国内線であっても、ドリンクや飴、あるいは便によってはチョコレートなどをもらうこともあるでしょう。

寝ている人に対しては無理に起こさず、後から目を覚ました時に再度声をかけることもあります。