立ちっぱなしで仕事をすることも多く、身体的にも精神的にも負荷がかかってしまうこともあります。

しかし、それでもキャビンアテンダントになりたいと考える人は後を絶ちません。