キャビンアテンダントの面接を想定しながら、それに向けた進路選択をしていくと良いでしょう。

アピールできる資格の取得

英語力のハードルが最も高い人が多いため、キャビンアテンダントになるためにTOEICの点数ばかりを気にしてしまいがちです。