一度のフライトの中で大きな気圧の変化に耐えなければなりませんし、進行方向とは逆向きの状態で乗客と話すことも多いので乗り物酔いしやすい人はキャビンアテンダントとして働くことは難しくなってしまうでしょう。