ニッチすぎる10選!思わず突っ込みたくなるマニアックなあるあるをご紹介について
「中小企業やベンチャー企業はニッチな産業を狙うと成功しやすい」など、ビジネスシーンにおいて「ニッチ」という言葉を聞く機会は少なくないでしょう。

しかし、実はこの「ニッチ」という言葉はビジネスシーンだけではなく日常的にも使われます。

そんな「ニッチな何か」を持っている人たちが共感できる「あるある」にはどのようなものがあるのでしょうか。

ニッチの意味やニッチあるある、ニッチと言われがちな趣味や、そうした趣味を持つ魅力について徹底的に解説していきます。

ニッチとは?

耳にする機会も多いですし、意味を理解すると使いやすいのが「ニッチ」という言葉です。

しかし、耳にする機会が多いからこそ正確な意味を把握しないままニュアンスだけで「ニッチ」という言葉を使っているという人もいるでしょう。

では、そもそもニッチという言葉はどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

これからは正しい意味で「ニッチ」という言葉を使っていくためにも、まずは言葉の意味を例文と一緒に把握していきましょう。

意味

実はニッチという言葉は一つだけではなく三つの意味を持っています。

全てがほぼ同じ意味を持っているため一つの意味を理解していればなんとなく意味を理解することはできますが、ここではせっかくの機会ですので「隙間」「市場規模が小さい穴場」「需要が少ない」という三つの意味に関して例文と一緒に理解してみましょう。

隙間のこと

今でこそビジネスシーンなど幅広い場面で使われることの多い「ニッチ」という言葉ですが、そもそもは「隙間」という意味の言葉です。

隙間といっても比較的広い隙間ではなく、狭くてそこに存在していることを誰かに言われなければ気付けないほどの狭い隙間という意味の方が近いでしょう。

この「隙間」という意味はビジネスシーンよりもむしろ日常生活で使われることの方が多く「ニッチなスペースでも可能なインテリア」や「ニッチな部分も活かした収納」のように「狭い部分を有効活用することができる」というような場面で使われることがあるでしょう。

ただし狭い部屋や小さな家に住んでいる人がよく使うフレーズですので、自分が誰かの家に行った時に「ニッチなスペースのインテリアがおしゃれですね」などと言うと嫌味に聞こえる恐れがありますので使い方には注意しましょう。

市場規模が小さい穴場のこと

「ニッチ」の一般的な意味といえば、「ニッチ市場」のように使われる「市場規模が小さい穴場」という意味でしょう。

ニッチ市場とは、決して市場がそれほど大きくないため大企業がターゲットとしていない市場のことをいいます。

大企業がターゲットとしていないため競争相手も少ない市場で、それでも少ないながらも需要はあるため小回りの利く中小企業やベンチャー企業は敢えてニッチ市場を狙うケースも少なくはありません。

ニッチ市場は、そもそもの市場が小さいので独占状態になってもそれほど大きな利益を得られるわけではありません。

顧客それぞれの要望に対して細かな対応を求められることもあるでしょう。

しかし、一度信頼を勝ち得たら大企業にも負けない競争力を身に付けることも夢ではないほど重宝される市場です。

需要が少ないもののこと

最後に、ニッチ市場の「市場規模が小さい穴場」という意味が転じてニッチには「需要が少ない」という意味もあります。

「需要が少ない」というそのままの意味よりは「共感できる人が少ない」や「仲間がなかなかいない」という意味で使われることが多く「そんな趣味はニッチだから理解されないだろう」や「ニッチな趣味すぎて喜びを分かち合う人が見つからない」という使われ方をします。

「ニッチを分かち合える人をSNSで探す」など「ニッチ」自体が名詞のように使われるケースもあるでしょう。

この意味の「ニッチ」は、ビジネスシーンだけではなく日常生活で使われる機会も少なくはありません。

多用する人も多い言葉ですので、耳にした時にすぐに意味が理解できるように覚えておくと良いでしょう。

ニッチすぎるマニアックなあるある10選

世の中には色々な「あるある」が存在しています。

中には「タンスの角に小指をぶつけると痛い」のように聞いたほぼ全員が共感できる「あるある」もあれば、なかなか共感されないようなマニアックな「あるある」もあるでしょう。

ここでは、そんなニッチすぎるマニアックな「あるある」を10個紹介していきます。

理解できて頷けるものもあれば、全く理解できずに頭を抱えてしまうこともあるようなニッチなあるあるを10個見てみてください。

眼鏡の試着は度がないのでよくわからない

眼鏡の試着
眼鏡のフレームを変える時には、裸眼の状態で色々なフレームを試着してみて自分に合うフレームを探します。

ただし、そのフレームには当然ながら度の入ったレンズは入っていません。

また、眼鏡を必要とする人ですので裸眼では視界がぼやけてしまって見えないケースも少なくはないでしょう。

そのため、どんなに試着しても自分の顔すらぼやけてしまいどのフレームが良いのか分からないということは目が悪い人のあるあるです。

目が良い人、あるいは眼鏡をかけているもののそれほど目が悪くない人にとってはニッチすぎていまいち理解できないのではないでしょうか。

なで肩すぎて何もかもがズレ落ちる

身体的なあるあるでニッチすぎて理解されないものとしては眼鏡のあるあるが有名ですが、それ以外にも身体的なニッチあるあるは多く存在しています。

たとえば、なで肩の人のニッチなあるあるとしては、何もかもがすぐにズレ落ちてしまうことが知られています。

キャミソールや下着の紐はもちろん、なで肩がひどい人の場合は肩掛けバッグやリュックすらもズレ落ちてしまうことも珍しくはありません。

両手が自由に動かせることがメリットなはずのリュックなのに、両手で押さえておかないとすぐにズレ落ちて不便に感じてしまう本末転倒さはなで肩の人ならではのニッチなあるあるです。

手汗でスマホがすぐにびしょびしょになる

どんなにケアをしていても体質的に手汗が多い人はいます。

初デートで手を繋いでいる時に緊張してしまい、手汗がひどいことが相手にバレて引かれてしまったらどうしようと心配する様子は、漫画などでも目にすることはあるでしょう。