顔の美醜ではなく、そうした立ち居振る舞いを審査されていると強く認識して面接に挑めるように普段から美しい所作や表情を身に付けておいてください。