別居から離婚に進んでしまう原因とは?冷戦期間の別居中に復縁するためにやるべき10個の事!離婚を阻止しようについて
単身赴任といった仕事上のやむを得ない理由ではなく、喧嘩をしてお互いの頭を冷やすためといった理由や、性格の不一致を見つめ直すためなどの理由で別居という選択をする夫婦も少なくはありません。

一般的に一緒の家に住むことが多い夫婦において、別居をすると離婚の準備段階だというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、別居をしたからといって必ずしも離婚が避けられないわけではありません。

むしろ別居をしたことで冷静になって、お互いに復縁に向けて前向きに行動できる場合もあります。

どうして夫婦が別居することになってしまったのか、復縁したい場合に覚えておきたい別居中のNG行動、そして復縁するきっかけになる出来事や、スムーズに復縁するためのポイントなど、別居をしたものの離婚を避けたい人が覚えておきたいことを解説していきます。

別居から離婚に進んでしまう原因

そもそも、一緒に暮らしている夫婦が別居をすることは一般的なことではありません。

なぜ夫婦が別居をしてしまい、さらに離婚まで至ってしまうのか。

別居から離婚に進む主な原因をチェックしてみましょう。

別々に暮らすことに慣れてしまった

別居期間が長くなれば長くなるほど、別々に暮らすことに慣れてしまいがちです。

最初は寂しくても一人暮らしのぺースができてしまうと、同居しようと思っても相手がいることがストレスになってしまう恐れがあります。

そうすると別居の方が快適だと感じ、結婚している意味を見失って離婚することになることもあります。

愛情がなくなった

別居をして会う機会がなくなると、なかなか愛情を維持するのはなかなか難しいと言われています。

相手に愛情がなくなると、もう同居して復縁しようという気持ちにならないのも当然のことかもしれません。

相手に愛情がなくなってしまい、もう夫婦としてやっていくのが無理だと感じて離婚することは決して珍しいことではありません。

復縁したい場合は、自分はもちろん相手の愛情も維持する努力をすることが重要です。

子供と溝ができてしまった

子供がいて別居する場合、同居していない親と子供の間に溝ができてしまう場合があります。

特に子供が小さい時は親の顔を忘れてしまうこともありますし、思春期の場合は複雑な気持ちで親との間に溝ができることもあります。

そうなると、お互いの気持ちが戻ってもヨリを戻しづらくなってしまい、両想いなのに泣く泣く別居からの離婚という選択をするしかなくなってしまうこともあるでしょう。

別居中に恋人ができた

恋人
本来ならば不倫となるので良いことではありませんが、別居している間に配偶者以外の好きな人ができて恋人関係になってしまう場合もあります。

あるいは、恋人まではいかなくても配偶者以上に好きな人ができてしまい、復縁は考えられなくなるケースもあるでしょう。

別居の期間にもよりますが、別居してすぐに好きな人や恋人ができた場合は慰謝料請求などに発展する可能性もあることは覚えておきましょう。

相手から離婚を請求された

自分は復縁することを前提に別居しているつもりでも、相手から離婚を請求されたことで離婚が避けられなくなってしまうこともあります。

相手が最初から離婚するつもりで別居していた場合もあれば、こっそり恋人を作っていて離婚したくなる場合もあるでしょう。

怪しいところがある場合は、探偵の力なども借りつつ相手が離婚を切り出した原因を徹底的に調べるのもおすすめです。

元々離婚目的で別居した

別居した段階で復縁か離婚か決まっていないためとりあえず別居するという人たちもいますが、いきなり離婚するとお互いの心の整理や仕事の都合上不都合があるため、離婚目的で別居期間を設けるという人たちもいます。

そういう人たちは、別居をしても復縁に向けて動くこともないので自然と離婚することになるでしょう。

離婚目的で別居した場合、子供の親権なども含めてスムーズに話し合いが進みやすいと言われています。

別居から復縁するまでの期間

別居という選択肢をとっても、復縁したいと考えている人はいるでしょう。

なんとかして配偶者と元の関係に戻りたいと考えることは、夫婦である以上決して不自然なことではありません。

では、別居から復縁するまでの期間は一般的にどのくらいなのでしょうか。

それぞれの夫婦の動きも含めてみていきましょう。

数ヶ月以内

復縁として最も多いのは、数ヶ月以内に復縁するというケースです。

数ヶ月あればお互いに別居する原因となった自分の行動を改めることもできますし、相手に対して許す気持ちも生まれるでしょう。

コツコツと連絡を取っている夫婦の場合は一ヶ月が経過した頃に「そろそろ同居しよう」という話が出てきて、自然と復縁に向けた話し合いが始まることもあるようです。

復縁したい場合は、早めに話を切り出すことで成功率が高まります。

半年

お互いに強情な夫婦の場合、なかなか自分から復縁に向けた話し合いができないという夫婦もいます。

そういった夫婦の場合は、半年という区切りの良い時点で復縁の話が出てくることも珍しくはありません。

数ヶ月では直らなかった自分の欠点も半年なら直しやすいというのも半年で復縁する夫婦が多い一因です。

ちょうど季節も大きく変わるということで、イベントに絡めて話を切り出しやすいというメリットがあるのも半年という期間の特徴です。

一年

浮気や借金といった、性格の不一致などではなく夫婦の信頼関係を大きく損なわせることが原因で別居している夫婦の場合は、復縁まで一年くらい時間を要する場合もあります。

浮気している場合はその相手との関係を解消してその後は何も浮気をしていないこと、借金の場合は借金を全額返済して使い込んだ分の貯金をしていることなども復縁の条件となることがあるでしょう。

いずれにせよ、復縁をするためにはギリギリの最終ラインであると考えられています。

別居期間が延びるほど離婚率が高まる

復縁のためには一年以上の別居期間を設けない方が良いと言われています。

もちろん一年以上別居している夫婦でも復縁できるケースはありますが、それでもやはり稀なケースであると言えるでしょう。

別居期間が長くなればなるほど復縁に向けた話し合いもしづらくなりますし、別居する生活に慣れてしまい同居がストレスになってしまって同居出来なくなってしまうケースもあります。

復縁したい場合は、早めに原因を取り除き復縁を自分から申し出るなど積極的に行動しなければ復縁できなくなる恐れがあることは覚えておかなければなりません。

別居中に復縁するためにやるべき10個

夫婦が別居する時、片方は離婚に向けた準備期間だと思っていても片方は復縁のためのチャンスだと考えているケースがあります。

お互いに別居に対する意識が異なると、なかなか復縁するのは難しくなってしまうかもしれません。

しかし、別居期間中の過ごし方によっては復縁できる可能性を上げることも不可能なことではありません。

では、どうすれば復縁できる可能性が上がるのでしょうか。

別居期間中にやるべき10個のことを覚えておきましょう。

1:コツコツ連絡を取り合う

連絡
復縁に向けて大切なことは、お互いがいない生活に慣れないということです。

お互いがいない生活に慣れてしまうと、そちらの方が気楽で良いと感じてしまい復縁という選択肢が消えてしまう恐れがあります。

そうならないようにコツコツと連絡を取り合うようにしましょう。

ただし付き合いたてのカップルではないので、雑談LINEなどは歓迎されません。

子供の様子を報告するなど、意味のある連絡を定期的に取るようにしましょう。

2:別居に至った原因を振り返る

夫婦喧嘩を頻繁にしている夫婦でも、別居までするのは決して一般的なことではありません。

別居に至ったからには、それなりの大きな原因があることがほとんどです。

その原因を振り返って、自分に原因があるのであればそれを解決しなければ仮に復縁して同居を始めてもすぐに離婚に向けた話し合いが始まってしまう恐れがあります。

寂しさから復縁したいと主張する前に、しっかり別居を始めた原因と向き合うようにしましょう。

3:相手の不安や不満を理解する

相手との価値観の不一致で別居に至っている場合、その相手の不安や不満を理解して解決しなければなかなか同居に戻ることはできません。

相手はあなたとの生活でどのような不安や不満を抱いていたのか、しっかり理解していきましょう。

相手が明言してくれない場合は、普段のお互いの言動を思い返して分析しなければなりません。

別居期間中にしっかり考えて相手の気持ちを思いやりましょう。

4:欠点を改善する努力をする

相手の不安や不満が一時的なものであれば、別居したことで既に解消されているかもしれません。

ただし、もしあなたの日常的な行動の中に不安や不満があった場合は、それを改善しなければ同居に戻ることは難しいでしょう。

たとえば異性と二人で飲みに行ったり、使ったゴミを捨てずに出しっぱなしにするなど、相手が同居を続ける上で無理だと思っていることは改善しなければなりません。

相手が直してほしいと思っている自分の欠点はどこなのか、どうすれば改善できるのかをしっかり考えていきましょう。

5:復縁したい気持ちを素直に伝える

あなた自身は復縁に向けた前向きな別居だと思っていても、実は相手は離婚に向けた準備期間だと思ってしまっているかもしれません。

そのような意識の差があると、どんなに欠点を改善したところで、それを相手に見てもらう機会すらなくなってしまいます。

復縁したい場合は、絶対に復縁したい気持ちやその希望する大体の時期を相手に伝えて、努力していることをアピールしておきましょう。

6:子供の様子を伝える

子供
子供がいる場合は、子供の様子を相手に伝えることも復縁するために必要です。

子供の様子を伝えずに自分の復縁したいという気持ちだけを押し付けると、親として信頼できない存在だと思われてしまう恐れがあります。

子供の様子を伝えることは連絡の口実になるだけではなく、お互いに親としての自覚を再認識して「子供のためにも離婚は避けて復縁しよう」という気持ちを持つためにも役立ちます。

子供の写真を定期的に送るなど、様子はしっかり伝えましょう。

7:さり気なく相手の体調を気遣う

相手とコミュニケーションを取る中で、復縁のことばかりを考えて自分が復縁を希望していることや、欠点を改善できたことなど自分のことばかり伝えてしまうと独りよがりで嫌な性格だと思われてしまう恐れがあります。

復縁はあなただけではなく相手の気持ちに寄り添うことも重要ですので、さり気なく相手の体調を気遣いながら連絡を取りましょう。

寒い時に心配するなど、優しさを見せることで相手も一人の寂しさを実感して復縁に向けて具体的に考えてくれるようになるかもしれません。

8:SNSなどの投稿は控える

別居中で寂しいと、ついついSNSに依存してしまうこともあるでしょう。

しかし、SNSに寂しい気持ちをこれみよがしに投稿すると、相手からはアピールがうざいと思われてしまう恐れがあります。

だからといって充実した投稿をしていても「一人で大丈夫そうだ」と思われてしまう恐れもあるでしょう。

別居期間中はSNSの投稿は控え、何をしているか分からないようにするのも一つの戦略です。

相手があなたのことを気になるように誘導していきましょう。

9:気分転換できる事を見つける

気分転換
復縁に向けた別居をしていると、「どうして一人になってしまったんだろう」、「なぜ別居してしまったんだろう」、「いつ復縁できるんだろう」のように暗い気持ちになってしまう恐れがあります。

しかし、そうした暗い気持ちで生活をしていると気持ちが落ち込んでうつ病などになってしまう恐れもあります。

別居期間中も改善点を見つけるなど復縁に向けた動きをすることは重要ですが、それだけを考えないように気分転換できる趣味などを見つけましょう。

10:離婚届不受理申出を出す

離婚届は本来夫婦二人の署名や捺印が必要なものですが、相手がどうしても離婚したい場合はあなたの分の署名や捺印を友達に頼んで偽装して勝手に離婚届を出されてしまう恐れがあります。

特に相手に既に恋人ができた場合は、そのリスクは跳ね上がるでしょう。

そのように勝手に離婚されることを防ぐためにも、離婚届不受理申出は出しておくのがおすすめです。

そうすれば無断で離婚届を提出されても受理されないので、相手の暴走を防ぐ効果が期待できるでしょう。

別居から復縁できたきっかけ

復縁を見据えて別居を受け入れた人にとっては、別居したことがある人たちがどのようなきっかけで復縁したかは非常に気になるものではないでしょうか。

もちろん子供の有無やそれぞれの性格、別居の原因によって復縁のきっかけは異なるものですが、ここでは主なきっかけとなり得るものを5つ紹介していきます。

別居していても復縁をしたい人は、ぜひチェックしてみてください。

寂しさに耐えられなくなった

寂しい
お互いに好きな気持ちが残っていて別居した場合、最初はストレス源となっている相手がいなくなることで快適な暮らしができているように思えますが、次第に寂しい気持ちが大きくなってしまいがちです。

特に風邪をひいてしまった時や仕事で疲れている時などは寂しさを実感するでしょう。

そういう時に配偶者から体調を気遣ってくれるような連絡が来た場合は、寂しさに耐えられずに復縁のきっかけになるようです。

お互いの大切さを再確認した

一緒に暮らしていると衝突することもあり相手の大切さを忘れてしまいがちですが、離れてみると相手の大切さを再確認できる場合もあります。

今まで何気なく相手がしてくれた気遣いに、一人暮らしになることで初めて気付くということもあるでしょう。

そうやって相手がいないことを実感していく中で大切さを再確認し、これからは離れて暮らしていきたくないと感じると復縁のきっかけになります。

欠点を克服する努力が伝わった

生活態度のだらしなさや浮気癖、借金などの欠点が理由で別居という選択肢をとる夫婦もいます。

そのように性格の不一致ではなく明らかな欠点によって別居した場合は、その欠点を克服できた時点、あるいは相手に欠点を克服する努力が伝わった時点で復縁に動き始める場合もあります。

もう二度と欠点が理由で別居することはないと確信できれば復縁することも夢ではないでしょう。

子供の将来のことを考えた

夫婦二人の生活であれば別居婚でもそれほど支障はありませんが、子供がいる場合においては別居は非常に不安定な生活様式です。

子供が小さいうちは両親が誰だか分からなくなって混乱する恐れがありますし、思春期の場合も影響を及ぼすことがあるでしょう。

そうなる前にと、子供への影響や子供の将来的なことを考えて復縁する場合も少なくはありません。

ただし、このきっかけの場合は別居の原因が解消されていないことも多いので、復縁して同居した後にすぐに離婚という選択肢をとる可能性もあるので注意が必要です。

周りの協力があった

別居後、どちらも復縁したいのに意地を張っている場合、あるいはどちらかが復縁を強く望んでいる場合は周りの協力がきっかけで復縁できる場合もあります。

共通の友人やお互いの実家から働きかけられることで同居や復縁に対する前向きな話し合いができ、その結果として復縁できることもあるでしょう。

もし共通の知り合いがいる場合は復縁に向けた話し合いへの助力をお願いするのもおすすめです。

子供がいて別居した場合の注意点

夫婦二人の生活で別居する場合よりも、子供がいる状態で別居する場合は複雑な生活になってしまいがちです。

別居は同居とはもちろん違いますし、離婚とも少し違う非常に不安定な状態です。

大人の都合でそういう状況に巻き込んでしまう場合、子供に対しては注意深く接するようにしなければなりません。

どうすれば良いのか、注意点を確認してみましょう。

子供の心のケアに徹する

子供が大人びて両親の気持ちを分かっているふりをしていても、別居をすると必ず子供の心は傷ついてしまいます。

これからどうなるのか、もう二度と一緒に暮らせないのかと口や態度に出さなくても不安な気持ちになってしまう子は多いでしょう。

別居した場合は、まず第一に子供の心のケアを考えてあげなければなりません。

愛情を伝える

別居に至るまでに家庭内の雰囲気が重苦しかった場合は特に、子供は両親に見捨てられたのではないかと不安になってしまいます。

そのため、一緒に暮らしている親にも捨てられないように必死になってしまうことは少なくはありません。

子供が愛情不足を訴えていない場合でも、意識的に子供に愛情を伝えてあげましょう。

言葉だけではなく抱きしめてあげることでも子供を安心させることはできます。

笑顔で接する

別居によって不安になっているのは子供だけではなく大人も同じことです。

しかしそれで子供の前でイライラした顔を見せたり不安な顔を見せたりすると、子供はさらに不安になってしまいます。

どんなに不安な状況であっても、子供に対しては笑顔で接するようにしましょう。

定期的な面会の場面でも、子供の前で喧嘩になることはないように二人で意識して仲の良い二人の姿を見せることも重要です。

子供の気持ちに寄り添う

親の視点からすると子供は復縁した家庭で家族一緒に生活するのが幸せだと思うかもしれませんが、実は子供は本心では一緒に暮らしたくないと思っている場合もあります。

特に浮気や家庭内暴力などが原因で別居に至った場合、子供心にも「一緒に暮らすのは無理だ」や「一緒にいると息苦しい」と感じてしまっている恐れがあります。

本当に復縁する方が良いのか、別居のままの方が子供が幸せなのか、子供の気持ちに寄り添ってあげましょう。

配偶者の悪口を言わない

浮気など相手の生活態度が原因で別居することになった場合、相手に対して愛情よりも憎しみの方が大きい場合もあるでしょう。

あなた自身としては復縁なんて考えられずに離婚のための準備期間として別居しているつもりの場合もあるかもしれません。

しかし、それでも子供にとっては大切な親であることに変わりありません。

子供の心を傷つけないためにも、子供の前で配偶者の悪口は言わないように注意が必要です。

復縁を妨げる別居中のNG行動

たとえば別居中に寂しさから浮気してしまうなどの行為は論外ですが、それ以外にも別居中の行動によって復縁が台無しになってしまうこともあります。

どのような別居中の行動は復縁を妨げてしまうのでしょうか。

せっかく復縁に向けて動いていても、全てが台無しになってしまうNG行動を5つ紹介していきます。

すぐに復縁を迫る

別居の原因がなんであれ、原因があるから別居していることに違いはありません。

それなのに、その原因が解消されていないにも関わらずすぐに復縁を迫ってしまうと、相手を苛立たせてしまうでしょう。

特にあなたに責任があるのに、すぐに復縁を迫ると反省していないと思われて怒らせてしまう恐れもあります。

どんなに復縁したくても、すぐに復縁を迫るのはやめましょう。

しつこくLINEや電話をする

コツコツと連絡を取るのは復縁に向けて大切なことですが、しつこくLINEや電話をするのはNG行為です。

相手が連絡をすぐに返してくれない時など、束縛するような態度を見せると「彼女気取り・妻気取りで面倒」だと思われてしまう恐れがあります。

相手に連絡を取る時でも、手が空いた時に返信があれば問題ないという気楽な気持ちで連絡をするようにしましょう。

しつこく別居中の様子を探る

まだ気持ちが残っているのに別居をすると、相手が別居中にどのような暮らしをしているのか気になるかもしれません。

しかし、それで別居中の食生活や住んでいる場所、休日の過ごし方などを詮索してしまうと、そうした行為もうざいと思われるリスクが高まります。

同居とは違い、相手のことを知らないのが当然なのが別居ということを自覚して、どんなに相手の暮らしが知りたくても相手が話してくれるまでは我慢するのがおすすめです。

義両親を責める

義理の両親の過干渉などが原因で別居になる夫婦も少なくはありません。

そうすると別居の原因は義両親になるので、ついつい責めたくなることもあるでしょう。

しかし、どんなに困った義両親でも配偶者にとっては実の親なので責められると良い気分になりません。

配偶者の前で義両親を責めることはやめましょう。

同様に、配偶者が出て行ったことに対して義両親に文句を言うのもお門違いですので控えなければなりません。

連絡無しに急に戻る

あなたが家を出て行った形で別居している場合、当然ながら前の家に戻ることは物理的に可能です。

しかし、相手には相手の生活があるので連絡もせずに急に戻ると迷惑がられてしまう恐れがあります。

鍵を持っていたり住所を知っていたりしても、同居していない以上は他人としての礼儀を持って接することが重要です。

戻りたい場合も、急に戻って無理強いせずに連絡をして話し合いをすることが大前提です。

別居からスムーズに復縁同居するポイント

お互いに一緒に過ごしたいと考えるようになっても、だからといってすぐにスムーズに復縁して同居できるわけではありません。

特に別居期間が長ければ長いほど、いざ同居を始めてもストレスが溜まってしまい結婚生活が破綻してしまう恐れがあります。

別居を終えてスムーズに復縁同居するためにはどうすれば良いのでしょうか。

最後に3つのポイントを確認していきましょう。

同居に向けて具体的な話し合いをする

別居する際には期間や別居期間中の生活の負担割合、子供がいる場合は面会の頻度や別居の際の細かな決め事、もちろん別居に至る原因について詳しく話し合いをしたことでしょう。

別居を終える場合にも、それと同じくらい時間をかけて具体的な話し合いをしなければなりません。

具体的な話し合いができなければ、同居してもすぐにお互いの欠点が目について別れることになってしまう恐れがあるので、しっかり話し合いをしながら同居に向けて動くことが大切です。

改善した事

別居に至る原因があった時は、それをどの程度改善できたかしっかり話し合うようにしましょう。

完璧に改善することができていなくても、改善に向けて現在どのように動いているのかを報告するだけでも、相手から信頼を得ることができます。

改善できたこと、まだ間に合っていない場合は今後はどのように改善していくつもりかということをしっかり話し合うようにしましょう。

改善してほしい事

別居に至る原因が一つだけの場合は改善できたかどうかで同居するかの判断ができますが、多くの場合は別居に至る原因は複数存在しています。

また、同居していた時は気付かなくても一度別居したことで気付く相手の欠点もあるでしょう。

そうした改善してほしいことをうやむやにして同居しても、また不満が溜まって別居や離婚の原因になってしまいかねません。

同居を再開する前に、必ずお互いの不満に思っている部分を明確にしてください。

同居するタイミング

一度別居をすると、お互いにどのタイミングで元の家に戻れば良いのかは分かりづらくなってしまいます。

同居に向けた話し合いをする段階で、明確に同居するタイミングについても話し合いましょう。

引っ越し業者の手配や、荷物の搬入があればそのスケジュールなども二人で一緒に決めておくと尚良いでしょう。

結婚した時と同じような気持ちで再出発できるようにしましょう。

一緒に過ごす時間を少しずつ増やしていく

ラブラブな状態で同居を始める新婚の時とは違い、別居してから再び同居する場合はお互いに少し気持ちが冷めた状態で同居を開始することになります。

そのため、いきなり四六時中一緒にいるとストレスが溜まって離婚の原因になりかねません。

同居を再スタートする場合は、いきなり同居するのではなく徐々に一緒に過ごす時間を増やしていきましょう。

外食

別居期間が長いと、会話に困ってしまうこともあります。

一緒の家で生活していて会話がない重苦しい時間を過ごすのは意外とストレスになってしまいますので、まずは外食を何度も一緒にしてお互いの会話のペースに慣れるようにしましょう。

会う回数が増えるほど共通の話題も増えていくので、できるだけ一緒に食事をすることも大切です。

旅行

外食よりも長い時間を過ごすことで、より明確に同居後の生活のイメージが持てるようになるでしょう。

同居を本格的に再開する前に、一度一緒に旅行に行くこともおすすめです。

子供がいる場合も、一気に同居すると緊張で疲れてしまうので、旅行を挟んで徐々に緊張をほぐしていけば心のケアができるでしょう。

旅行先ではもちろん同室で色々な話をしてください。

週末だけ同居する

旅行で一緒の生活のイメージを作ることもできますが、やはり旅先ではお互いに普段とは違うテンションで落ち着いて生活をすることができません。

また、旅館のように色々なサービスがある場所では生活を共にするイメージが湧きづらいこともあるでしょう。

旅行で問題がないと思えた場合は、週末婚のように週末だけ同居を始めるのもおすすめです。

一緒に買い物をしたり家事をしたりして、お互いがいる生活に徐々に慣れていきましょう。

焦って無理に妥協しない

お互いに同居を早く再開したいという気持ちが強ければ強いほど、焦って同居を始めてしまいがちです。

しかし、無理に妥協してお互いの欠点に目をつむって同居を始めても、結局はお互いの欠点が原因で再度別居、あるいは離婚することになってしまいます。

どんなに同居をしたくても、欠点が改善されていない場合には同居すべきではありません。

安易に妥協しないように、自分自身で譲れないラインを決めておくようにしましょう。

別居からの離婚を阻止して復縁を目指そう

相手から別居を切り出されると、もう二度と復縁はできないと絶望的な気分になってしまうこともあるでしょう。

しかし実際は別居をしても欠点を克服することができれば問題なく復縁している夫婦も少なくはありません。

離婚したくない人は相手の思惑を阻止して復縁に向けて動いていってください。