シミュレーションする場面10選!絶対に失敗したくない時ってどんな時?脳内で思い描いて成功に導こうについて
普段とは違う状況が待ち受けている時、できるだけその状況をリアルに想像して自分がどのような行動をとるべきか、そして自分の行動によって相手がどのように対応してくるのかを頭の中で考えたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そのようなシミュレーションは、失敗する確率を下げて自分自身のポテンシャルを十分に発揮しやすくなるという大きなメリットを持っています。

では、具体的にシミュレーションにはどのような効果があるのでしょうか。

シミュレーションの効果や多くの人がシミュレーションをする場面、そしてメリットが多いシミュレーションですが、避けた方が良いと言われている内容について解説していきます。

シミュレーションとは?

「シミュレーション」が正しい発音ですが、「シュミレーション」と誤って覚えてしまっているという人も多いと言われています。

「シミュレーション」なのか「シュミレーション」なのか混乱してしまった場合には「simulation」というスペルを思い出すと正しい発音ができることもあるでしょう。

では、そもそも「シミュレーション」とはどういう意味を持つ言葉なのでしょうか。

実はシミュレーションは大きく分けて二つの場面で使われる言葉です。

どういった時に使われる言葉なのか、二つそれぞれの意味を見ていきましょう。

現実を想定して実際に近い状況を作ること

直面する場面を想定して、リハーサルを行うこともシミュレーションの一種です。

たとえば大切な試験の前には時間などを実際の試験の日程に合わせた模試を受けることがあるでしょう。

また、面接が控えている時には友達相手に面接の練習をしたり実際に模擬面接をしてくれる人に依頼したりして練習をすることも珍しくはありません。

そのように現実に起こり得る状況を想定し、可能な限り実際に近い状況を作り出すことをシミュレーションといいます。

大きな挑戦をする時ほど、シミュレーションをしておくことで当日の緊張を和らげる効果も期待できるでしょう。

全てがシミュレーション通りに進むことは滅多にありませんが、シミュレーションをすればするほど自信に繋がると言われています。

脳内やコンピューターで模擬実験をすること

テストや面接の場合は実際に似ている状況を作り出してシミュレーションをすることも可能ですが、内容によってはシミュレーションができない場合もあります。

たとえば大規模な爆発を伴うビルの解体や道路の工事などはシミュレーションをする場所を見つけること自体ほぼ不可能です。

しかしながら、そのようにシミュレーションが不可能な条件であってもぶっつけ本番で何かを行うことは好ましくありません。

そのような場合では、自分の脳内でリアルな状況を想像したり、コンピュータを使って模擬実験をすることによってシミュレーションを行います。

特に実験系はコンピュータを使ったテストでシミュレーションを行うことが多いでしょう。

物理の実験や化学の実験なども、大きな機械を動かしたり危険な薬品を使う時にはコンピュータでの模擬実験を何度も行ってから実施されることが多いように、色々な業界でコンピュータによるシミュレーションは行われています。

シミュレーションの効果

シミュレーションをすることによって、ぶっつけ本番で挑むよりもリラックスしながら本番で行動できることがあります。

また、リラックスすることにより本来の実力以上の力が発揮できるということもあるでしょう。

では、具体的にシミュレーションをすることによってどういった効果が期待できるのでしょうか。

ここではシミュレーションによって期待できる5つの効果について解説していきます。

どうすれば良いのかイメージできる

シミュレーションをすることによって、本番に限りなく近い状況でリハーサルを行ったような気分になれます。

そのため、一つ一つの出来事に対してどうすれば良いのかをイメージすることができるでしょう。

たとえば今までに一度も面接を受けたことがない人は、入退室や着席の際のマナーが分からずに本番で緊張してしまうことがあります。

しかし一度でもシミュレーションをしておけば、どのように動けば良いのかを具体的にイメージすることができるでしょう。

企業によって面接の場所は当然ながら違いますが、どのように歩いて座れば良いのかといったイメージができるので余計な緊張をすることもありません。

本番はスムーズに動ける

イメージが具体的であればあるほど、本番でもシミュレーション環境と同じようにスムーズに動けるようになるでしょう。

練習の時と同じように平常心で動くことができれば、致命的なミスを犯すことも滅多にないでしょう。

ミスがなければないほど、練習と同じように本番でも問題なく行動できるのは当然のことです。

さらに、万が一想定外のミスが起きてしまった時でも他の部分で問題なく行動することができていれば、そのミスに対して全力で対応することができます。

シミュレーションをしていない場合だと、初めての状況に戸惑いつつミスのフォローもしなければならないのでキャパオーバーになってしまいがちですが、しっかりシミュレーションをしておけば腰を据えてミスのリカバリーにだけ集中することもできます。

練習中と同じように行動できるのはシミュレーションをすることで得られる効果の中でも最も大切なものでしょう。

意識的に行動できるようになる

どうすれば良いのかを具体的にイメージしてスムーズに動けることだけがシミュレーションによって得られる効果ではありません。

シミュレーションをすることによって、色々な行動を意識しながらできるようになるでしょう。

ぶっつけ本番だと緊張感や、ミスをしないことに対する注意などから、動作の意味は考えずに動いてしまいがちです。

もちろんそれでもミスがなければ問題ありませんが、意識せずに行動していると後から振り返って反省する際に記憶に残らずに困ってしまうことがあります。

また、次の作業に対する改善点を見つけようとしても、無意識の行動から見つけ出すのは至難の業になってしまうでしょう。

しかしシミュレーションをして心に余裕を持ち、動作の意味を考えながら意識的に行動していれば、そうした改善点や反省点なども見つけやすくなります。