美しい所作や表情を身に付けておくことはキャビンアテンダントとして必要な資質となるでしょう。

キャビンアテンダントの面接を受ける時、面接官は質疑応答の受け答えだけではなく入室から退室に至るまでの立ち居振る舞いを見ています。

歩き方が美しいか、椅子に座る姿勢は優雅か、困った質問を受けた時に露骨に表情に出してしまわないかなどキャビンアテンダントとしての資質を見られていることを意識しなければなりません。

顔の美醜ではなく、そうした立ち居振る舞いを審査されていると強く認識して面接に挑めるように普段から美しい所作や表情を身に付けておいてください。

身だしなみを常に整える

美しい所作や表情を活かすためには身だしなみを整えておくことも重要です。

どんなに美人な人であっても、不潔な格好をしていては美しく見られることはありません。

特に面接の時など、決まった時にしっかりとした格好で迎えない人はしっかり意識していないと判断されて面接に落とされても文句は言えないでしょう。

面接の時に美しい身だしなみで向かうためには、普段から身だしなみを整える癖をつけておかなければなりません。

家の中でも整理整頓に気を配っておくのも良いでしょう。

汚くなってしまいがちな鞄の中なども普段から綺麗にしておくことで、自然と身だしなみも整っていくと言われています。

面接の時だけの付け焼刃にならないように、普段の生活から強く意識しておきましょう。

周囲に気を配れる人を目指す

キャビンアテンダントの仕事は色々な仕事がありますが、やはり乗客が快適な空の旅を楽しめるように気配りをすることが重要です。

普段から気配りができている人でないと、普段とは全く違う飛行機の環境で周りに気を配るのは難しくなってしまうでしょう。

身だしなみを整える癖をつけるのと同じように、キャビンアテンダントになるためには気を配れる人を目指すことが重要です。

普段の生活から、困っている人がいないか気を付けて誰かが困っていたら積極的に声をかけることができる人を目指すと良いでしょう。

最初は照れくさくても、慣れていくうちに気配りをしないと落ち着かないほどになれるかもしれません。

今まで気配りを意識したことがないという人も、一度意識して生活してみてはいかがでしょうか。

何事も慌てず冷静に対処できるようになる

キャビンアテンダントの仕事にはある程度のマニュアルが存在しているものの、緊急時などはそのマニュアル通りに動けないことも少なくはありません。

また、通常の業務の中でも急に体調が悪くなる乗客がいたり、複数の乗客から同時に呼ばれてどのように対応すべきか自分で判断しなければならないこともあるでしょう。

そうした事態でも慌てずにいつも通りに対応するためには、普段の生活から緊急時でも冷静に行動できる人であるように心がける必要があります。

いつでも冷静さを保つためにはどうすれば良いのか、平常心を維持するコツが書いてある本などを読んで学んでみるのもおすすめです。

憧れのキャビンアテンダントになるために努力しよう!

時には命の危険を伴ったり、気圧や気候の変化に対応する必要があったり、過酷なスケジュールの中で働く必要があるなど優雅なイメージとは裏腹に体力勝負な部分も多いのがキャビンアテンダントです。

それでもキャビンアテンダントになりたい人は、英語力や美しい所作など、キャビンアテンダントに必要と言われている資質を身に付けるような努力をして憧れのキャビンアテンダントになりましょう!