村八分な状況を打破するには?仲間外れにされたらやるべき10個のことで生活や気持ちを落ち着かせようについて
昭和の頃に書かれた小説を読むと、村八分という言葉を目にする機会もあるでしょう。

また、時代劇などを見ていても村八分という言葉が出てくることもあります。

それだけではなく、今の時代でも村八分という言葉が実際に使われることもありますし、村八分にされて苦しんでいる人も存在しています。

「村」という漢字が使われているから都会では縁がないと思っている人もいますが、実際は都会で生活していても村八分に悩んでいる人も少なくはありません。

村八分とはどういう状態なのかを始めとして、村八分にする人の心理や村八分されてしまいやすい人の特徴、そして村八分にされてしまった時にどうすれば良いのかといった対処法や考え方を紹介していきます。

村八分とは

そもそも「村八分」とは、元々は村社会の中で村の掟を破った人に対して周りの人たちが行う制裁行為のことをいいます。

村は農業を始めとして共同購入など一緒に生活をすることも多いですが、そうした生活の中で葬式と火事といった無視をすると周りの人たちにも迷惑がかかる行為を除き、他のことは村八分にされた人を徹底的に無視することなどを村八分といいます。

そのため元々は田舎の集落などでよく使われていた言葉でしたが、時代の変遷とともに村自体が少なくなってからも主にシカトなどによるいじめや仲間外れにすることを「村八分にする」などと慣用的に使われることもあります。

そのため「あの子のこと、しばらく村八分にしよう」などという言葉の意味は「あの子をしばらく全体で無視しよう」という意味になります。

現在でも日常会話の中では使われる言葉ですが、いじめを助長し差別を促すことからNHKなどでは放送しない言葉として規定されているといいます。

また、若者の言葉で無視をすることを「ハブく」と言いますが、その「ハブ」も「八分」から生まれた表現だと言われています。

事件にまで発展したケースも

村八分は、単に特定の人を一定の期間無視するだけの行為ではありません。

その人が来ると聞こえよがしに悪口を言ったり、あるいは関わらないだけではなく村八分対象の人や親族に対して能動的に嫌がらせを行うこともあります。

当然ながら、村八分の対象となった人たちのストレスはすさまじく、事件にまで発展するケースもあります。

村八分自体は刑法に触れるものではありませんが、民事では訴訟が起きて村八分をした側が罰せられていることもあります。

また、行為自体は刑法に触れなくても「村八分にする」という宣言自体が脅迫罪にあたる場合もあります。

有名な事件以外にも、クラス全体に無視されたことにより自殺してしまうなどの悲しい事件は日本でも多く起きています。

村八分は決して軽い気持ちで行ってはいけないものであり、許されない行為であると認識しましょう。

村八分にする人の心理

村八分は子どもの社会であってもいじめとして認識されるのはもちろん、大人の社会であっても村八分をすること自体がいじめとして好ましくはありません。

しかしながら、悪いことであると分かっていても誰かを村八分の対象としてしまう人は確実に存在しています。

善悪の区別がつかない子どもはもちろん、親として自分の子どもに「いじめは良くない」と教えている人であっても、誰かを村八分にすることはあります。

では、なぜそのように村八分にしてしまうのでしょうか。

誰かを村八分にする人の心理を解説していきます。

ストレスを抱えている

ストレス
自分自身の生活に不満がありストレスを抱えている人は、誰かをいじめることでそのストレスを発散しようとする場合があります。

何か物体にあたってしまう人もいれば、自分よりも弱い立場の人をいじめることでストレス解消しようとする人もいるでしょう。

そのため、誰か特定の人を村八分にしている人はストレスを抱えていることが多いと言われています。

また、ストレス解消のために誰かを村八分にしているはずが、モラルに反する行為をしている自分自身に対してストレスを溜め、さらにそのストレスのために村八分を繰り返すという悪循環に陥ってしまう場合もあります。

劣等感がある

村八分にする対象を選ぶ時、いじめても文句を言わなさそうな人を選ぶ人もいますがそういう人ばかりではありません。

時には自分よりも圧倒的に容姿が整っていて才能を持ち、コミュニケーション能力が高い人を村八分のターゲットとする人もいます。

そういう人は、村八分の対象に対し強い劣等感を持っています。

劣等感を持っているからこそ、自分の今までの地位をその人に取られることを恐れて村八分にするのです。

誰かに負けたくないと思った時、自分が努力するのではなくその人の足を引っ張って勝負の場に出てこられないようにするために、周りの人を巻き込んで村八分にしようとします。

劣等感が強ければ強いほど、巧妙に周りの人を扇動して村八分にしていくでしょう。

そうなってしまうと、どんなに容姿が整っていて才能を持ちコミュニケーション能力が高い人であっても、なかなか村八分という状況から抜け出せなくなってしまいます。

人より優位に立ちたい

劣等感を持っていなくても、単に誰よりも優位に立ちたいという理由で村八分をする人もいます。

小学校や中学校の頃に、特定の誰かに恨みがあるわけではなくても自分がいじめのターゲットにならないためにいじめに加担してしまったという人もいるのではないでしょうか。

大人になっても村八分をする人は、そういう意識が残っている場合もあります。

自分が誰かをいじめる立場にいる時、めったなことでは誰かにいじめられる立場になることはありません。

そのため一人のスケープゴートを作り、その人をいじめることで周りと団結することで優位な立場に立とうとするのです。

いじめの首謀者というボスの立場にいることで優勢を獲得することが目的ですので、村八分の対象に個人的な恨みはなくても単に反抗しづらい人を選ぶこともあります。

嫉妬深い

村八分のターゲットに対して個人的な恨みがなくても人より優位に立つために村八分をする人もいますが、対象に対して明確な恨みがあって村八分を始めるという人もいます。

そういう人は、対象に対して嫉妬している場合がほとんどです。

自分より若くて人望があるということや、自分よりも他の人に愛される才能を持っていることに嫉妬し、その才能を早期に潰すために孤立させようと思い村八分にするのです。

周りの人を扇動して村八分にするため反対する人も当然ながらいますが、そうした人たちも言いくるめて村八分を始めてしまいます。

自分と全く関わりがない人たちがいじめられているのを見て止めるほど正義感が強い人であっても、いざ自分の立場が脅かされそうになってしまった場合は嫉妬深さから村八分にしてしまうことも決して珍しくはありません。

既存のルールを壊されたくない

誰か新しい人が増えると、その変化に合わせて新しいルールができることがあります。

たとえば今まで男性ばかりの部署で女性が一人だったのに、新しくもう一人の女性が来るとルールが変わるということもあるでしょう。

そうなった時に、ルールが良い方向に変わるからといって歓迎する人ばかりではありません。

中には、どんなに環境が良くなるとしても既存のルールを壊されることを嫌う人もいます。

既存のルールを壊されることを嫌う人の多くは、新しく来た人のせいでルールが壊されると思い込みます。

だからこそ新しい人がいなくなればルールも元に戻ると考え、村八分にして新しい人の居心地を悪くして追い出そうとするのです。

変化を嫌いがちな高齢の人に限らず、若い人でもこうした理由で村八分にしてしまうこともあります。

自分が仲間外れにされるのが怖い

人より優位に立ちたい気持ちで誰かを村八分にする人は、誰かよりも優位な立場にいることで自分がいじめの対象にならないことを確信している場合があります。

すなわち、自分が仲間外れにされるのが怖いからこそ、誰かを攻撃して自分の身を守ろうとするのです。

自分さえ仲間外れにならなければ良いと考えているので、自分の優位性を保つためであれば昔からの友達を村八分にすることもあります。

自分よりも強そうな立場の人が現れたら、その人の腰巾着のようになって村八分のターゲットにならないようにすることもあるでしょう。

なんとなく気に食わない

自分がいじめられたくないという理由で村八分にする人や、自分が優位に立ちたいという理由で村八分をする人、あるいはストレス解消のために誰かをいじめるような人はまだ対処することができます。

しかし、中には「なんとなく気に食わない」という理由で村八分にする人もいます。

「若くてなんとなく気に食わない」や「チャラチャラしているから気に食わない」など、その人自身にはどうしようもない理由で村八分にするような生粋のいじめっ子が大人になっても存在している場合があります。

そのようなモラハラ気質の人に対しては、正攻法で対処することはできません。

そういう人に出くわしてしまったら、時にはその人から距離を置いて逃げるのも有効な対処法の一つです。

村八分にされやすい人の特徴

特に自分に非はなくても、村八分をたくらむ首謀者から気に入られないという理由でいつの間にか村八分のターゲットにされてしまうという人もいます。

しかしながら一方で、どの環境においても残念ながら村八分のターゲットにされてしまいやすい人も存在しています。

では、どんな特徴を持つ人が不運にも村八分のターゲットとなってしまいがちなのでしょうか。

村八分をする人の心理を把握した後は、村八分にされやすい人の特徴を知りましょう。

場の空気が読めない

理由もなく悪意を持った人に村八分にされる場合を除き、現代社会において村八分は周りから嫌われていじめられてしまうという状況がほとんどです。

そのため場の空気が読めずに周りの人を不快にしてしまう人は、村八分にされやすくなってしまいます。

場の空気が読めずに周りの人が言われたくないようなことを正直に言ってしまうような人や、周りの人が頑張っている時に雑談ばかりしていると、周りの人から嫌われて村八分にされてしまう恐れがあります。

周りの人に嫌われてしまうと、いざ村八分にされそうになった時に庇ってくれる人もいなくなるでしょう。

村八分にならないためには自分が嫌われないように立ち回ることも大切です。

正義感が強い

子どもの頃、いじめられっ子をかばった子が逆にいじめられっ子になってしまうという現象を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

社会人になるとそれほど露骨なことはなくても、正義感が強くて間違いをどんどん指摘する人はやはり避けられてしまいがちです。

特に発言力の強い人や周りの人から信頼されている人の悪い部分を公の場で指摘したりすると、一気に味方がいなくなって村八分にされてしまう恐れがあります。

正義感が強いことはもちろん悪いことではありませんが、正義感を発揮する場面を慎重に選ばないと疎まれて村八分の対象とされてしまう恐れがあるので注意しましょう。

自己中心的

正義感が強くて村八分にされてしまう人は、世渡りを覚えることで村八分にされることを防ぎながら自分の正義感を発揮することができるようになります。

そうなると村八分にされないばかりではなく、周りから信頼される人というポジションを獲得することもできるでしょう。

しかし自己中心的な性格をしている人の場合は、立ち回りを変えた程度では村八分になることを防ぐことはできません。

自己中心的な人はそもそも、周りの人の都合を考えずに自分の利益ばかりを主張します。

そのため当然ながら周りから疎まれてしまいますし、周りの人にいじめられてしまうリスクも上がってしまいます。

世渡りが上手くなっても自己中心的な性格自体を改善しないと、なかなか村八分のターゲットから逃れられないでしょう。

異性からモテる

異性からモテる女性
異性からモテるだけで周りの人に嫉妬されて村八分にされてしまうというケースもあります。

特にたくさんの異性に好かれる人ではなく、コミュニティの中で多くの人から憧れの存在として認識されている人にモテてしまうと村八分にされる恐れがあるでしょう。

あるいは、コミュニティの中で発言権の強い人がフラれた相手に好かれることで村八分になってしまう恐れがあります。

異性からモテるということは、当然ながら同性から嫉妬の対象にされやすくなってしまいがちです。

いくら異性が庇ってくれても、どうしても同性と一緒に過ごす時間の方が長いので村八分になると辛い思いをすることもあるでしょう。

特に学生のうちは、異性からモテることで同性に村八分にされるケースも少なくはありません。

新しくコミュニティに参加した人

既存のルールを変えられてしまうのが嫌で、新しくコミュニティに参加した人を村八分にしようとする人もいます。

しかし、そういう人がいなくても新しくコミュニティに参加したばかりの人は村八分にされてしまいがちです。

新しくコミュニティに参加した人は、コミュニティに昔からある不文律を知らないことも多いので知らない間に掟を破って村八分にされてしまうことがあります。

そういったことがなくても、人脈がなく周りの人よりも立場が弱いので新しくコミュニティに参加した人は村八分の絶好のターゲットとなってしまうこともあるでしょう。

職場の新人

職場の新人は、会社内の村八分のターゲットとなってしまいがちです。

掟も知らずオドオドしている人も多く、抵抗しようにも人脈がなく抵抗しづらいため村八分のターゲットとなってもなかなかその状況を脱することはできないでしょう。

また、若くて初々しさがあるため色々な人に構われることも多く、そのせいで周りの同性に嫉妬されてしまうケースも少なくはありません。

知識も経験も少なく、村八分に対抗することもできないからこそターゲットにされてしまいやすいのです。

引っ越してきた人

若い人に限らず、コミュニティに新しく参加する人は常に村八分にされるリスクを認識しておく方が良いでしょう。

新しく引っ越してきた人も、知らない間に地域の不文律を破ってしまい、周りの人から良く思われない可能性があります。

また、新しい場所でいきなり横柄な態度をとると、それだけで嫌われて味方を失くしてしまうかもしれません。

引っ越してきた人が何歳であっても、人脈がないというだけで昔から住んでいる人よりも弱い立場になってしまいかねません。

新しく引っ越す人は、村八分にされないように周りに気を遣って早めに知り合いを作るようにするのがおすすめです。

仲間外れにされたらやるべき10個

村八分というのは、分かりやすくいうと仲間外れと同じです。

仲間外れが辛くて登校拒否などをする子どもは多く知られていますが、大人でも仲間外れにされると辛くて会社に行けなくなってしまうこともあります。

夢のマイホームを建てても近所から村八分にされてしまうと、その地域に住み続けることでノイローゼのようになってしまい、せっかくのマイホームを手放す決断をするという人もいるでしょう。

では、そうならないなために仲間外れにされた時にはどうすれば良いのでしょうか。

万が一の時のために、村八分に対抗できる10個の方法を知っておきましょう。

1:仲間外れにされる理由を考えてみる

考える女性
仲間外れにされる側に大きな理由がなく、なんとなくという理由で仲間外れにされることもあります。

ただし、場合によっては仲間外れにされるのは自分自身に原因があるのかもしれません。

これまでの生活で、空気が読めない人だと言われたり自己中心的な性格をしていると言われたりしたことはないでしょうか。

心当たりがある人は、そうした性格によって嫌われて仲間外れにされてしまっているのかもしれません。

状況を改善したい場合、自分から積極的に性格を直さなければならないでしょう。

もちろん性格だけではなく、人を不快にするような話し方をしている人や、極端に不潔な人も仲間外れにされる原因を持っていると考えられます。

そうした自分の行動や発言が原因で仲間外れにされていないか見直し、自分に原因がある場合は早急に改善しましょう。

2:自分を必要以上に否定しない

コミュニティの中で居場所をなくしてしまうと、自己肯定感が下がってしまいがちです。

自分が悪くない場面でも「どうせ私が悪いから、みんなこんな態度をとるんだ」と思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、そうして自分を否定してネガティブ思考に陥ることが癖になるのは好ましくありません。

たとえ仲間外れにされる原因がある場合でも、必要以上に自分を否定するのはやめましょう。

直すべきところは直しても、それ以外の部分では堂々としている方が周りから魅力的に見えます。

3:過剰に反応せずスルーする

自分自身に原因がないのに仲間外れにされる場合、仲間外れの主犯格はターゲットの反応を面白がっていることもあります。

ターゲットが困って泣きそうな顔をしているのが楽しくて仲間外れにするような、嫌な性格をしている人もいるのです。

そのため、仲間外れにされている場合でも過剰に反応するのはおすすめできません。

相手に弱みを見せてしまうと、そこをさらに面白がって攻撃されてしまう恐れもあります。

過剰に反応せず、淡々と自分の役割をこなしていきましょう。

4:必要最低限だけ関わる

仲間外れにされている状態だと、すぐに仲間がほしくなります。

しかし無理に周りの人たちと関わろうとしても、必死さが伝わってしまい周りにひかれてしまう恐れがあります。

相手に悪意があって仲間外れにされている場合は、余計に嫌われてしまう恐れもあるでしょう。

そうならないためにも、仲間外れにされた場合は一種の諦めも肝心です。

無理に相手と仲良くなる必要はなく、必要最低限だけ関われば良いと考えておけば仲間外れにされていることも気になりません。

無理に自分の仲間を増やそうとして不自然な行動をとらないようにしてください。

5:仕事に集中する

仕事に集中する女性
職場に仲の良い人が複数人いた方が楽しいのは確かです。

誰だって仲間外れにされて楽しいという人はいないでしょう。

しかし、そもそも職場は仕事をするための場所です。

仲間外れにされたからといって、学校ではないのでそれほど騒ぎ立てる必要はありません。

仕事に集中していれば、そもそも仲間外れにされていることが気にならなくなることもあります。

また、仕事で成果を出せば周りの人とは違う上の立場の人に認められて状況が改善するかもしれません。

友達を作ることに固執するよりも、まずは仕事で成果を出しましょう。

6:付き合う人を変える

そもそも気の合わない人と無理に付き合う必要はありません。

学校であれば気の合わない友達も同級生なら話さなければならないこともありますし、社会人でも仕事上どうしても話さなければならない場合もあるでしょう。

しかし、それ以上の関わりを無理に持つことはありません。

仲間外れにされたのなら、自分から見切りをつけて付き合う人を変えましょう。

他の部署の人と親しくしても良いですし、無理に同期と仲良くする必要もありません。

会社の中に味方がいないのであれば、仕事が終わった後の社会人サークルなどで気の合う人を見つけても良いですし、今の時代はSNSなどで簡単に友達を作れます。

無理に迎合せず、付き合う人を変えるのも選択肢の一つです。

7:信用できる人に相談する

相談
仲間外れにされていることが辛くて、どうにか現状を改善したいという場合には信用できる人に相談してみましょう。

学生時代の友達でも良いですし、自分の家族や恋人でも構いません。

そういった知り合いもいないという人は、オンラインでカウンセリングを受けることもできますし、SNSで信用できる人を作るのもおすすめです。

第三者の目で冷静に自分の欠点や短所を指摘してもらえれば、自分がなぜ仲間外れにされてしまっているのか分かることもあるでしょう。

あるいは、そうした人と話していることで仲間外れにされているのが気にならなくなるかもしれません。

8:証拠を集めて専門機関に相談する

仲間外れにされているだけなら気にならなくても、仕事に支障が出てしまうというケースもあります。

そうした場合はパワハラなどに該当することもありますので、仲間外れにされている証拠を集めて専門機関や専門の部署に相談しましょう。

「休み時間に話してくれない」などの訴えは相手にされないことが多いですが、「業務上必要な情報を共有してくれない」や「自分の依頼したことだけ無視される」のように会社に不利益を与えるような行動は証拠があれば対処してもらえるでしょう。

まずはしっかり証拠を集めてから相談してください。

9:環境を変える

仲間外れにされた時は逃げたくないという気持ちになったり、負けたくないという気持ちになったりすることもあります。

しかし、どうしてもその環境に固執しなければならない理由はほとんどありません。

環境を変えるのも決して悪いことではないのです。

会社にどうしても馴染めないのであれば、転職を検討しても良いでしょう。

部署異動願を出すのも良いですし、環境を変える方法はたくさんあります。

地域に馴染めない場合も、ノイローゼや鬱になってしまうくらいなら家を売って新たな土地で生活した方が良い場合もあります。

今の環境に固執せず、柔軟な対応をすることも良い対処法になるでしょう。

10:ホッとできる場所を作る

自分では気にしていないつもりでも、仲間外れにされているとストレスが溜まってしまいます。

どんなに鈍感な人でも、そうした環境と常に向き合っていると疲れてしまうでしょう。

そうならないためにも、ホッとできる場所を作ることも非常に重要です。

自分の趣味のサークルに所属して気分転換するのも良いですし、そもそも人付き合い自体がそれほど好きではないという人はゲームなどでリラックスするのもおすすめです。

自分の精神を安心してリラックスさせることができる場所を作ってみてください。

村八分にされた時に気持ちが楽になる考え方

村八分にされると、自分がどうしようもなくダメな人間で一生この状況のまま過ごさなければならないのではないかと不安になってしまうことも珍しくはありません。

しかし、そんなことは全くなく考え方を変えるだけで、今までの悩みが嘘のように解決できる場合もあります。

では、村八分にされた時はどのような考え方をすると良いのでしょうか。

トラブルに直面した時のために、4つの考え方を覚えておきましょう。

同じ状況はいつまでも続かない

村八分にされてしまうと、いつまでもこの状況が続くと感じられることもあるでしょう。

しかし、ずっと村八分の状況が続くことはめったにありません。

引越しや異動で村八分の首謀者がいなくなれば改善することもありますし、なんとなく時間とともに風化することもあるでしょう。

仮に自分の周りの環境が変わらずに村八分から抜け出せないと感じられる場合には、村八分の環境から自分で抜け出すこともできます。

引越しや転職によって村八分を自力で終わらせることができれば、いつでも新たな気持ちで再スタートを切ることも可能です。

同じ状況はいつまでも続かないので安心しても良いでしょう。

人と人は対等である

自分が一方的に被害者になっている状況だと、相手がとてつもなく巨大な存在に思えてしまうこともあります。

しかし、たとえ相手の役職がどんなに上で年上の人であっても、本来人と人は対等な存在です。

村八分にされていても、本気で抵抗すれば相手と一対一で負けることはないでしょう。

相手に対してむやみに怯えてしまうと、相手がとてつもなく強い人に思えてしまい、接するだけで恐怖心を抱いてしまうこともあります。

そうすると、余計に委縮してしまい相手に攻撃の隙を見せてしまうこともあるでしょう。

そうならないように、どんな状況であっても相手とは対等な存在であるということは忘れずにいてください。

無理やり仲良くならなくてよい

敵対しているよりは友好的な関係の方が一緒に過ごしていて楽しいので、村八分にされた場合でも相手と仲良くなろうと考えてしまいがちです。

しかし、そもそも村八分のターゲットを作るような人は、そのターゲットと仲良くしようとする気持ちは全くありません。

そんな人に対して仲良くなろうと努力しても無駄な努力に終わってしまうかもしれません。

気の合わない人とでも最低限の付き合いができて仕事やサークル活動に支障がないのであれば、無理に友達同士として仲良くなる必要はありません。

「どこにでも気の合わない人はいるから、無理に関わらなくても良い」という穏やかな気持ちで過ごしてください。

居心地の良い場所は必ずある

一つのコミュニティで自分のことを否定されてしまうと、自分がどこにいっても価値のない人間であるかのように思えてしまうこともあります。

しかしそんなことはなく、居心地の良い場所はどこにでもあります。

どの職場でも上手くいかない人でも自分の家族なら受け入れてくれることもありますし、仕事も家庭も息苦しくても違う場所なら居心地の良さを感じられることもあります。

「ここしかない」と思い込んでしまうと、自分を追い込んでしまいかねません。

そうならないように「ここがダメなら、次は他の場所で頑張ろう」という気持ちを持って接すると、少しは気持ちも楽になるのではないでしょうか。

村八分な状況は必ず打破できる

村八分な状況に陥ってしまうと、周りの人が全て敵に思えてしまい辛くなってしまうでしょう。

しかし、村八分な状況が一生続くことはほぼありませんし、どこにいっても村八分にされてしまうという人も早々いません。

万が一村八分な状況に陥ってしまった場合でも、必ず打破できると信じてリラックスできる場所を見つけてください。