ざわざわしちゃう時の対処法20選!そんなシチュエーション別に解説しますについて
「なんだか心がざわざわする」そんな経験をしたことはありませんか?

今回は、心がざわざわしちゃう時の対処法やざわざわする要因、さらには心のざわざわが続く時の相談先などについて紹介していきます。

心がざわざわしやすい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

心がざわざわしている状態とは

「心がざわざわしている」という表現がありますが、実際のところどのような状態を表しているのでしょうか。

ここからは、心がざわざわしている状態について紹介していきます。

不安で落ち着かない

心がざわざわする理由として、もっとも多く当てはまるものは「不安で落ち着かない」ということです。

たとえば、恋人からの連絡が途切れていたり、仕事でプロジェクトリーダーを任されたときなど、とにかく不安で落ち着かないときは、心がざわざわしてしまうでしょう。

心細い

転職先や慣れない婚活パーティーなどでは、つい心細くなってしまい、心がざわざわしてしまうのではないでしょうか?

心細くなると余裕がなくなり、ネガティブな気持ちになってしまうこともあるはず。

そうすることで、より一層心がざわざわとしてしまうのです。

ネガティブな思い込みをしてしまう

仕事や勉強で疲れてしまっているとき、体調が万全な状態でないときは、心がざわざわしやすくなります。

それに、これらの状態のときは思考回路はうまく回らず、ついネガティブな思い込みをしてしまうので、なかなか情緒が安定しないのも特徴です。

将来が漠然と不安になる

フリーランスの人や周囲の結婚ラッシュなど、突然将来が漠然と不安になる瞬間があると思います。

やはり、人は知らず知らずのうちに安定を求めてしまう生き物なので、少しでも不安な要素があると、ネガティブな考えに走りやすくなってしまいがちです。

また、将来という大きな壁にぶつかってしまった場合は、余計に心がざわざわしてしまうかもしれません。

緊張している

仕事で発表を控えていたり、苦手な人と接するときなど、人は自覚のあるなしにかかわらず緊張してしまっていることがあります。

緊張すると余裕がなくなり、非常に視野が狭くなります。

また、極度の緊張感から、吐き気やめまいなどの症状が見られることもあります。

そのため、心身共にストレスを感じて、心がざわざわしてしまうのでしょう。

悩んでいる

生きていると、なにかしらの悩みごとがあるかと思います。

ですが、人によって悩みごとに対する考え方、捉え方が違いますので、それもまた悩みの種となってしまうはず。

ですが、悩むことで、気づかないうちに自分を追い込んでしまう可能性があるので、心がざわざわし始めてしまうのです。

体調が悪い

心がざわざわすると、「精神面からくるストレス」と思い込んでしまう人が多いかと思います。

ですが、体調が悪いために、心がざわざわしてしまうケースも少なくはありません。

たとえば、月経前はホルモンバランスの影響で不安になりやすかったり、落ち込んでしまうなどの症状があります。

そのため、特に理由が思い当たらないときは「本当は体調が悪い可能性もある」と考えておきましょう。

ざわざわしちゃう時の対処法20選

ここまで「心がざわざわしている状態」について紹介してきました。

不安で落ち着かないとき、ネガティブな思い込みをしてしまったときなど、心がざわざわする場面って案外ありますよね。

それでは、ここからは「ざわざわしちゃう時の対処法20選」について紹介していきます。

1:一旦深呼吸をする

深呼吸
心がざわざわしたときは、一旦深呼吸をしてみましょう。

不安で落ち着かないとき、心細いときなど、どんなときであっても深呼吸をすることで心が落ち着いていくはずです。

コツは、鼻からしっかりと息を吸い込み、ふーっと長くゆっくりと息を吐くこと。

深呼吸であれば、仕事中や就寝前などのちょっとした時間にでもできるので、覚えておいて損はないでしょう。

2:瞑想をする

心がざわざわするときは、ストレスなどから心身共に追い詰められてしまい、思考回路がうまく回っていないため、瞑想をしてみましょう。

ここでは、たった5分でできる「ヴィパッサナー瞑想」のやり方について紹介していきます。

まずは、床に座布団や布を敷き、あぐらで座ります。

そして、手を下腹あたりにそっと重ねます。

目を閉じて、鼻からゆっくりと息を吸い込みながら、鼻先を意識して息を吐いてみましょう。