しかしながら、スチュワーデスは元々「客室乗務員の女性」を意味する言葉だったと言われています。

そのため、男性の客室乗務員も増えている状況で男女差別を助長しかねないとして「キャビンアテンダント」という呼称が一般的になりました。