体力をつけておく

キャビンアテンダントとして働き始めると、早朝の便や深夜の便に乗らなければならないこともあります。