ここで注意しなければならないのは、車の場合は眼鏡による矯正視力でも問題ないとされていますが、キャビンアテンダントの場合は裸眼かコンタクトレンズの使用に限られています。