」だと解釈することができるでしょう。

頭で「この○○という風習が××になったら良いのに」と考えるだけではなく、実際に行動に移せる人を「革新的な人」と表現することができます。

また、革新的の対義語としては「保守的」という言葉が知られています。

保守的とは、従来からの価値観や伝統、習慣や制度などを尊重して革命などの急激な改革に対して反対する様子を意味します。

そのため、革新的な人と保守的な人は対立することも少なくはないでしょう。

ドラマなどでは保守的な上司や先輩に対して、若手社員が革新的な行動をすることでクーデターを起こす様子がよく描かれますが、当然ながら革新派と保守派は年代で決められるわけではありません。

若くても保守的な考えを持った人もいますし、年齢を重ねていても常に革新的な考え方を持っている人もいます。

革新的な人の特徴12個

革新的な人が近くにいると、古くても意味がない慣習はどんどん新しいものになっていき過ごしやすくなることもあるでしょう。

では、そんな力を持った革新的な人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

ここでは、革新的な人がよく持つと言われている12個の特徴を解説していきます。

自分自身の周りに革新的な人がいないかどうか気になる場合は、特徴を少しでも多く持った人を探してみると良いでしょう。

好奇心旺盛

革新的な人は、常に新しい情報を仕入れてそれを実行に移そうとしています。

そのため革新的な人は基本的に好奇心旺盛で、気になることがあれば何でも挑戦していくようなタイプの人が多いと言われています。

好奇心が旺盛なため、一つのことだけにこだわることなくどんどん新しいことへと挑戦していきます。

そのため自分が所属する環境と他の環境を比較することができ、自分が所属する環境の改善すべき点に関しては過去の慣習にとらわれることなく柔軟な発想で改善点を提案できるのです。

エネルギッシュ

エネルギッシュな女性
好奇心旺盛なだけでは、革新的な人になることはできません。

革新的な人は好奇心が他の人よりも旺盛であるだけではなく、抱いた好奇心を行動に移せるエネルギッシュさも持っています。

そのため周りの人に比べて体力があり、周りの人の数倍も動いて見えることもあるでしょう。

エネルギッシュだからこそ、気になったことをとことんまで追求し改善のための具体的な提案を出すことができるのが革新的な人の特徴です。

単に陰で不平や不満を口にするだけではなく、実際にそれをどう改善していくかということを考えられるのは、紛れもなく革新的な人の長所だといえるでしょう。

向上心がある

現状に満足してしまう人は、改善点を思い浮かべることもありません。

与えられた環境になんの疑問も抱かない人は、改善案を出して革新的に行動していくことはできないでしょう。

革新的な人がどんどん革新的に行動できる理由は、強い向上心を持っているからなのです。

向上心が強いからこそ、どうすればさらにステップアップできるかを常に考えることができます。

自分自身の状態を改善していくだけではなく、自分の所属するチーム、所属する部署、所属する会社というようにどんどん広い視点を持っていくこともできるでしょう。

経験を積んで知識が増えれば増えるほど、どんどん改善点を見つけることが得意になっていきます。

そのため、自分で行動の責任が取れる立場になることでさらに能力を発揮することもあります。

自分に自信を持っている

自分に確固たる自信を持っているのも革新的な人の特徴でしょう。

どんなに改善点を思い浮かべることができても、自分に自信がない人の場合はそれを周りの人に発信することはできません。

自分から自主的に発言できないため、周りの人からは何も考えていないと思われて軽んじられることもあります。

勇気を出して発言しても、自信がないと周りの人もついてきてはくれません。

しかし、革新的な人は違います。

自分に自信を持っているからこそ、同じことを言っていても発言に説得力が生まれます。

自分自身が行動するのはもちろん、周りの人を巻き込むことができるからこそ革新的な人の改善案は成功しやすいのです。

また、そうして自分の出した案が採用されて改善に成功することによって、革新的な人はさらに自分自身に自信をつけてさらに行動的になっていくでしょう。

クリエイティブ

独創的な発想を持ち、クリエイティブな行動ができるのも革新的な人の特徴だと言われています。

そもそも、現代の制度や慣習を新しくするためには、不満から改善点を見つけ出して案を作る必要があります。

得意な人にとってはあまり意識していないことかもしれませんが、案を作ること自体クリエイティブな能力がなければできないことなのです。

クリエイティブな発想ができるからこそ、自分がどのように動けば周りの人を動かすことができるかを考えることができます。

結果として、自分の作った改善案に多くの人を巻き込んで行くことができるのです。

ただしクリエイティブな発想が得意な革新的な人ですので、芸術家肌の一面もあり周りの人から理解されなかったり、誤解されてしまったりすることもあります。

失敗を恐れず挑戦できる

ちょっとやそっとの失敗に関してはそれほど恐れることなくアクティブに挑戦する強いメンタルを持っているのも革新的な人の特徴です。

革新的な人は自分自身の着眼点や考えに自信を持っているため、失敗することをそれほど恐れません。

「これが失敗するはずがない」と少し傲慢ともいえる考えを持っている場合もあります。

さらに失敗を恐れずに猪突猛進に挑戦するだけではなく、失敗をしないようにしっかり事前に調べることができる慎重さも持っています。

革新的な人は自分自身が敵を作りやすく、特に保守的な人からは嫌われることも知っているため、失敗しないように事前にしっかり下調べをするのです。

努力を怠らない

失敗を恐れない革新的な人は、さらに努力を怠ることはしません。

周りの人の目があるところで努力をすることによって自分自身に感化される人を増やすこともありますし、人の目がないところでもストイックに自分を律して努力を続けることができるマメさも持っています。

革新的な人はいつでも自由に行動しているだけに見えても、実際は陰ですさまじい努力をしていることも少なくはありません。

一度失敗すると周りの人が一気に敵に回ってしまう可能性を知っているからこそ、失敗しないようにしっかり努力をするのです。

普段は明るく自由奔放なだけに見えても、陰の努力を知ることで革新的な人の隠された魅力に気付くこともあるでしょう。

常にアイディアで溢れている

アイディアで溢れている女性
好奇心旺盛でチャレンジ精神にも溢れる革新的な人は、常に新しいアイディアで溢れています。

「ここをこうしたい」や「ここをこうした方が良いんじゃないか」という意識を持っているため、求められた時にすぐに革新的な考えを発表することができるのです。

普段から周りに対してアンテナを張り、自分には直接的に関係のない仕事でも改善すべき点がないかどうかを注意しているからこそ、このようにアイディアを持つことができるのです。

革新的な人も、最初から才能を発揮できる人はほとんどいません。

普段の注意深さの積み重ねによって、周りの人を驚かせるようなアイディアを持つことができるのです。

リーダーシップがある

革新的な人がどんなに有能な人であっても、何かを変える時に一人の力で成功させることはほぼ不可能です。

改善したいことが大きなことであればあるほど、より多くの人の力を借りる必要があるでしょう。

そのため、周りから革新的な人だと思われる人はリーダーシップがある場合がほとんどです。

リーダーシップがあるからこそ、自分の発言に周りの人を巻き込むことができます。

また、そうした人の力を借りることができるからこそ、革新的な行動も成功して革新的な人だという評価を受けるのです。

そのため、どんなに好奇心旺盛でアイデアを持っている人でもリーダーシップがないと革新的な人だと評価されることはありません。

革新的な人だと思われるためには、帝王学などを学んでリーダーシップを身に付けることも重要です。

すぐに行動できる

何かを改善したいと思った時、本当に改善して良いのかどうか、周りから反対されないか、上司からの評価が落ちるのではないかということを考えていては、いつまでも行動に移すことはできません。

革新的な人は、すぐに行動できる行動力を持っている場合がほとんどです。

ただし、すぐに行動できる革新的な人であっても決して何も考えずに動いているわけではありません。

普段から改善点がないかを注意深く観察し、行動した時に成功させる努力をしているからこそ、革新的に動きたいと思った時にすぐ行動することができるのです。

革新的な人を見ていると派手なパフォーマンスばかりに目が行きがちですが、普段の地道な努力のおかげで成り立っていることを忘れてはいけません。

古い考えに囚われない

革新的な人は当然ながら古い考えに囚われることはありません。

自分が改善すべきだと思った点に対して周りの人からも賛同を得られると確信した場合は、柔軟な発想で実行に向かっていくことができます。

たとえ自分を新人の頃に育ててくれた上司がそれに反対しても、革新的な人が自分の意見を取り下げることはないでしょう。

古い考えに囚われない革新的な人は、過去にどんなにお世話になった人であっても「現在の状況に最適かどうか」という視点で判断することができます。

そのため革新的な人は決して薄情なわけではありませんが、人によっては恩知らずだと思ってしまうこともあるようです。

自分の意見をはっきり言える

自分の意見をはっきり言える女性
普段から努力をしているため、自分自身の考えについて自信を持っているのが革新的な人です。

そのため、意見を求められている状況では物おじせずに自分の意見をはっきり言うことが可能です。

周りの人が怖気づいてしまうような上司たちに囲まれている状況であっても、自分自身の主張が正しい場合は臆せずそれを発言することができるでしょう。

そのため、革新的な人は可愛げがない人だと思われてしまうこともあります。

しかし革新的な行動を成功すればするほど、革新的な人の実力を認める人は増えていくでしょう。

革新的な人との上手な付き合い方とは?

自分自身の周りに革新的な人がいると、状況がどんどん改善されていき快適に働くことができるようにもなります。

しかし一方で、革新的な人は周りの人とは少し違った視点を持っているため、周りの人とトラブルになることも多いでしょう。

また、革新的な人は実力がある場合がほとんどですので、周りの人が理解してくれない環境であることを感じ取った場合はすぐに次の会社に転職するなど、新しい環境を求めてしまうこともあります。

革新的な人とのトラブルを避けたり、革新的な人が去ってしまうことを避けたりするためにはどうすれば良いのでしょうか。

なかなか理解されにくい革新的な人との付き合い方について解説していきます。

リーダーポジションに配置する

革新的な人は、自分自身の考えをどんどん実行に移していくことを好みます。

そのため、できるだけ多くの決裁権を持たせてあげて革新的な人が自由に動けるようにすることで実力を発揮できるでしょう。

できれば、革新的な人はリーダーポジションに配置するのがおすすめです。

革新的な人は基本的にリーダーシップを持っているので、周りの人のことも上手く引っ張りながら物事を進めていくことができます。

周りの人のマネジメントをすることを覚えれば、さらにリーダーとしての能力も発揮していくでしょう。

仕事でよい結果を生む

仕事
革新的な人をリーダーポジションに配置することは、革新的な人本人だけではなく周りの人にも良い影響を及ぼす可能性が高いと言われています。

革新的な人が強い決定権を持ちどんどん行動に移していくことで、慣習に囚われていた現在の体制が改善されて、全員が働きやすい環境になることもあるでしょう。

働きやすい環境を作ることによって革新的な人は評価され、さらに強い権限を持てるようになっていきます。

そうすることで、部署全体ひいては会社全体が革新的な雰囲気になっていき、どんどん活力あふれる環境になっていくことでしょう。

革新的な人をリーダーポジションに配置することで、大きな影響が出るのです。

環境を整えてあげることが大切

革新的な人の能力を発揮させるためには、単にリーダーポジションに配置するだけではいけません。

いくら能力の高い革新的な人であっても、周りが保守的な人ばかりの場合は上手に能力を発揮することはできません。

場合によっては多数決で保守的な人たちに潰されてしまうこともあるでしょう。

革新的な人に思う存分リーダーシップを発揮してもらうためには、環境を整えてあげることも重要です。

特に初めてのリーダーポジションの場合は、どんなに自信に溢れる革新的な人でも不安を抱いてしまうのは当然です。

最初は働きやすいよう、実力を発揮できるように環境を整えてあげましょう。

突飛なアイディアでもまずは聞いてみる

革新的な人をリーダーポジションに配置したくても、たとえば能力はあってもまだ若手の社員すぎてさすがにリーダーポジションに配置するのは難しいということもあるでしょう。

そういった状況では、上司が上手に革新的な人の意見を取り入れてあげなければなりません。

革新的な人のアイデアには突飛に思えるものも多く、普通に働いているだけでは革新的な人の意図が分からないこともあるでしょう。

しかし、そういった場面で革新的な人の話を聞かずに全否定してしまうと、革新的な人は環境に見切りをつけて違う会社に移ってしまう可能性もあります。

革新的な人を部下や後輩に持った場合は、突飛に思えるアイディアでもまずは聞くことを意識してみてください。

時にはブレーキをかける

ブレーキをかける女性
自分に自信を持っていてどんどん新しいアイディアを出せるのが革新的な人です。

普段から努力をしていて発言にも説得力があるため、周りで聞いていると正しいことしか言っていないように聞こえることもあるでしょう。

しかし、革新的な人も万能ではないので間違うこともあります。

革新的な人の発言が間違っていると感じたら、時にはブレーキをかけることも大切なのです。

革新的な人が間違いそうな時にブレーキをかけてあげないと、大きな損失を出してしまう恐れがあります。

敵も多い革新的な人ですので、一度失敗するとその場で周りの人から退職に追い込まれるほど責められることもあるでしょう。

そうならないよう、間違っていると感じた時には勇気を持って意見を言ってあげてください。

メンタルケアに気を配る

自信に溢れていてアクティブな革新的な人ですが、実は精神的にはもろい一面を持っていることもあります。

革新的な人が周りにいる場合、あるいは恋人が職場で革新的な活動を積極的に行っている場合などは、メンタルケアに気を配ってあげるようにしましょう。

常に自信に溢れているように見える革新的な人でも、他の人の目がないところでは落ち込んでいることもあることを忘れてはいけません。

感情の起伏が激しい人が多い

革新的な人は常にアクティブで好奇心が旺盛なのが特徴ですが、感情の起伏が激しく自分自身でも感情のコントロールができないことも少なくはありません。

そのため、自分自身でも疲れを自覚していないうちに大きなストレスを抱えてしまい、ある日突然うつ病などにかかってしまうケースもあります。

感情の起伏が激しい革新的な人は、自分自身でストレス解消をしたり、疲れを自覚して休むことが苦手です。

そんな革新的な人が潰れてしまわないように、常に革新的な人の様子に気を配って無理をしているようであれば休ませてあげるのも重要です。

人から嫌われることも多い

保守的な人と対立しがちな革新的な人ですが、敵となるのは保守的な人だけではありません。

目立つことが多い革新的な人ですので、嫉妬から周りに嫌われてしまうこともあるでしょう。

リーダーポジションに配置されることによって、先輩社員から妬まれてしまうこともあります。

そのため、革新的な人に対しては味方でいることが重要なのです。

周りからストレートにネガティブな感情をぶつけられることも多いので、革新的な人は精神的に疲れやすくなってしまいがちです。

感情のコントロールが得意な人であっても、悪意をぶつけられ続けて全てが嫌になってしまうこともあるでしょう。

そうならないように、革新的な人がストレスを抱えていないかそっと見守ってあげましょう。

革新的な人の注意点

周りに革新的な人がいるという人も多いとは思いますが、それだけではなく自分自身が何を隠そう革新的な人だという人もいるのではないでしょうか。

自分自身が革新的な人の場合、今まで自分では気を付けているつもりなのになぜか敵が多くなってしまい悩んだこともあるでしょう。

では、革新的な人はどのような点に注意して過ごすことで人間関係を円滑にできるのでしょうか。

革新的な人が自分自身で覚えておかなければならない注意点を最後に解説していきます。

周囲との関係性も大切にする

敵を作りやすい革新的な人ですので、周囲との関係性については気を配るようにしましょう。

どんなに有能な人でも一人だけの力では目標を達成できないことを知り、いざという時に自分の味方になってくれる人を一人でも多く確保しておくことが重要です。

環境を改善するために早く家に帰って努力したい場合でも、周りから飲み会に誘われた時には付き合うことも大切です。

また、保守的な人であっても自分とは違う視点を持っている人として尊重し、強い関係性を築いておくことで将来的に役立つこともあるでしょう。

革新的な人は行動力があるからこそ周囲の目を忘れてしまいがちですので、しっかり周囲との関係性を構築することを意識しておきましょう。

他人の意見に耳を傾ける

行動力があるからこそ、自分自身の意見だけで突っ走ってしまいがちなのが革新的な人の欠点です。

意識していても独りよがりになってしまいがちですので、他人の意見に耳を傾けることに関しては強く意識しておきましょう。

自分とは違う立場の人は全て間違っていると思ってしまいがちですが、そうすると視野が狭くなってしまいます。

常に新たな改善点に気付くためにも、他人の意見から情報収集することは重要です。

意識的に色々な人と交流を持ち、色々な意見を聞くようにしましょう。

周囲を納得させる術を身に付けよう

立場が上になればなるほど、自分一人だけの力では改革を行うことは難しくなっていきます。

革新的な行動をするためには、周りの人を巻き込んで多くの人の力を借りながらプロジェクトとして進めなければならないこともあるでしょう。

そのためには、立場が違う人であっても納得させるだけの説得力を持つことが重要です。

周囲を納得させるための説得力は、単に理論武装すれば良いというわけではありません。

理詰めで納得する人もいれば、普段のコミュニケーションの有無によって納得するかどうか決める人もいるでしょう。

自分自身で判断せずに、自分の尊敬している人が納得するかどうかで協力するかどうかを決める人もいます。

そうした一人一人の考え方を知り、周囲の人を納得させて巻き込んでいく力を持つことも重要です。

他人に敬意を払うことを忘れない

革新的な人は成功するケースも多いため、自分自身の力を過信してしまいがちです。

しかし、他人に敬意を払うことを忘れてしまうと、どんなに正しいことを言っていても敵を作ってしまいます。

そうなると協力してくれる人も減り、結果的に自分の思うとおりに動けなくなってしまうでしょう。

常に協力してくれる周りの人に感謝し、自分のアイディアを聞いてくれる上司に感謝をし、納得して動いてくれる人に対して感謝をする気持ちを持つことが重要です。

自分と対立する人であっても、相手なりの考えがあることを意識して敬意を払うことを忘れないようにしましょう。

自信過剰にならないようにする

革新的な人は独創的な発想で評価されることも多いため、同年代に比べて出世が早いこともあるでしょう。

しかし、それによって自信過剰になってしまうと、ただでさえ敵を作りやすいのにさらに敵が増えてしまいます。

どんなに成功しても謙虚な気持ちを持つことを忘れず自信過剰にならないように注意しましょう。

相手に対して敬意を持ち、謙虚な気持ちで接することを忘れなければそれほど自信過剰になることもありません。

敵を作らないことは自分の思う通りに行動することにも繋がりますので、謙虚な姿勢を保つことも仕事のうちだと思って行動しましょう。

熱しやすく冷めやすい

好奇心が旺盛なのは革新的な人の特徴の一つですが、一方で熱しやすく冷めやすい一面もあります。

熱しやすく冷めやすい一面を持っているため、自分が始めたことなのにすぐに投げ出してしまうこともあるでしょう。

そうすると、周りの人からは革新的な人ではなく単なる無責任な人だと思われてしまう恐れがあります。

自分自身に熱しやすく冷めやすい部分があることを自覚し、すぐに放り出さないように注意しましょう。

どうしても違うことをやらなければならない時も、放り出さずにしっかり後任に引き継ぐなどの責任ある行動をすることも大切です。

こうした行動も敵を増やさないために重要であることを覚えておきましょう。

偏った考えを認識する

独りよがりになりがちな革新的な人は、考え方が偏ってしまいがちです。

考えが偏ると視野が狭くなり改善点も見つけづらくなり、さらには能力も伸びづらくなってしまうという悪循環に陥ってしまいがちです。

自分は革新的な人であると周りから言われている場合は「自分の考えは偏っている」と常に自覚するくらいでちょうど良いかもしれません。

フラットな考えを持てるようになれば、発言にも説得力が生まれて味方も増やしやすくなります。

自分が偏っていることを認識することで、立場の違う人の発言も受け入れる余裕が生まれてくるでしょう。

自分自身は大きな長所も持っている一方で、短所も他の人より目立つある意味アンバランスな存在であることを自覚することが重要です。

時には立ち止まることも大切

行動力がある革新的な人ですので、自分のペースで最後まで突き進みたくなることもあるでしょう。

しかし、それでは周りの人から反感を買ってしまう恐れがあります。

それだけではなく、自分自身に負担がかかっていることにも気付けずにキャパオーバーになってしまうこともあります。

革新的な人でもロボットではないので、疲れたら休むことが重要です。

時には休んで自分を労わりながら、周りの人から不要な反感を買っていないか、周りの人のことを忘れていないか、良い関係を築きながら行動できているのかを客観的に把握すると良いでしょう。

ブレーキをかけてくれる人の声を聞く

敵を多く作りやすい革新的な人ですが、一方で味方になってくれる人は全面的にサポートしてくれるでしょう。

敵味方がはっきりしているのが革新的な人ですので、必ず自分の味方になってくれている人の声には意識してしっかり耳を傾けるようにしましょう。

周りと軋轢が起きている時に教えてくれたり、時には自覚せずに疲れていることを教えてくれることもあるでしょう。

自分をリーダーとして盛り上げてくれる人だけではなく、自分自身を押しとどめてくれる人のことも大切にすることで、革新的な人は100%の能力を発揮できるようになります。

革新的な人と上手に付き合ってクリエイティブに生きよう!

他の人では思いつかないような革新的な意見を思いつき、周りとの軋轢を生みだしながらも多くの味方をつけて悪しき習慣を打ち破っていくような革新的な人が身近にいると、苦労も多い一方で助けられることも多いでしょう。

自分の周りに革新的な人がいる場合は、その人との上手な付き合い方を覚えて良い部分を積極的に真似していくことが重要です。

また、もし自分自身が革新的なタイプであれば一刻も早く自分の味方になってくれる人を探して上手に付き合っていくことが重要です。

革新的な人が周りにいる場合も自分自身が革新的な人の場合も、どのように付き合っていけば良いかを考えてクリエイティブな生き方を目指してみてください。