うんちく35選!これを読んだら人に話したくなる雑学が増えるかもについて
「私もうんちくを話してみたい!」と思ったことはありませんか?

今回は、動物や植物、食べ物、さらにはスポーツなどのあらゆるうんちくを紹介していきます。

ぜひ誰かにうんちくを話してみましょう!

うんちくとは

「うんちく」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

「あの人はうんちくを語りだすと止まらない」や「そのうんちくは非常にためになった」など、案外日常生活の中でも使われている場面は多いと思います。

それでは、ここからはうんちくの意味について詳しくお話ししていきます。

積み蓄えた知識

うんちくとは、ある分野について積み蓄えた知識のことを意味する言葉です。

「蘊蓄」「薀蓄」「ウンチク」と表記されることもあります。

本来は長年の研究で積み蓄えた知識を持った学者などが話す内容のことを意味しますが、近年では「雑学」と使われ、これらは同じ意味合いで使われることも多くなりました。

うんちくの正しい表現

「うんちく」という言葉の意味についてお話ししてきましたが、少しでも理解を深めていただけたでしょうか?

それでは、次にうんちくの正しい表現について紹介していきます。

うんちくを傾ける

仕事やお酒の席など、日常生活を送る中で「うんちくを傾ける」という表現を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

そもそも「傾ける」という言葉には、力を注ぐという意味があり、先ほどもお話ししたように「うんちく」には、積み蓄えた知識という意味があるため、自分の積み蓄えた知識すべてを発揮する様子を「うんちくを傾ける」と表現するのです。

人に話したくなるうんちく35選

「うんちく」という言葉の意味、また使い方についても理解を深めていただいたところで、ここからは「人に話したくなるうんちく35選」を紹介していきます。

あらゆるジャンルのうんちくを紹介していきますので、仕事やお酒の席などでぜひ話してみてくださいね!

動物編

それでは、ここからは「動物」に関するうんちくを紹介していきます。

動物が好きな人はもちろんのこと、好きな人、身近にいる人が動物好きという人も、ぜひチェックしてみてくださいね!

犬には鎖骨がない

犬
実は、犬には鎖骨がないんですね。

というのも、犬は歩くときや走るときに前足を使うので、鎖骨がない方が前足をより前に伸ばせて走りやすいのです。

また、犬には鎖骨がないため、前足だけでむやみに抱き上げると、関節にも負担がかかってしまうため痛がります。

そのため、前足だけでむやみ抱き上げられると、咄嗟に噛みついてしまうこともあるようです。

これから犬を飼おうか考えている人、犬を飼っているが鎖骨がないことを知らなかった人は、ぜひ覚えておくといいでしょう。

猫は肉球から汗をかく

「猫の好きなパーツは肉球!」と答える人は多いのではないでしょうか?可愛らしい見た目というだけでなく、肉球には消音クッションの役目があります。

また、汗をかく場所でもあるのです。

ただ、汗をかくといっても、体温調節ができるほどの機能はありません。

そのため、汗をかくといっても、驚いたときに出る冷や汗程度です。

簡単にいうと、人間が緊張したとき、手のひらに汗をかくのに似ています。

そのため、猫が肉球から汗をかいていた場合は、気持ちが落ち着くようにやさしく声をかけてあげたり、撫でてあげるようにしましょう。

うさぎは目を開けて寝る

うさぎ
近年、ペットとして飼われることが多くなったうさぎですが、その生態をまだよく知らない人も多いと思います。

うさぎは非常に警戒心の強い動物なので、目を開けて寝ます。

これは、野生の本能といえるでしょう。

そのため、飼いはじめたばかりの頃は「寝てるの?寝てないの?」と戸惑うこともあるかもしれませんね。

ちなみに、寝ているかどうかの見分け方は、鼻にあります。

うさぎは鼻をいつもピクピクさせているのですが、寝ているときは止まっています。

ですから、チェックする際には、鼻を確認するようにしましょう。

ハリネズミはモグラの仲間

ハリネズミは「ネズミ」といっているだけあり、ネズミの仲間だと思っている人も少なくないと思います。

ですが、ハリネズミはネズミとは関係がなく、実はモグラの仲間なのです。

というのも、ハリネズミの特徴である「歯は柔らかく伸びることはない」「地中で生活はしないが穴を掘る習性がある」「雑食性だが木の実は食べずに、虫が大好物」はモグラの特徴にとてもよく似ています。

反対にネズミの特徴とは、ほぼ真逆ともいえるでしょう。

また、ハリネズミのチャームポイントの1つともいえる可愛らしい鼻先はよく見ると、モグラに似ているのが分かるかと思います。

ラッコは仲間と手を繋いで寝る

ラッコは可愛らしい見た目や仕草から非常に人気のある動物ですが、寝るときに手を繋ぐということを知っていますか?そもそも、ラッコは水面で寝ています。

そのため、なにもせずにそのまま寝てしまうと、潮の流れ次第で遠くに流されてしまう危険性があるのです。

ですから、その危険を防ぐためにも、寝るときに海藻を巻きつける習性があります。

ただ、水族館の水槽の中には海藻はありません。

そこで「海藻がない!」と焦ったラッコたちが、手を繋いで寝るようになったようです。

もちろん、水槽の中なので流されることはありませんが、その健気さに思わず心を奪われてしまう人も多いでしょう。

もし、水族館に行った際、ラッコの手を繋いで寝る姿が見れたらラッキーですね。

ミーアキャットは毒のある危険な生き物が好き

ミーアキャットは見た目の可愛さとは裏腹に、サソリやムカデ、ヘビなどの毒を持つ生き物が好きなのです。

というのも、これらの毒のある生き物は、ミーアキャットの食料であるから。

人でいうところの「危険な香りのする人に惹かれてしまう…」というのにどこか似ているかもしれませんね。

また、子どもは大人から弱ったサソリを与えられ、狩りの訓練を受けるといわれています。

もし、今後ミーアキャットを見る機会がある場合には、これらのギャップを感じてみるのも、また新しい楽しみ方になるでしょう。

虫編

ここからは「虫」に関するうんちくを紹介していきます。

虫が苦手な人も、もしかすると興味が湧いてくるかもしれませんよ!

蚊の主食は花の蜜や草の汁

「蚊」と聞くと、人の血を吸うイメージがほとんどだと思います。

ですが、蚊の主食は花の蜜や草の汁なのです。

というのも、蚊のエネルギー源は「糖分」なので、普段は花の蜜や草の汁を吸って生きています。

あくまでも、人の血を吸うのはメスだけで、オスはまったく吸いません。

また、メスの蚊が人の血を吸う理由は、産卵に必要なをタンパク質を摂取するためで、言わば子孫を残すために命がけで血を吸いにくるのです。

蝶は前足で味が分かる

蝶
蝶が植物に止まり、前足で叩くような仕草を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか?この前足で植物を叩く仕草、実は味を確かめているのです。

というのも、蝶の味覚機能は前足についているから。

また、蝶は幼虫の頃から味覚が発達しており、特に幼虫は味に対してとてもわがままで、好き嫌いが激しく、特定の植物しか食べません。

そのため、成虫となったメスの蝶は、幼虫が好む植物に卵を産むのです。

アメンボが水に沈まない理由

川などでよく見かけるアメンボですが「どうしてアメンボは水に沈まないんだろう?」と疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。

アメンボが水に沈まない理由は、見た目通り非常に体が軽く、水に濡れない特性を持っているから。

たとえば、1円玉の重さは1gですが、水に沈むことはありません。

アメンボの重さは、10匹合わせても1gにならないといわれているので、もちろん水に沈むことはないのです。

また、アメンボの足の先にはたくさんの細かい毛が生えていて、その毛には油が含まれているんです。

なので水を弾き、アメンボは水に沈まないのです。

働かない働きアリがいる

「働かない働きアリ」とは一見、とても矛盾しているように思えるでしょう。

ただ、働きアリの7割は、目的もなくフラフラしたり、動かないなど、とにかくなにもしないのです。

とはいえ、やはり働きアリというぐらいですから、ずっと働き続けているアリもいます。

同じ働きアリにもかかわらず、どうしてこれだけの差が生まれるのか疑問に思うでしょう。

人間も「よく働く人」と「すぐにサボる人」で分かれますよね。

ですが、アリは人のように思考能力を持たないので「バレなければサボってもいいだろう」と考えているわけではありません。

ただ、遺伝的にエサに反応しやすいか、そうでないかで分かれているのです。

魚編

ここからは「魚」に関するうんちくを紹介していきます。

海や居酒屋、水族館デートの際に使えるかも!

イルカの方がサメよりも強い

イルカ
水族館でも1番人気があるといっても過言ではないほど、注目されているイルカですが、実はサメよりも強いのです。

たとえば、サメの中でも特に恐ろしいイメージのある「ホホジロザメ」は海の生き物の中でも最強といわれているほど。

ただ、そんなホホジロザメに勝ってしまうのが、イルカだというのです。

もちろん、あれだけ人を魅了するパフォーマンスを繰り広げるイルカはそれだけ知能も高いでしょう。

とはいえ、サメよりも強いなんて、なかなか想像することができないですよね。

ですが、実際にイルカがサメを攻撃している様子は目撃されているのです。

世界一泳ぐのが速い魚はカジキマグロ

食用として人気の高い「カジキマグロ」ですが、実はおいしいだけでなく、世界一泳ぐのが速いのです。

ただ、ひとくちにカジキマグロといっても、ダントツで速いのは「バショウカジキ」で時速はなんと110km。

走りが速いことで有名なチーターと匹敵する速さとなっています。

ちなみに、これだけ速く泳げる秘密は、油を生成する腺にあるのです。

この腺で分泌された脂肪酸の混合液が、頭部全面に撥水層を作り出すことにより、水の抵抗を抑えて楽に泳げるようになるのです。

クマノミはオスからメスへと性転換をする

ファインディング・ニモとして一躍有名になったクマノミですが、実はオスからメスへと性転換をするのです。

というのも、クマノミは産まれたときはなんと全員がオスであるから。

そのため、群れの中でもっとも大きくて強いオスがメスへと性転換をします。

卵を体の中で成長させるには強い生命力が必要で、さらにクマノミは産卵後も孵化するまで親が卵を見守り続けることから、メスが大きくて強い方が都合がいいというわけなのです。

また、オスからメスへと性転換した場合は、もう二度とオスに戻ることはできないため、非常に大きな決断であるといえるでしょう。

魚は人の体温でやけどしてしまう

水温と体温が同じになる変温動物で、体温がとても低い魚には、人の体温は高すぎるとされています。

そのため、素手で掴んでしまうと、せっかく釣り上げた魚がやけどしてしまうことがあるのです。

ただ、魚にもいろいろな種類があり、人の体温でやけどしてしまうのは弱い魚だけなのだとか。

たとえば、漢字から見て分かる通り、魚へんに弱いと書く「鰯(いわし)」は人の体温でやけどする以前に、わずかな刺激もダメなのです。

そのため「すべての魚を同じように扱うのは無理がある」ということを覚えておくといいでしょう。

植物編

ここからは「植物」に関するうんちくを紹介していきます。

近所で見かける植物や、まだ見たこともない可能性が高い植物など、幅広く紹介していきます!

キソウテンガイという名の植物がある

世界三大珍植物の1つとされており、2枚の葉だけをヒラヒラと伸ばし続ける「キソウテンガイ」という植物があります。

アフリカのアンゴラ共和国とナミブ共和国の砂漠にのみ生息している植物で、1,000年以上もの長いあいだ生き続けています。

寿命がとても長いですが、種子が発芽してから種子をつけるまでに、約25年もかかるため成長が遅いのも特徴です。

ちなみに「キソウテンガイ」というのは和名であり、学名は「ウェルウィッチア」になります。

レンコンに穴が開いている理由

「レンコンにはどうして穴が開いているのかな?」と疑問に思ったことはありませんか?実はこの穴、レンコンも生きていますから、呼吸をするための通気口なのです。

ただ、レンコンが育つ泥の中の水底には酸素が少なく、中に穴を開けることで水の上の空気を地下まで通じるようにしているのです。

まさに、生きていくために工夫をしているといえます。

また、レンコンは縁起もいいと言われていてその理由は「レンコンの穴は未来を見通す」からだそうです。

クローバーの花言葉は「復讐」

クローバーといえば、四つ葉のクローバー探しをしたことがあるのではないでしょうか?幸せの象徴でもある四つ葉のクローバーには、もちろん「幸運」や「希望」といったポジティブな意味があまります。

また、葉の枚数ごとに意味が変わり、一枚だと「初恋」二枚だと「平和」三枚だと「信頼」になります。

ただ、クローバーの全般的な花言葉は、これらのポジティブなものだけではなく「復讐」といったネガティブなものもあるのです。

これは、クローバーの花言葉であるポジティブなものが裏切られた場合「愛が憎しみに変わり復讐になる」という解釈がなされています。

アジサイは植えている場所によって色が変わる

アジサイと聞くと、何色に咲いているのを思い浮かべるでしょうか?青や紫、ピンクなど、人それぞれ思い浮かべる色は違うと思います。

というのも、アジサイにはそれだけあらゆる色があるからでしょう。

そんなあらゆる色に咲くアジサイ、実は植えている場所にって色が変わるのです。

たとえば、土が酸性の場所では「青」アルカリ性の場所では「ピンク」に咲きます。

そのため、植える場所によってあらゆる色が見られる、不思議な植物といえるでしょう。

また、日本は酸性の土が多いため、ピンクのアジサイを見つけることができたらラッキーなのです。

タンポポの綿毛の先に付いているのはタネではない

タンポポの綿毛
子どもの頃に、タンポポの綿毛を飛ばしたことがある人は多いのではないでしょうか。

そんな身近にあるタンポポですが、生態を理解している人は案外少ないのだとか。

タンポポへの大きな誤解の1つが、綿毛の先に付いているものです。

「タネ」と思った人、実はタンポポの綿毛の先に付いているのは「果実」だったのです。

果実というと、みかんやももなどの果物のイメージが強いと思いますが「痩果」という種類の立派な果実なのです。

食べ物編

ここからは「食べ物」に関するうんちくを紹介していきます。

食べ物のうんちくであれば、場面を選ばずに発揮できるでしょう!

ピーナッツはナッツではない

ピーナッツが好きだという人も多いのではないでしょうか?実は「ピーナッツ」は名前に「ナッツ」が入っていることもあり、ナッツの仲間だと思っている人が多いと思います。

ただ、ナッツは「種実類」の木の実、ピーナッツは「豆類」のマメ科植物の種子であるため、仲間ではないのです。

では、なぜナッツという言葉が入っているのかというと、一般的な豆は炭水化物が半分以上を占めていますが、ピーナッツは脂質が半分以上と栄養素成分の組成がナッツに近いから。

そのため、本当は仲間ではありませんが、仲間として扱われているのです。

ジュースと名乗れるのは果汁100%のみ

普段口にする機会が多いであろう「ジュース」ですが、実はジュースと名乗れるのは果汁100%のみなのです。

というのも、ドリンクの分類および表示は、法律で規制されています。

ジュースの条件は果汁100%であることなので、もし100%でないドリンクをジュースと名乗った場合は、不当表示となり、罰則がついてしまうのです。

では、果汁100%でないドリンクのことをなんと名乗るのかというと「果汁入り飲料」になります。

また、ジュースか果汁入り飲料か見分けるには表示を見るだけでなく、パッケージに果物の断面の絵や写真が載せられているので、パッと見ただけでも見分けがつくでしょう。

ドーナツの真ん中に穴が開いている理由

ドーナツの真ん中に穴が開いている理由は、あらゆる諸説があります。

その中でももっとも有力なのは、19世紀アメリカでのこと。

19世紀半ばのアメリカのハンソン・グレゴリーは母親が作ったドーナツが生焼けだったため、火の通りをよくするために穴を開けることを考えたのです。

また、ハンソン・グレゴリーは船乗りでもあったため、舵輪に指していつでも食べれるように穴を開けていたともいわれています。

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレとカフェラテは、ミルクが入ったコーヒーのことをどちらも差します。

そのため、違いがよく分からないという人も多いはず。

まず「カフェオレ」はドリップしたレギュラーコーヒーに、鍋で温めたミルクを半々ほどの割合で入れたものになります。

「カフェラテ」はエスプレッソマシンを使ったコーヒーに、蒸気で温めたミルクを入れたもので、上部の泡立ちが特徴といえるでしょう。

そのため、カフェオレに比べてカフェラテの方が味が濃いといえます。

かき氷で頭がキーンとなるのはアイスクリーム頭痛

かき氷を食べたときに、頭がキーンとなったことはありませんか?実は、このキーンとする症状には「アイスクリーム頭痛」という名前があるのです。

アイスクリーム頭痛が起こるメカニズムは、冷たいかき氷が喉を通過するときに神経が刺激され、このときに発生する伝達信号が冷たさを痛みと勘違いして、頭痛が起きるといえます。

また、冷たいかき氷を食べると急激に喉や口の中が冷えてしまうため、人の身体は一時的に血流量を増やして温めようとします。

そのときに、脳に繋がる血管が膨張することから、頭痛が起きてしまうのです。

スポーツ編

ここからは「スポーツ」に関するうんちくを紹介していきます。

スポーツ観戦中はもちろんのこと、お酒の席でも大活躍するでしょう!

ラグビーの監督は試合中ベンチにいない

サッカーや野球など、スポーツの試合を見ていると、監督がベンチから選手に向かってサインを出している姿を見かけると思います。

ですが、ラグビーの試合では、どれだけベンチを見回しても監督を見つけることができないはずです。

なぜなら、ラグビーの試合中、監督はベンチではなくスタンドにいるから。

というのも、ラグビーでは「試合は選手たちのもの」という精神が根付いています。

そのため、監督がサインを出すのではなく、選手たちの状況判断を重視しているのです。

また、試合中ベンチにいないからといっても、客席からベンチにいるスタッフに大まかな指示を伝えているのです。

サンドバッグの中に砂は入っていない

「サンドバッグの中には砂がたくさん詰まっている」と思っている人もいるかと思いますが、実は砂は入っていません。

では、サンドバッグには一体なにが入っていると思いますか?答えは「布」です。

フェルトやナイロン、メリヤスなどの生地やスポンジなどの布切れが詰まっています。

ちなみに、サンドバッグと呼んでいるのは日本だけで、海外では「トレーニングバッグ」や「パンチングバッグ」と呼ぶのが一般的なのです。

サッカーボールが白黒になった理由

白黒のサッカーボールは、1960年代のヨーロッパで登場しました。

当時、モノクロのテレビ放送が普及し始めた時期であり、白などの一色のボールでは、テレビだと見えにくいという問題があったのです。

そのため、テレビ越しでもボールが見えやすいようにと、白黒に色分けされたサッカーボールがデザインされたいわれています。

ちなみに、白黒のサッカーボールは「テルスター」と呼ばれるデザインで、テレビ越しでもきちんと見分けがつくという点から「テレビのスター」という意味が込められているのです。

ゴルフボールの表面がボコボコの理由

ゴルフボールの表面にあるボコボコは「ディンプル」といいます。

こちらのボコボコ、一体なんなのかというと、飛距離を伸ばすためのものなのです。

ボールを遠くに打つとき、大抵の人は下からすくい上げるようにクラブを振ると思います。

そのため、ボールにヒットする面は、ボールに対して斜めになりますよね。

このとき、ボールにバックスピンがかかってしまうため、表面にボコボコがない場合は思うように飛距離が伸びないはず。

ですが、ボコボコがあることで、より揚力がアップして結果的に飛距離が伸びるというわけなのです。

ドッジボールのドッジは「避ける」

子どもの頃に、ドッジボールをしていた人は多いのではないでしょうか?そのため、名前のの意味も分からずに、なんとなく「ドッジボールしよう!」と言っていた人も多いと思います。

また、意味よりも先に「ドッジボール」なのか「ドッチボール」なのかで論争になった経験がある人もいるかと思いますが、正式名称は「ドッジボール」になります。

ドッジボールはドッジは「避ける」という意味があります。

要するに、ドッジボールとは、ボールを避けるということになりますね。

まあ、今までやってきたドッジボールのルール通りの意味といった感じでしょうか。

乗り物編

ここからは「乗り物」に関するうんちくを紹介していきます。

知っておくと便利なこともあるので、ぜひ披露してみてくださいね!

車の給油口の簡単な確認方法

レンタカーや友達に車を借りたときなど「あ、そういえば給油口どっちだったかな」と思うことがあるでしょう。

実は、給油口を確認するためにわざわざ車から降りなくてもいい方法があります。

それは、ガソリンメーター内にある三角マークを見ること。

ちなみに、ビンテージカーや1988年以前に作られた多くの車は三角マークの表示がありません。

そのため、国産車であれば、大抵はマフラーの反対側に給油口があるので、これもセットで覚えておくといいでしょう。

高速道路でのガス欠停車は道路交通法違反

高速道路でガス欠停車になってしまった場合、道路交通法違反になることをご存知だったでしょうか?

法律上、高速道路でガス欠停車してしまった場合、その車は2点減点され、普通車だと9,000円の罰金が科せられます。

高速道路でガス欠停車してしまっただけでパニック状態になってしまうのに、道路交通法違反なんて聞いてしまえばもっとうろたえてしまいますよね。

船の窓が丸い理由

船の窓が丸い理由は「ただオシャレだから」というものではなく、きちんとした理由があるのです。

常に外から波の力が加わる船は、船体の照度を保つことが非常に重要になります。

たとえば、正方形や長方形などの四角い窓にした場合、波の力が均等にかからず、四隅の方から金属疲労を起こしやすくなってしまうのです。

要するに、四角い形よりも、丸い形の方が強度があるため、船の窓は丸いといえます。

ちなみに、船の丸い窓のことを「舷窓」というので、セットで覚えておいてもいいかもしれませんね。

「死神」というあだ名の機関車がある

JR東日本で活躍するEF64のうち1030~1032号機は「死神」と呼ばれています。

これらの長岡車両センターに所属する3機は、JR東日本管内で車両を輸送する配給列車の牽引を主に担当しています。

牽引の目的は、疎開先までの回送や工場への入出場、新製車両の回送などさまざまですが、廃車する車両を牽引することから死神と呼ばれるようになったのです。

アメリカの郵便配達車は右ハンドル

アメリカの車と聞くと、左ハンドルを想像すると思いますが、郵便配達車は右ハンドルなのです。

というのも、アメリカでは大概の家のポストが走行車線に沿って、道路沿いに設置してあるから。

要するに、車から降りてすぐに配達物をポストに入れられるようになっているのです。

また、普段は左ハンドル、仕事のときだけ右ハンドルとなると、慣れるまでは運転するのが難しいかもしれませんね。

副大統領が乗った飛行機はエアフォースツー

副大統領が乗った飛行機は「エアフォースツー」です。

ツーがあるということは、もちろんワンもあり、大統領が乗った飛行機はエアフォースワンになります。

ちなみに、大統領と副大統領が同じ飛行機に乗らない理由は、事故や事件によって2人同時に失われる事態を防ぐためなのです。

そのため、たとえ同じ目的地に移動する場合であっても、別の飛行機に乗るようになっています。

うんちくで話のネタを増やそう

動物や植物、食べ物、さらにはスポーツなどのあらゆるうんちくを紹介してきました。

たくさんありましたが、なにか知っているものはあったでしょうか?普段触れたり、見たりする機会が多いものであっても、案外知らないことも結構あると思います。

ぜひ、今回紹介したうんちくを頭の片隅に入れておき、お酒の席やデートの際に話のネタとして活用してみてくださいね!