最近は中国からの観光客も増えているため、国際線に限らず国内線でも中国人観光客への対応が必要な場合もあります。

そのため航空各社でも中国語の能力には注目していると言われています。

TOEICや英検と併せて中国語検定も取っておけば、それだけで大きなアピールポイントとなることは間違いありません。

将来的に国際線に乗りたい人はもちろん、国内線を志望する人としてもとっておいて損はないでしょう。

2つ以上の語学検定を受験するのは非常に困難ですが、頑張ってチャレンジしてみてください。

全国手話検定

手話
飛行機には日本人や外国人の中でも、耳が聞こえない人が乗ることも少なくはありません。

そうした人に対しても対応できるように全国手話検定を取得するのも良いのではないでしょうか。

手話は国によって同じ動作であっても意味が違うため全ての国の手話をマスターするのは非常に難しいですが、日本の手話だけでもマスターすることができれば大きなアピールポイントとなることは間違いありません。

手話は声を出さない言語なので、電車の中などでもテキストを読んで勉強することができます。

ちょっとした移動時間に少しずつ学ぶことができるので、忙しい人でも勉強しやすい言語だと言えるでしょう。

英語以外のアピールポイントとして、ぜひ手話検定も検討してみてください。

健康に気を配る

上品で優雅なイメージも強いキャビンアテンダントですが、実は体調管理が非常に難しい職業だと言われています。

一度のフライトの中で大きな気圧の変化に耐えなければなりませんし、進行方向とは逆向きの状態で乗客と話すことも多いので乗り物酔いしやすい人はキャビンアテンダントとして働くことは難しくなってしまうでしょう。

さらに天気の条件が良いフライトばかりではありません。

時には気候が悪く食事の提供を見合わせるほどの悪天候の中でも笑顔で応対する必要があります。

そのため、キャビンアテンダントとして働き始めると体調を崩してしまう人も増えると言われています。

そうならないためにも、普段から健康に気を配る癖をつけておきましょう。

体力をつけておく

キャビンアテンダントとして働き始めると、早朝の便や深夜の便に乗らなければならないこともあります。

そのため、規則正しい生活ができないこともあるでしょう。

場合によっては満足に睡眠時間を確保できないまま次のフライトが始まってしまうということもあります。

キャビンアテンダントは、そうした状況でも笑顔で優雅に乗客に対応する必要があります。

そのため、厳しい環境でも普段と同じパフォーマンスを発揮できるように体力をつけておくことも重要です。

天候が荒れていても美しい姿勢をキープできるような筋力や、忙しくても体調を崩さない体力をつけておくようにしましょう。

最低限のマナーを身に付ける

キャビンアテンダントとして働く上では、接客業として求められる最低限のマナーを身に付ける必要があります。

もちろんキャビンアテンダントの採用試験に合格した後は社内の研修でしっかりマナーを身に付けることができますが、それ以前の面接の段階でマナーが身に付いていることをアピールすることができれば合格する可能性を上げることができるでしょう。

マナー講習に通ったり、あるいは秘書検定を取得することで最低限のマナーが身に付いていることをアピールすることが可能です。

乗客の中にはどこかの会社の偉い社長などがいる可能性もあることを考え、そういった人たちにも失礼にならないようなマナーを普段から意識して生活しましょう。

美しい所作・表情を身に付ける

最低限のマナーを知識として知っているだけでは意味がありません。

マナーを知っていることをアピールするためにはそれを表面に出さなければなりません。

美しい所作や表情を身に付けておくことはキャビンアテンダントとして必要な資質となるでしょう。

キャビンアテンダントの面接を受ける時、面接官は質疑応答の受け答えだけではなく入室から退室に至るまでの立ち居振る舞いを見ています。

歩き方が美しいか、椅子に座る姿勢は優雅か、困った質問を受けた時に露骨に表情に出してしまわないかなどキャビンアテンダントとしての資質を見られていることを意識しなければなりません。

顔の美醜ではなく、そうした立ち居振る舞いを審査されていると強く認識して面接に挑めるように普段から美しい所作や表情を身に付けておいてください。

身だしなみを常に整える

美しい所作や表情を活かすためには身だしなみを整えておくことも重要です。

どんなに美人な人であっても、不潔な格好をしていては美しく見られることはありません。

特に面接の時など、決まった時にしっかりとした格好で迎えない人はしっかり意識していないと判断されて面接に落とされても文句は言えないでしょう。

面接の時に美しい身だしなみで向かうためには、普段から身だしなみを整える癖をつけておかなければなりません。

家の中でも整理整頓に気を配っておくのも良いでしょう。

汚くなってしまいがちな鞄の中なども普段から綺麗にしておくことで、自然と身だしなみも整っていくと言われています。

面接の時だけの付け焼刃にならないように、普段の生活から強く意識しておきましょう。

周囲に気を配れる人を目指す

キャビンアテンダントの仕事は色々な仕事がありますが、やはり乗客が快適な空の旅を楽しめるように気配りをすることが重要です。

普段から気配りができている人でないと、普段とは全く違う飛行機の環境で周りに気を配るのは難しくなってしまうでしょう。

身だしなみを整える癖をつけるのと同じように、キャビンアテンダントになるためには気を配れる人を目指すことが重要です。