国際線のキャビンアテンダントであれば世界中の国を回ることができますし、国内線であっても自分では知らない色々な土地に行くことができます。