アパレルブランドで働く人が自社商品を社割で購入できるように、キャビンアテンダントも社割を使えるのです。