一般の会社員でも「研究職を志望する方はこちらのホームページから、営業職を志望する方はこちらのホームページから」のように志望する職種によってエントリー画面が分かれていることがありますが、キャビンアテンダントに関しても特別なエントリーページが用意されている場合がほとんどです。