同棲したい時のOKのもらい方とは?一緒に住みたいを叶える方法を教えますについて
まだ結婚には早いと思っていても、なかなか彼氏と会えない生活に耐えられずに同棲したいと考えている女性は少なくないと言われています。

ですが、急に同棲したいといっても彼氏に嫌がられてしまう恐れもありますし、単に同棲するだけではデメリットも発生するかもしれません。

同棲はどんな時に始めやすいのか、メリットやデメリット、同棲を始める際に覚えておきたいことなど同棲に関することをチェックして素敵な同棲生活を始めてみましょう。

同棲と結婚との違い

そもそも同棲と結婚はどのような違いがあるのでしょうか。

若い人の中には、結婚という制度で縛られることを嫌い、敢えて同棲を選択する人も少なくはありません。

しかし、同棲と生活は似ているように見えても圧倒的に異なります。

どのような違いがあるのか、2つの観点から解説していきます。

社会的責任

同棲は単に恋人同士が同居しているだけなので、社会的責任が発生しません。

もちろん数十年単位で同棲していれば内縁関係が認められることもありますが、基本的にはそういったことがないのが同棲です。

そのためどちらかが浮気をしても結婚していないため慰謝料を請求することはできません。

お互いに単に同居しているだけですので、制度の保護を受けることができないのが同棲なのです。

社会的保障

さらに同棲は結婚とは違い社会的な保障も受けられないものが多くなります。

生命保険もお互いを受取人にすることはできませんし、危篤の時に家族として病室に入ることもできません。

どちらかの会社に配偶者の扶養手当制度がある場合でも、入籍するまではどんなに同棲期間が長くても利用できないでしょう。

もちろん配偶者控除などの各種制度を受けることもできません。

非常に不安定な状態であると覚えておきましょう。

交際開始から同棲を始める期間

社会的には不安定な状態である同棲ですが、本人たちにとっては軽い気持ちで始められることではありません。

付き合ってすぐに同棲を始めるという人はほとんどいないでしょう。

多くのカップルは、付き合い始めてから一年くらい経ってから同棲する傾向があります。

一年以上付き合って初めて、お互いに同棲したいと考えて同棲を始めるのが一般的です。

同棲したい時のOKのもらい方

大好きな彼氏と毎日会える同棲は、いつでも彼氏と一緒にいたい女性にとって夢のような生活になるでしょう。

しかしながら、同棲はお互いの同意がないとできないので誘い方を間違うと断られてしまう恐れがあります。

同棲したい時はどのような誘い方をすればOKをもらいやすいのかチェックしてみましょう。

ストレートに伝える

「なかなか会えないから一緒に暮らしてみたい」のように分かりづらい察し方で誘うと、相手に意図が伝わりません。

察してちゃんだと思われて嫌がられることもありますし、相手も判断に迷ってしまうでしょう。

同棲をしたい場合は「いつでも会いたいし、同棲したい」とストレートに伝えるようにしましょう。

一緒に暮らしても面倒な相手ではないと相手に思わせることが重要です。

一緒に住むメリットを伝える

単に毎日会えるだけでは同棲をするメリットはありません。

特に今は無料の通話アプリなどもあるので、それほど同棲がメリットに感じられない男性も多いでしょう。

それでも同棲をしたい場合は、一緒に住むメリットを伝えましょう。

家事負担や金銭的な負担が楽になること、遠距離であればデートのための交通費が浮くことなど数字で表せるメリットを提示することで、相手も具体的に考えやすくなります。

デメリットも素直に伝える

メリットだけを話して押し切る形で同棲を始めても、「こんなはずじゃなかった」と同棲が破綻してしまう恐れがあります。

そのため、同棲に誘う際には正直にデメリットも話さなければなりません。

帰りが遅いために平日の家事が難しいことや通勤時間が延びてしまうことなど、隠さずにデメリットもしっかり伝えて相手に判断してもらいましょう。

家庭的な一面を見せる

家庭的な女性
同棲となるとお互いに働きながら協力して家事を行う場合がほとんどですが、多くの男性は女性に対して家庭的で家事の上手さを求めるものです。

そのため家庭的な一面を見せると、男心をくすぐり同棲しやすくなるでしょう。

手料理をふるまったりお弁当を作ったりアイロンをあてたシャツを渡すなど、男性が憧れそうな家事スキルを見せてみるのもおすすめです。

同棲がOKされやすいタイミング

双方にメリットが多い同棲であっても、いつでもOKされるわけではありません。

誘うタイミングが悪いと、相手に同棲を断られるだけではなくあなた自身に悪いイメージを持たれてしまう恐れもあります。

そうならないために、どんな状況なら同棲がOKされやすいのかも知っておき、誘いやすいタイミングを待ちましょう。

転勤や転職

現在は近距離で付き合っているカップルでも、どちらかが転勤や転職をすることで遠距離恋愛になってしまう恐れがあります。

そういった状況だとお互いに初めての遠距離で不安になりがちなので、それを機に同棲を始めることを提案するとOKされやすいと言われています。

特に交際期間が十分に長ければ、結婚を前提とした同棲として相手も将来を考えるきっかけになるでしょう。

遠距離恋愛で久しぶりに会えた時

既に遠距離恋愛をしているカップルは、久しぶりに会えた時に顔を見て同棲を切り出してみるのもおすすめです。

いくら電話やLINEでいつでも連絡をとれるといっても、直接会うと離れがたくなるものですので同棲したいという気持ちが高まりやすくなります。

「移動時間がもったいないし、お互いに異動希望を出して同棲しよう」など前向きに提案してみるのも良いのではないでしょうか。

仕事がうまくいっている時

仕事が失敗していると、誰かに頼りたくなって同棲を提案したくなることもあるでしょう。

しかし、そうした状況で同棲を提案しても男性の稼ぎをあてにしていると思われて、同棲を断られるだけではなくだらしない女性だと思われるリスクが高まります。

逆に仕事がうまくいっている時であれば、同棲のパートナーとして頼もしい女性だと思われて同棲も前向きに考えてもらえる可能性が高まるでしょう。

体調を崩して看病された時

看病
体調を崩して相手に看病してもらっている時に同棲を切り出すのもおすすめです。

弱っている彼女を放っておくのは心配だと感じる男性は多いので、そうした時に同棲を切り出すとOKしてもらえる可能性は高まります。

逆に男性が弱っていて看病している時に「心配だし、これからは一緒に住みたい」と切り出すのもおすすめです。

ただし男性の体調によっては話し合いどころではないので、治ってから改めて切り出した方が良い場合もあります。

賃貸の契約更新時

どちらかが住んでいる物件の契約更新時も同棲を切り出すタイミングとしては良いタイミングになるでしょう。

契約更新になると普段よりもお金がかかるので、そのタイミングで同棲を開始すれば大きな節約が可能になります。

契約を更新してすぐに同棲を開始するよりは家具や家電に回せるお金が増えるので、余裕を持って新生活を始めることができます。

条件の良い物件を見つけた時

お互いに同棲をしたいと思っていても、物件がないとどうにもなりません。

そのため、条件の良い物件を見つけてから同棲の話を切り出すのも良いでしょう。

彼氏も物件が気に入れば、一気に同棲が始まるかもしれません。

ただし彼氏に同棲する気が全くなかったり付き合い始めてすぐなのに物件を見せてしまうと、重い女だと思われるリスクもあるので注意しましょう。

相手の親に挨拶をした時

相手の親に挨拶をした時は、一つの区切りになるので同棲を切り出しやすいタイミングです。

「ご挨拶もできたし、将来を見据えて同棲したい」というように誘えば、軽い気持ちで誘っているわけではないことが相手にも伝わるでしょう。

しっかりした女性であることもアピールできるので、真面目な彼氏に対して特に有効なタイミングです。

結婚を意識した時

結婚
付き合いが長くなってきたりお互いが結婚適齢期に入ると、徐々に結婚を意識するでしょう。

しかし、今まで一緒に暮らしたことがないのに入籍をしていきなり同居をするのはリスクが高いと感じる男性も少なくはありません。

そのため、そのタイミングで同棲を提案すると男性としても受け入れやすくなります。

結婚に関する話題が出た時こそ、同棲に誘ってみてはいかがでしょうか。

同棲に親の許可は必要?

同棲というと社会的に安定した関係ではないので、結婚のように婚姻届などは必要になりません。

そのため、家を借りる場合を除いて保証人などを用意する必要もないでしょう。

では、そういった保証人とは少し違いそもそも同棲に親の許可は必要なのでしょうか。

未成年同士のカップルではなくお互いに社会人として経済的にも自立している男女の場合で考えてみましょう。

親の許可がなくても同棲は可能

お互いに親から精神的にも金銭的にも自立していて自活している男女が同棲するのであれば、当然ながら親の許可は要りません。

どこに住むかを決める自由が認められているように、同棲に関しても特に許可を得ずに好きなタイミングで同棲を開始することができます。

ただし、そうはいっても基本的には同棲するタイミングで親に挨拶をしたり、挨拶ができなくても自分の親に同棲を始めることを電話などで伝える場合がほとんどです。

いきなり同棲をすると、法的には問題がなくても後々の印象が悪くなり結婚を反対される恐れもあるので注意しましょう。

許可を得た方が長続きしやすい

同棲の許可を得ると両親と彼氏の関係が悪くなりづらいだけではなく、長続きしやすいというメリットがあります。

急に親が来る心配をせずにのびのびと過ごすこともできますし、同棲を宣言したことで簡単に別れられないという抑止力も働きます。

同棲を成功させるためにも、両親に一声かけてから同棲するのがおすすめです。

同棲のメリット

同棲のメリットというと「好きな人といつでも一緒にいることができる」ということが真っ先に思いつくことでしょう。

しかし、同棲によって得られるメリットはそんな単純なものだけではありません。

同棲にはそれ以外にも様々なメリットが存在しています。

相手に同棲を提案する時の説得力にするためにも同棲のメリットを把握しておきましょう。

好きな人と一緒に生活できる

色々なメリットがあるとはいえ、同棲の最大のメリットといえばやはり好きな人と一緒に生活できることです。

いつでも会えるのはもちろん、好きな人と一緒なら楽しくない家事も楽しくこなすことができます。

大掃除などの面倒な仕事や日常の家事のちょっとしたことなども楽しくこなせるのは同棲の大きなメリットだと言えるでしょう。

お互いの生活スタイルが確認できる

週末同棲のように短期間なら寝食を共にするカップルもいますが、同棲となると仕事時間以外は基本的にずっと一緒にいることになります。

そうすると普段の相手の姿を見ることができるため、生活スタイルを確認することができます。

家事をするタイミングや寝るタイミング、テレビを見る時の音量の大きさなど細かなスタイルまで同棲をすればしっかり把握できるので結婚に向けて具体的に考えやすくなります。

離婚のリスクが避けられる

同棲を経ずに入籍していきなり同居を始めてしまうと、相手との生活スタイルの差が耐えられずに短期間で離婚してしまうかもしれないというリスクがあります。

しかし、あらかじめ同棲期間を設けておけば入籍するといっても書類を一枚提出するだけですので生活スタイルの差による短期での離婚リスクは避けることができます。

家事を分担できる

一人暮らしの家事はそれほど大したものではありませんが、それでも日常的に家事をすると辛い気持ちになることもあるでしょう。

しかし、同棲ならお互いに家事を分担することができます。

得意分野が違っていればそれぞれの得意分野を分担することもできますし、苦手なことでも二人で取り組めばそれほどストレスなく家事をすることができるでしょう。

忙しい時にフォローし合えるのも同棲のメリットの一つです。

生活費を分担できる

生活費
家事を分担できるだけではなく、同棲では生活費を分担することも可能です。

お互いが家賃を折半することで、今までよりも広くて綺麗な家に住むことができるようになるでしょう。

家賃だけではなく食費なども二人で自炊した方が一人暮らしよりも経済的ですし、電気やガス、水道といった光熱費も二人暮らしを始めたからといって2倍になるわけではないので金銭的に余裕を持った生活ができるようになります。

安心感を得られる

同棲は金銭的な余裕が生まれるだけではなく精神的も余裕が生まれて安心感を得られるでしょう。

相手と仕事以外は一緒に暮らす生活になるので、浮気などを疑うこともありません。

飲み会なども最初に言ってもらうことで安心して送り出すことができるでしょう。

浮気の心配がないだけではなく、体調を崩した時でも病院に連れて行ってもらえるなど健康上の安心感も生まれます。

結婚を意識しやすくなる

同棲と結婚は社会的には大きな違いを持つものの、本人たちにとっては婚姻届を出すかどうかという違いしかありません。

すなわち、同棲生活を続けることで結婚の予行演習のような状態になるので結婚を意識しやすくなります。

結婚後の具体的なイメージが湧き、お互いに入籍に対する漠然とした不安感を払拭できることで、結婚が早まる場合もあるでしょう。

同棲のデメリット

メリットの多い同棲ですが、同棲に誘う時に伝えなければならないようにデメリットも存在しています。

今までデートの時にしか一緒にいなかったカップルが一緒に暮らすようになると、どんなにラブラブなカップルでもデメリットを強く感じてしまう場合もあるでしょう。

同棲にはどんなデメリットがあるのか、こちらもしっかり確認しておいてください。

ケンカが起こりやすい

ケンカ
一緒にいる時間が増えるため、必然的にケンカが起きやすくなります。

デートの時はちょっと嫌なことがあっても我慢できるカップル同士でも、同棲として生活を共にするようになると機嫌が悪い時も出てきてケンカに発展することもあるでしょう。

お互いの欠点が今までよりも多く見えるようになり、同棲を始めたばかりの頃は必然的にケンカが増えてしまいます。

家政婦状態になる

女性に家庭的な一面を求める男性は多く、実際に同棲しても女性の方が家事負担の割合が多くなってしまいがちです。

女性も良いところを見せようと張り切って家事に取り組むことも多いでしょう。

しかし、そうした状態が当たり前になってしまうと、いつの間にか最初に決めた家事分担がうやむやになり、家政婦状態になってしまう恐れがあります。

共働きなのにどちらかに家事の負担が一方的に偏るような状況は絶対に避けなければなりません。

一人の時間が減る

二人でいる時間が増えることは同棲のメリットの一つですが、そうなると必然的に一人の時間が減ってしまいます。

一人暮らしの期間が長ければ長いほど、一人の時間が持てないことは意外とストレスになってしまうでしょう。

どんなに好きな人でも、慣れるまではずっと一緒にいると疲れてしまうこともあります。

一人になりたい時になれる空間がないと同棲には耐えられないと考える人もいるでしょう。

交友関係や行動範囲が狭くなる

同棲を始めると、どうしても休日は毎回デートや買い出しの時間になってしまいがちです。

そうすると学生時代の友達が職場の同僚など、お互い以外の人との関係が希薄になってしまう恐れがあります。

また、いつも一緒にいる相手と出かけることでお出かけコースも定番のマンネリコースになってしまい、行動範囲が狭くなる恐れもあります。

刺激がなくなってしまい、同棲がつまらないと感じられる人も少なくはありません。

親の理解が得にくい

若い人たちにとって、同棲はお互いが一緒に住める結婚の準備期間として素敵なものに思えるでしょう。

しかし、親世代にとってはまだまだ同棲は理解しづらいものです。

「同棲するくらいなら籍を入れるべきだ」と言われることもあるでしょう。

もちろん親の理解や許可を得なくても同棲をすることは可能ですが、恋人と親の今後の関係性に悪影響を及ぼす恐れがあることは覚えておきましょう。

婚期が遅れる可能性がある

同棲と結婚は婚姻届を出すか出さないかという違いしかないので、同棲に慣れてしまうと「今さら婚姻届を出さなくても良いんじゃないだろうか」という気持ちになってしまいがちです。

そのため、お互いに強い結婚願望を持っていないと婚期が遅れてしまう恐れがあります。

お互いが納得しているのであれば同棲関係をずっと続けても良いですが、そうすると出産時期も遅れてしまう恐れがあります。

同棲をする際の大きなデメリットとして覚えておきましょう。

別れる時に住まい探しが大変

同棲をしていない状態では、別れても特に日常生活に影響はありません。

しかし、同棲していると別れた後はお互いに新しい家を探す必要があります。

金銭的に余裕があればそのままどちらかが住み続けることもできますが、そうではない場合は新居を探し家具や家電を買わなければなりません。

同棲を始める時と同じくらいの金銭的な負担がかかってきてしまうのは避けられないでしょう。

同棲前に決めておいた方がいい事

お互いのことが好きだからと勢いだけで同棲を始めると、意外とストレスばかりを感じて同棲が失敗に終わってしまう恐れがあります。

そのため、同棲を始める前には最低限の決まりごとを決めておく必要があります。

揉めるカップルが多い6個のポイントを知り、同棲前に話し合っておきましょう。

同棲する場所

新居を構える場所は非常に重要です。

結婚を見据えた同棲であれば、長く住んでも問題なく、またできれば子どもが生まれても十分な広さの家を選ぶ必要があるでしょう。

そのためにはお互いの通勤時間だけではなく、周りの治安や買い物のしやすさなどを総合的に判断しなければなりません。

どちらかに通勤の負荷がかからないように最適な場所を選びましょう。

同棲する期限

「いつかは結婚しよう」というあやふやな約束で同棲を始めると、ずるずると同棲期間が延びて婚期を逃してしまう恐れがあります。

同棲を始める前に「半年経ってもお互いに問題がなければ入籍する」や「○月○日の記念日までには入籍する」のように期限を設けておくようにしましょう。

特に男性は同棲すると結婚願望を失う人もいるため、しっかり決めておくことが重要です。

家賃や生活費の負担割合

生活費に関しては二人で同じ額を共通の財布に入れることで割り勘をすることもできますが、家賃や光熱費などはどちらかの口座から引き落としになる場合がほとんどです。

それに対してきっちり半額を毎月振り込むのは意外と手間がかかるので、負担割合を事前に決めておくのが良いでしょう。

お互いの給与明細を見せあいながら、無理のない範囲で負担割合を決めるのがおすすめです。

家事の分担

金銭的なことと同様に決めておきたいのが、家事分担です。

収入の差で家事分担の割合を決めるカップルもいますが、そうなると拘束時間や自由時間の差が出て不満が生じやすくなってしまいます。

また、昇給などがあると分担を変える必要があり揉め事の原因となる場合もあります。

あまりきっちり決めすぎるとケンカの元ですが、だからといって「気付いた方がやる」という形式でも片方に負担が偏りすぎる恐れがあります。

どのように分担を決めるとお互いに気持ち良く感じができるのかしっかり話し合いましょう。

間取りの使い方

1LDKなどで同棲をする場合、寝室と共有スペースという形になりがちです。

しかし、それでは自由に過ごせる場所がないのでストレスが溜まってしまうことがあるでしょう。

理想としてはお互いに個室を作れる2LDK以上の間取りで同棲をするのがおすすめです。

ただし、それでも部屋の日当たりや広さなどで揉める可能性があります。

家を決める際にはどのような間取りの使い方にすれば不満が出ないかを考えながら決めましょう。

休日の過ごし方

あまりきっちり決める必要はありませんが、休日の過ごし方についても事前に話し合っておくのが安心です。

お互いにずっと一緒にいたいのか、二日のうちに一日は自由時間として友達と会う時間にするのかなど、お互いにストレスにならないように過ごしましょう。

特に土日祝日などの休みが被っている場合は、休日の過ごし方でケンカになってしまいがちです。

毎週デートに行くわけにはいかないので、どのような過ごし方が理想的なのか話し合ってみてください。

同棲を断られやすい女性の特徴

タイミングを計って同棲に誘ったからといって、絶対に同棲をOKされるわけではありません。

どんなに良いタイミングで声をかけても、絶対に同棲を断られてしまうという女性もいます。

では、どんな女性は同棲を断られやすいのでしょうか。

共通する4つの特徴を見ていきましょう。

彼にべったり

彼氏に精神的に依存している女性が同棲に誘うと、男性は「同棲後の自由時間が無くなってしまいそう」と不安になってしまいます。

友達や同僚と出かけたり自分の趣味に費やす時間がなくなったりすることを嫌う男性は多いので、彼氏に依存している女性は同棲を誘っても断られてしまうでしょう。

同棲にOKをもらうためには、自立した女性になる必要があります。

束縛する

普段から彼氏の行動を制限するような束縛癖のある女性も同棲NGとされてしまう可能性が高くなります。

一緒に生活することで、スマホをチェックしそうな女性などは男性も窮屈な生活になることを予想して一緒に暮らしたいとは思わないでしょう。

飲み会に行く時にいつも迎えに行ったりメンバーの写真を求めるような女性は嫌がられても仕方ありません。

普段から束縛しがちな女性は特に注意して行動してください。

神経質

神経質でいつも細かなことにイライラしている女性も、同棲するとケンカが絶えない生活になりそうで避けられる可能性が高くなります。

家でリラックスしたいのに細かなことで注意されて完璧な生活を求められるのであれば、男性としても同棲をしたくないと考えるのが自然でしょう。

細かなことにも気が付けるのは長所ですが、神経質になりすぎないように注意しなければなりません。

金遣いが荒い

どんなに稼いでいても貯金がなかったり、あるいは稼ぎがそんなに良くないのにブランド品ばかりを買いたがるような金遣いの荒い女性は、男性としても同棲したくない相手No.1になりがちです。

そういった女性は、現在はどんなに経済的に自立していても、いずれ男性の稼ぎまであてにして贅沢しそうというイメージを抱かれてしまいます。

同棲に誘う前は、無駄遣いしていないこともアピールすると良いでしょう。

うまくいく同棲のコツ

デメリットや注意点もある同棲ですが、基本的には恋人と始める新生活なので楽しい生活を始めることが可能です。

では、どういった点に注意すれば特に楽しい同棲ができるのでしょうか。

同棲を始める前に知っておきたい、成功させるためのコツを7個解説していきます。

お互い尊重しあう

同棲をしたり結婚をしたりすることで、相手を自分の所有物であるかのように思ってしまう人は男女問わずいます。

しかし、当然ながらそのような認識では同棲生活を成功させることはできません。

相手の欠点を指摘する際にも上から目線になりすぎて子どもに指示を出すような言い方にならないように注意しましょう。

お互いを対等な存在として尊重し合うようにすることが同棲を成功させるコツです。

役割分担をする

生活費の分担を決めたり家事の役割分担をすることは非常に大切です。

そうしたことを決めておかないと、同棲を始めてすぐに「母親と息子」あるいは「父親と娘」のほうに保護する関係と保護される関係になってしまいかねません。

お互いを尊重して付き合うためにも、自分の得意分野を活かして苦手分野をカバーしてもらうような役割分担を考える必要があります。

一人の時間も大切にする

いつでも一緒にいられるのが同棲のメリットではあるものの、一人の時間がないと疲れてしまいます。

特に同棲を始めてすぐの頃は一人の時間がないと緊張しっぱなしで同棲自体がストレスになってしまう恐れがあります。

個室を用意したりお互いに一人で出かける日を作ったりして、一人の時間も大切にできるように意識しておきましょう。

スケジュールを共有する

共同生活なので勝手な生活態度は相手に迷惑をかけてしまいます。

相手がご飯を作って待っていてくれているのに急に友達と飲みに行ったり、あるいはあなたがご飯を作っているのに相手が何も言わずに出張に行ったりしてしまうとイライラが募ってしまうでしょう。

スケジュールを共有できるアプリなども駆使しつつ、お互いにすれ違う生活にならないように工夫することも大切です。

不満を溜め込み過ぎない

付き合いが長くてどんなに気の合うカップルでも、一緒に生活していると今まで見えていなかった部分が見えてきて不満を抱いてしまいがちです。

そうした不満を溜め込み過ぎると、ある日急に爆発してしまい相手と大喧嘩に発展してしまう可能性があります。

不満があればその都度共有して改善できるような話し合いをしてお互いに快適に生活することを目指しましょう。

女性としての羞恥心を忘れない

日常生活を共にしていると気が抜けてだらしない姿を見せてしまうこともあります。

しかし、そうした素の部分を見せすぎると女性としての魅力がないと思われて同棲生活が失敗に終わってしまう恐れがあります。

すっぴんを見せるくらいなら問題ありませんが、お風呂上がりに全裸でウロウロするなどの羞恥心を忘れた行為は慎みましょう。

一緒に生活していても家族ではなく恋人であることを意識しておくことが大切です。

結婚アピールをし過ぎない

期限を設けて結婚に向けた同棲をしている場合でも、いつでも結婚の話ばかりをされると男性は追い詰められているように感じてしまいます。

プロポーズに対する具体的な要望を言ったり、ことあるごとに「新婚みたいだね!」と発言したりして結婚アピールをしすぎないようにしましょう。

期間が終わるまでは同棲生活を満喫する気持ちで過ごすのがおすすめです。

彼との幸せな同棲生活をスタートさせよう

注意点もありますし別れてしまうカップルもいるものの、基本的には同棲をすると結婚に向けて一歩前進したと考えることができるでしょう。

楽しく過ごすためにも彼との幸せな同棲生活を満喫してください。