歩き方が美しいか、椅子に座る姿勢は優雅か、困った質問を受けた時に露骨に表情に出してしまわないかなどキャビンアテンダントとしての資質を見られていることを意識しなければなりません。