将来的に国際線に乗りたい人はもちろん、国内線を志望する人としてもとっておいて損はないでしょう。

2つ以上の語学検定を受験するのは非常に困難ですが、頑張ってチャレンジしてみてください。