普段の生活から、困っている人がいないか気を付けて誰かが困っていたら積極的に声をかけることができる人を目指すと良いでしょう。