身だしなみを整える癖をつけるのと同じように、キャビンアテンダントになるためには気を配れる人を目指すことが重要です。