マナー講習に通ったり、あるいは秘書検定を取得することで最低限のマナーが身に付いていることをアピールすることが可能です。