そのため、必然的に高いところに手が届くことが重要であり、140cmなどの小柄な人はキャビンアテンダントとして働きたくても面接で落ちてしまう可能性が高いとも言われています。