特にプライベートでも頻繁に旅行をするなど飛行機を利用する機会が多い人は、自分自身がキャビンアテンダントになってみたいと考えることもあるのではないでしょうか。