そうした人に対しても対応できるように全国手話検定を取得するのも良いのではないでしょうか。

手話は国によって同じ動作であっても意味が違うため全ての国の手話をマスターするのは非常に難しいですが、日本の手話だけでもマスターすることができれば大きなアピールポイントとなることは間違いありません。